価格: 6,500円(税別)

フックアップ、CME「WIDI Master」をリリース!(ワイヤレスMIDIの世界を手軽に構築できる「アダプター」)

フックアップ、CME「WIDI Master」をリリース!(ワイヤレスMIDIの世界を手軽に構築できる「アダプター」)

2020/12/03

「WIDI Master」
「WIDI Master」
「WIDI Master」
「WIDI Master」
「WIDI Master」

フックアップは新たにCMEの代理店となり、ワイヤレスMIDIアダプター「WIDI Master」をリリースした。価格は6,500円(税別)

(製品オフィシャル概要)
MIDIコントローラーなど、長年にわたりMIDI周辺機器のブランドとして知名度の高いCMEより、ワイヤレスMIDIの世界を手軽に構築できる「アダプター」WIDI Masterが登場します。

実はCME社は15年以上にも渡り、ワイヤレス MIDI のソリューションに取り組んできました。特に2015年に人気のワイヤレスMIDIキーボード Xkey Air*をリリース後、多くのユーザーから Bluetooth MIDI 接続へのリクエストを受け、この WIDI Master の開発に至りました。今後もWIDIシリーズで、ワイヤレス MIDI ソリューションをリードして行きます。

*CME Xkeyシリーズは引き続き、株式会社銀座十字屋 ディリゲント事業部様の取り扱いです。
https://dirigent.jp/cme-pro/

WIDI Masterの製品概要と主な特徴
MMA(MIDI Manufacturers Association)によって承認された新しいワイヤレス規格、Bluetooth MIDI (BLE-MIDI)準拠のWIDI Masterは、まさに「バーチャル MIDI ケーブル」と呼べる便利なツールです。この規格によって、コンピューターがなくても、ケーブルがなくても、多くの対応した MIDI デバイスを Bluetooth を介し接続することが可能になりました。

このWIDI MasterではハードウェアのMIDIポートに接続することで動作、電源もMIDIポートから供給されるため、乾電池を用意したり充電をするなどのわずらわしさがありません。

独自の SCA(Smart Connectivity Algorithms)技術によって、他の Bluetooth MIDI 技術とは一線を画すパフォーマンスを実現しました。SCA は使用環境に合わせ、WIDI のパフォーマンスを最適化する極めて有効なアルゴリズムの集大成です。デュアルロールオートメーション、自動ペアリングモード、スマートハブ機能、レイテンシーの短縮、およびパフォーマンスの最適化を果たします。

・ポイント ツー ポイントの BLE-MIDI 接続
シンプルに、WIDI Master を MIDI ケーブルの替わりとしてお使えます。MIDIマスター、MIDIスレーブ機器の両方にWIDI Master を接続することで、ワイヤレスならではの解放感を味わえます。

・Bluetooth 5 採用
より速く、より通信距離を稼げる規格を採用したことで、ライブやステージでの信頼性が向上しました。今までの2倍の速度と4倍の範囲で確実なMIDI接続を実現します。

・超低レイテンシー
3msという革新的な低レイテンシーを実現。スマートアルゴリズムによる伝送の最適化が図られています。

・自動ペアリング
簡単操作で即座にセットアップ。自動でマスター/スレーブを切り替え、自動的にペアリングします。

・MIDI クロックと SysEx(システムエクスクルーシブデータ)にも対応
ドラムマシン、ステップシーケンサー、アルペジエーターの同期もサポート。Bluetooth 経由であらゆる MIDI メッセージを送信します。

・MIDI IN(サブアダプター)の取り外し可能な、デタッチャブル設計
MIDI OUT(メインアダプター)側の単独での使用が可能。MIDI IN を必要としない場合や、MIDI IN 端子を持たない機器との接続の際に嬉しい設計です。

・様々な機器との接続
サブアダプター接続用のブリッジケーブル端子が、メインアダプターの側面45度に装備されているので、DIN コネクターが縦に備えられた珍しい機器とのセットアップにも対応できます。

・外部電源は不要
WIDI Master は、MIDI OUT DIN を介して 5V もしくは 3.3V の電源供給を受けます。真にスタンドアロンのワイヤレスソリューションを実現しました。

・ライフタイムアップデート
“WIDI App”(Android / iOSアプリ)によって、常に最新アップデートを提供します。

・Bluetooth によるワイヤレスアップグレード
“WIDI App”(Android / iOSアプリ)を介して、ファームウェアのアップグレー
ドも簡単に行えます。

◎完全にスタンドアロン、そしてワイヤレス。100% MIDIサポートのWIDI Master を使ってできること。

- MIDIポート から MIDI ポートへ
2つの WIDI Master を使うことで、スタンドアロンの MIDI ハードウェア2台をペアリングできます。例えば、MIDIコントローラーのMIDI OUTポートとMIDI音源モジュールのMIDI INポートのワイヤレス接続。

Bluetooth(BLE)から MIDI ポートへ
1つの WIDI Master を使い、Bluetooth MIDI コントローラーをスタンドアロンの MIDI ハードウェアとペアリングできます。例えばワイヤレスMIDIキーボードとMIDI音源モジュールのMIDI INポートのワイヤレス接続。

macOS/iOS BLE から MIDI ポートへ
1つの WIDI Master と iOS デバイスまたは Mac とをペアリングし、DAWからスタンドアロンの MIDI ハードウェアを演奏させることができます。この時、WIDI Master はスマートアルゴリズムを使用して、自動的にスレーブモードに切り替わります。

*環境ごとの接続方法を紹介したビデオ(日本語字幕)を用意しています。
https://hookup.co.jp/support/posts/678741

WIDI Masterの主な仕様
・ワイヤレス技術:Bluetooth 4/5、BLE-MIDI 準拠
・対応デバイス:iPhone、iPad、iPod Touch、Bluetooth 4.0 以降に対応している Macintoshコンピューター
・対応OS:iOS 8 以降、OSX Yosemite 10.10 以降
・ファームウェアアップデート:WIDI App(iOS / Android)による無線でのアップデート
・スイッチとインジケーター:1 ×マルチカラー LED(通常使用時 = 青色、ファームウェアアップデート時 = 緑色に点灯)、 1 ×スイッチ
*メインアダプターに装備されたボタンは電源スイッチではありません。 通常の使用時には押さないでください。テストモードに切り替わり正常に使用できなくなります。
・接続端子:1 × MIDI IN (5ピンDIN)、1 × MIDI OUT (5ピンDIN)
*本機を接続する MIDI ハードウェアが MIDI OUT DIN 端子を備えている必要があります(MIDI IN DIN 端子のみを備える MIDI ハードウェアとはお使いになれません)。
・電源: 5V / 3.3V 対応、MIDI OUT DIN 端子からの電源供給によって駆動
*全ての MIDI ハードウェアが 5V / 3.3V の電源を出しているわけではありません。本機を接続する MIDI ハードウェアのメーカーまで仕様をご確認ください。
・消費電力: 37 mW
・外形寸法と本体重量:
メインアダプター(MIDI OUT): 21 ×21 × 49 mm (W×H×D)、12 g
 サブアダプター(MIDI IN):18 × 18 × 24 mm (W×H×D)、10 g


 

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP