「Conductor 3 Reference」「Conductor 3X Performance」「Conductor 3 Performance」

Burson Audio、USB-DAC内蔵・プリアンプ機能搭載 据置型ヘッドホンアンプ 3モデルをリリース!

Burson Audio、USB-DAC内蔵・プリアンプ機能搭載 据置型ヘッドホンアンプ 3モデルをリリース!

2020/12/22

Burson Audio「Conductor 3 Reference」「Conductor 3X Performance」「Conductor 3 Performance」
Burson Audio3モデルの価格

アユートは、Burson Audio社製USB-DAC内蔵・プリアンプ機能搭載ヘッドホンアンプ 『Conductor 3 Reference』『Conductor 3 Reference』『Conductor 3 Performance』を、直販サイト「アキハバラe市場」ほか、オーディオ専門店にて、2020年12月25日(金)より発売を開始する。
※『Conductor 3 Reference』は、既発売モデル「Conductor 3X Reference (税込み169,980円」の各出力をシングルエンド限定に変更したバリエーションモデルです。

(製品オフィシャル概要)
『Conductor 3 Reference』 (コンダクター・スリー・リファレンス)は、SABRE32/ESS ES9038Q2M DACを左右独立したデュアル構成で搭載し、XMOS USBレシーバーチップを採用。その卓越した処理能力によりDSD512及び786kHz/32bitのネイティブ再生を可能にした純A級動作の据置型ヘッドホンアンプ・プリアンプです。独自のオペアンプ「V6 Vivid」を搭載。1チャンネルあたり7.5Wもの高出力かつ高いダイナミックレンジを実現しています。最大電流電源(MCPS)は5セット使用し、ディスプレイやDAC等全て個別に電源供給することで低ノイズかつ低インピーダンスで瞬時に豊富な電源を供給します。またRCA-DAC出力を備え、プリアンプとしても使用できます。Bluetooth 5.0 aptX HDにも対応し、無線においても手軽に高い音質で楽しむことが可能です。

『Conductor 3X Performance』 (コンダクター・スリーエックス・パフォーマンス)は、SABRE32/ESS ES9038Q2M DACをシングル構成で搭載し、XMOS USBレシーバーチップを採用。その卓越した処理能力によりDSD512及び786kHz/32bitのネイティブ再生を可能にした純A級動作の据置型ヘッドホンアンプ・プリアンプです。独自のオペアンプ「V6 Vivid」を搭載。XLRを使用した完全なるバランス駆動により、1チャンネルあたり6W(シングルエンド時3W)の高出力かつ驚異的なS/N比とダイナミックレンジを実現しています。最大電流電源(MCPS)は3セット使用し、ダイナミックかつ繊細なディティール表現を可能にします。また、XLRバランスを使用することにより超低インピーダンスを実現し、あらゆるパワーアンプに最適なプリアンプとしても使用ができます。Bluetooth 5.0 aptX HDにも対応し、無線においても手軽に高い音質で楽しむことが可能です。

『Conductor 3 Performance』 (コンダクター・スリー・パフォーマンス)は、SABRE32/ESS ES9038Q2M DACをシングル構成で搭載し、XMOS USBレシーバーチップを採用。その卓越した処理能力によりDSD512及び786kHz/32bitのネイティブ再生を可能にした純A級動作の据置型ヘッドホンアンプ・プリアンプです。独自のオペアンプ「V6 Vivid」を搭載。1チャンネルあたり4Wの高出力かつ高いダイナミックレンジを実現しています。最大電流電源(MCPS)は3セット使用し、ダイナミックかつ繊細なディティール表現を可能にします。またRCA-DAC出力を備え、プリアンプとしても使用できます。Bluetooth 5.0 aptX HDにも対応し、無線においても手軽に高い音質で楽しむことが可能です。
 

--
-meta LIST-START>

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP