12月19日(土)発売

ローランド、BOSSブランドのギターアンプ「Nextoneシリーズ」の最上位モデル「Nextone Special」をリリース!

ローランド、BOSSブランドのギターアンプ「Nextoneシリーズ」の最上位モデル「Nextone Special」をリリース!

2020/11/20

「Nextone Special」

ローランドは、独自の「Tube Logic」を採用し、真空管アンプ特有の音色と弾き心地を再現したBOSSブランドのギターアンプ「Nextoneシリーズ」の最上位モデル「Nextone Special」を2020年12月19日(土)に発売する。価格はオープン(市場想定価格:110,000円前後)

(製品オフィシャル概要)
2018年に発売した「Nextoneシリーズ」は、真空管を採用したギターアンプの内部回路の複雑な振る舞いを、ボス/ローランド独自のアンプ設計手法である「Tube Logic」によって忠実に再現しました。音の温かみや抜けの良さ、音量を上げたときに得られる音の艶や音圧感など、真空管ギターアンプならではの表現力をこだわりの「クラスAB方式(※)」回路設計によって実現しています。

今回発売する 『Nextone Special』は、アンプの心臓部ともいえるパワー・アンプ部の強化を図り、アンプが発音する際に起こるさまざまな相互作用を再現することで、より躍動感のあるサウンドを実現しました。アンプのサウンド・キャラクターに大きなウエイトを占めるスピーカーには、ヴィンテージのサウンドと高い耐久性を備えた新開発の「WAZA B12W」を搭載。独立したCLEAN/LEADの2チャンネル構成により、より緻密なサウンド作りを可能にするとともにプレイアビリティの向上を実現しています。

※「クラスAB方式」:多くの真空管アンプで採用されている方式で、ギター信号への反応に優れ、忠実に再現する出力の小さな「クラスA」方式と、迫力ある大きな出力が可能な「クラスB」方式の両方の利点が取り入れられています。

・人気の真空管ギターアンプに採用されている4タイプのパワー・アンプを搭載
「6V6」「6L6」「EL84」「EL34」という、代表的な4種類の真空管パワー・アンプの特性を選択可能。好みの特性を簡単に選んで演奏できます。

・アンプ回路やパーツの複雑な相互作用をさらに生々しく再現
「Tube Logic」をさらに進化させ、真空管や電源回路、スピーカーなど、アンプの各セクションで起きる相互作用を実際に生み出すことで、躍動感のある真空管アンプ・サウンドを実現しています。

・新開発の12 インチ・カスタム・WAZA スピーカーを採用
1960年代から多くのギタリストの人気を集め続ける「ブルー・ベル・スピーカー」のサウンドを再現。さらに、高い耐久性を兼ね備えた、現代のギターアンプに最適な専用スピーカーを採用しました。

・好みのアンプへのチューニングが可能
パワー・アンプの動作に関する詳細なチューニングを、専用のエディター・ソフト(Windows/Mac対応)でカスタマイズできます。

●こんな方にオススメ
・真空管回路を搭載したギターアンプのサウンドや弾き心地を好む本格志向のギタリスト
●ここがポイント
・独自の「Tube Logic」、「クラスAB方式」の本格設計により真空管ギターアンプのサウンドと弾き心地をリアルに再現
・アンプが発音する際に起こる回路やスピーカーの相互作用を再現。ギタリスト自身が好みのアンプにカスタマイズ可能

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP