「ビクタースタジオ」のエンジニアが音質を監修した「プロが認めた音」

JVCケンウッド、ビクターブランドよりブランド初となる完全ワイヤレスイヤホン「HA‐FX100T」をリリース!

JVCケンウッド、ビクターブランドよりブランド初となる完全ワイヤレスイヤホン「HA‐FX100T」をリリース!

2020/11/13

完全ワイヤレスイヤホン「HA‐FX100T」
完全ワイヤレスイヤホン「HA‐FX100T」
JVCケンウッドは、ビクターブランドよりブランド初となる完全ワイヤレスイヤホン「HA‐FX100T」を11月中旬より発売する。価格はオープン(市場想定価格:15,000円前後)

(製品オフィシャル概要)
本機は、当社のグループ会社である株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが運営する「ビクタースタジオ」のエンジニアが音質を監修。当社がこれまで培ってきた音響設計技術に、音楽制作現場に携わるスタジオエンジニアの知見を加えることで「プロが認めた音」に仕上げるとともに、「Tuned by VICTOR STUDIO」のロゴを付与し、そのこだわりの思いを込めました。また、小型・軽量のボディを採用し、オーナメントと充電ケース上部には、ビクターブランドの象徴である「犬のマーク」を刻印しています。

(主な特徴)
1.制作現場の「プロが認めた音」を実現 「Tuned by VICTOR STUDIO」
国内最高峰クラスの設備・技術を誇る「ビクタースタジオ」のエンジニアが音質を監修。当社が培ってきた音響設計技術に加えて、スタジオエンジニアならではの細かなこだわりを音づくりに反映し、プロが認めた‟心地よく音楽を楽しめる音”に仕上げました。「Tuned by VICTOR STUDIO」のロゴを付与し、そのこだわりの思いを込めました。

2.ワイドレンジな音を実現する音響空間を確保
小型ボディでありながら、ドライバーユニットの背面に音響のための空間をしっかりと確保しており、心地よいゆとりのある低音とワイドレンジな音を実現します。

3.快適な装着感を得られる片側約4.5gの小型・軽量ボディを採用
片側で約4.5gの小型・軽量ボディを採用。シンプルな円筒形のデザインで、快適な装着感を実現しました。充電ケースも小型・軽量のため、充電ケースごとポケットなどに入れて気軽に持ち運ぶことができます。また、イヤホン本体にはマグネットが内蔵されており左右のイヤホンを連結することが可能。紛失防止にも役立ちます。イヤホンのオーナメントと充電ケース上部には、ビクターブランドの象徴である「犬のマーク」を刻印しました。

4.最大28時間※1の長時間再生とクイック充電
小型ボディでありながら、本体のみで約8時間の連続再生※1と、充電ケースによるフル充電(約8時間※1×2.5回)を合わせて最大28時間※1の長時間再生を実現。10分の充電で約1時間※1の再生が可能なクイック充電にも対応します。

5.高音質でクリアなサウンドを実現する「スパイラルドットイヤーピース」
イヤーピース内壁に設けたディンプルにより、音質劣化の原因となるイヤーピース内の反射音を拡散させることで、音のにごりを抑制し、クリアなサウンドを実現する「スパイラルドットイヤーピース」を採用。耳に最適にフィットする大きさを選べる、5つのサイズ(S、MS、M、ML、L)を付属します。

<イヤーピース断面図>
6.高音質コーデックAAC、Qualcomm® aptX™ audioに対応

7.雨や水しぶきに強い生活防水仕様(IPX4※2)

※2:JIS保護等級4級(IPX4)相当。イヤホン本体のみ対応。

8.イヤホンを着けたままでも会話が可能なタッチ&トーク機能を搭載
ワンタッチで音量を下げるとともにマイクで外音を取り込み、会話をしやすくするタッチ&トーク機能を搭載。

9.リモート会議や電話での通話時に聞こえやすい「はっきり音声」を搭載
リモート会議や電話での通話時(HFP、HSP接続時)に、声の帯域が聞き取りやすくなるように自動で音質が切り替わり、快適な会話ができる「はっきり音声」を搭載。また、Qualcomm® cVc™ノイズキャンセルテクノロジーと高性能MEMSマイクの採用により、ノイズを抑えたクリアなハンズフリー通話が可能。テレワーク時のリモート会議等での通話にも使用できます。

10.片側のイヤホンだけの使用も可能※3
左耳用(L)あるいは右耳用(R)のどちらか片側のイヤホンだけで使用可能です。
※3:片側使用の場合、イヤホン本体での操作に制限があります。

11.Qualcomm TrueWireless™ Stereo Plusに対応し、安定したワイヤレス接続を実現
左右独立伝送により音切れに強く、低遅延を実現するQualcomm TrueWireless™ Stereo Plusに対応。また、Bluetooth®標準規格 Ver.5.1およびPower Class 1に対応するとともに高性能LDSアンテナを採用し、安定したワイヤレス接続を実現します。

12.軽いタッチで操作できる、フィードバック音付きタッチコントロールを搭載
軽いタッチで操作できるタッチコントロールを採用し、操作時にイヤホンの位置がずれるストレスを低減。また、音によるフィードバックにより確実な操作をアシストします。ボリューム調整、再生/一時停止、曲送り/曲戻し、電源のオン/オフやBluetooth®のペアリングなどの操作のほか、スマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応※4します。
※4:接続機器の仕様により、対応していない場合があります。

13.簡単にワイヤレス再生が楽しめるオートオン&オートコネクト機能を搭載
一度ペアリングを完了させた端末であれば、充電ケースからイヤホンを取り出すだけで電源が入り、自動でワイヤレス接続し、使用可能な状態になります。また、使用後はイヤホンを充電ケースに戻すと自動的に電源が切れます。

 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP