Winter NAMMで発表

コルグ、「ARP 2600 M」をリリース!(現代のミュージシャンのための最もアイコニックなシンセサイザー)

コルグ、「ARP 2600 M」をリリース!(現代のミュージシャンのための最もアイコニックなシンセサイザー)

2021/01/19

「ARP 2600 M」
「ARP 2600 M」
ARP 2600
「ARP 2600 M」
「ARP 2600 M」
ARP 2600

コルグから現代のミュージシャンのための最もアイコニックなシンセサイザー「ARP 2600 M」がリリースされた。2021年9月発売予定。価格未定。

主な特徴
・伝説のARP 2600 がコンパクトなフォーマットで現代に蘇りました
・ARP Instruments 社の共同創業者David Friend 氏が監修
・新しい機能の追加
・専用のキャリーケース付属
・音楽ソフトウェアを無料バンドル

(製品オフィシャル概要)

伝説のARP 2600 が現代に蘇りました

ARP 2600 は、間違いなくこれまでで最も象徴的なサウンドを持つシンセサイザーです。 ARP 2600 のサウンドは、70 年代に登場してから今日に至るまで、数え切れないほどのレコード、映画音楽、テレビ番組、ゲームのサウンド・トラックで使用され、音楽界に欠かせない存在であり続けています。新しいARP 2600 M は、世界中で賞賛されているサウンドをよりコンパクトでポータブルなフォーマットで提供し、さらに新
たな機能を追加して、この歴史的なシンセサイザーの理想的な化身として生まれ変わりました。

伝説の再誕
2020 年1 月にARP 2600 FS が発表されると、そのオリジナルARP 2600 への忠実さが世界中のミュージシャンに認められ、瞬く間に驚異的な成功を収めました。ARP 2600 M は、オリジナルの約60%のサイズであり、軽量化とポータビリティの向上を実現し、スタジオやライブ会場でのセッティングが簡単になりました。ARP 2600 FS と同じアナログ回路とコンポーネントを統合しているため、ARP の特徴的なサウンドを忠実に再現しています。

高品質な日本製
ARP 2600 Mは、ARP 2600 FS と同様に細心の注意と並外れた品質基準のもと日本で製造され、オリジナルのサウンドと質感を正確に再現するために、同じアナログ電子部品を使用しています。スプリング・リバーブは、新しいボディサイズに合わせて新たに採用しましたが、これまで通りの豊かなエフェクトを実現しています。ARP 2600 Mには専用のキャリーケースが付属しており、楽器を保護するだけでなく、特殊な耐衝撃減衰技術を搭載したカスタム・キャスターのおかげで持ち運びが容易になります。また、それに加えて、お気に入りのvolca、SQ-64 や他のMIDI コントローラーなどの他の機器を一緒に運ぶのに十分なスペースがあります。

スタジオの必需品
ARP 2600 が今日まで絶大な人気を誇っているのは、偶然ではありません。ARP 2600 M は単なるシンセサイザーではなく、完結したサウンド・デザイン・スタジオです。今日でも、ARP 2600 は、モジュラー・シンセシスの個々の要素と、制作やパフォーマンス楽器に求められる即時性とを両立しています。オシレーター、エンベロープ、フィルター、アンプという、アナログ・シンセシスに必要な要素はすべて十分に含まれています。しかし、ARP 2600 M は、スプリング・リバーブ・タンク、さらには1 ペアのモニター・スピーカーを内蔵することで、さらに上を行きます。また、リング・モジュレーション、ラグ&ボルテージ・プロセッサー、エンベロープ・フォロワー、オーディオ・プリアンプ、クロック同期スイッチ、ノイズ・ジェネレーター、サンプル&ホールド・モジュール、シグナル・インバーター、AUX ミキサー、さらにはマルチプル・ジャックのセットを備え、ヴィンテージ・モジュラー・システムならではの多彩な音作りが可能です。

追加された機能
新しいARP 2600 M は、オリジナルに忠実なだけでなく、さらに使いやすくなるように機能が追加されました
- プラグ・アンド・プレイ:ARP 2600 M のUSB-A ポートに、KORG microKEY,nanoKEY やSQ-64 などのUSB クラス・コンプライアント対応MIDI コントローラーを接続するだけで、簡単に本機をコントロールすることができます。
- サイズを縮小。サイズが変更されたことで、パッチが見やすくなっただけでなく、より短いパッチ・ケーブルを使用することが可能になりました。
- オリジナルARP 2600 の2 種類のバージョンから2 種類のフィルター(前期型、後期型)が使用可能。
- DIN MIDI IN を追加。
- ピッチベンド、モジュレーション、ポルタメントON/OFF はMIDI CC メッセージ(USB/DIN MIDI)でコントロールできます。
- 電圧の正規化:S/H GATE ジャックをを介してADSR を起動させるために必要なトリガー信号のしきい値を5V とし、volcaシリーズやユーロラックモジュールなど、他の機材との組み合わせがより簡単になりました。
- アタック・タイムとリリース・タイムの比率を改善。
- L/R ステレオ出力標準フォーンジャック(XLR は非搭載)。
- ヘッドフォン使用時にはスピーカーが自動的にオフになります。
- 改善された、スムーズなスライダー。


【仕様】
使用温度条件
0 ~ + 40°C(結露させないこと)
最大同時発音数
デュオフォニック時に2 ボイス、通常はモノフォニック
VCO-1(ボルテージ・コントロールド・オシレーター1)
波形
ノコギリ波、矩形波
周波数レンジ
約0.03Hz~30Hz(ロー・フリケンシー・モード)、
約10Hz~10kHz(オーディオ・モード)
電圧制御方式
1 V/oct (C 3≈ 0V)
VCO-2(ボルテージ・コントロールド・オシレーター2)
波形
ノコギリ波、パルス波(パルス幅可変式)、三角波、サイン波
周波数レンジ
約0.03Hz~30Hz(ロー・フリケンシー・モード)、 約10Hz~10kHz(オーディオ・モード)
パルス幅
10% – 90%
電圧制御方式
1 V/oct (C 3≈ 0V)
VCO-3(ボルテージ・コントロールド・オシレーター3)
波形
ノコギリ波、パルス波(パルス幅可変式)
周波数レンジ
約0.03Hz~30Hz(ロー・フリケンシー・モード)、 約10Hz~10kHz(オーディオ・モード)
パルス幅
10%~90%
電圧制御方式
1 V/oct (C 3≈ 0V)
VCF(ボルテージ・コントロールド・フィルター)
タイプ
TYPE I(前期型ローパスフィルター 24dB/oct) TYPE II(後期型ローパスフィルター 24dB/oct)
周波数レンジ
約10Hz~10kHz
レゾナンス
1/2~自己発振
VCA(ボルテージ・コントロールド・アンプリファイア)
コントロール電圧
AR タイプ(内部接続)
ADSR タイプ(内部接続)
ノイズ・ジェネレーター
ノイズ・スペクトラム・タイプ (ホワイト、ピンク)
リング・モジュレーター
タイプ
アナログ乗算器
入力信号(内部接続)
VCO- 1 ノコギリ波, VCO- 2 サイン波
サンプル&ホールド
サンプル入力
ノイズ(内部接続)
オーディオ・アウトプット端子
フロント・パネル(LEFT、RIGHT OUTPUT 端子)
φ3.5 mm モノラル・フォーン端子
最大出力レベル
+9dBu@10kΩ 負荷
出力インピーダンス
1.2 kΩ
サイド・パネル
コネクター
φ6.3mm モノラル・フォーン端子
最大出力レベル
+4dBu@600Ω 負荷
出力インピーダンス
1.2kΩ
ヘッドホン端子
コネクター
φ6.3mm ステレオ・フォーン端子
最大出力レベル
50mW+50mW@33Ω 負荷
出力インピーダンス
20Ω
外部オーディオ・インプット(PREAMPLIFIER INPUT)端子
コネクター
φ3.5mm モノラル・フォーン端子
最大入力レベル
+2dBu(RANGE x 10、GAIN ノブ最大)
入力インピーダンス
100kΩ
MIDI 端子
IN
USB 端子
A タイプ、B タイプ
電源
AC アダプター (KA320)
消費電力
13W
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
520 × 129 × 311 mm / 20.5 x 5 x 12.2 inches,
質量
5.9 kg / 13 lbs.
付属品
ハード・ケース、AC 電源コード(KA320)、パッチ・ケーブル(10 本)、取扱説明書、ARP ステッカー
アクセサリー(別売)
microKEY2 シリーズ、SQ-64 等
* すべての製品名または規格名は関係各社の商標または登録商標です。
* 製品の外観および仕様は改良のため予告なく変更する場合があります。
* 製品の色調は実際の色と多少異なる場合があります。
 

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP