1980年代にNYで購⼊した初のフェンダーギターを忠実に再現

フェンダーミュージック、クリッシー・ハインドのシグネイチャーTELECASTER®を発表!

フェンダーミュージック、クリッシー・ハインドのシグネイチャーTELECASTER®を発表!

2021/04/01

クリッシー・ハインドのシグネイチャーTELECASTER®
クリッシー・ハインドのシグネイチャーTELECASTER®
フェンダーミュージックからシンガーソングライターであり、ギターアイコンでもあるクリッシー・ハインドとの初のコラボレーションモデル、CHRISSIE HYNDE TELECASTER®がリリースされた。価格:175,000 円 + 税

(製品オフィシャル概要)
本モデルは、彼女が40年近く前にニューヨークのショップで購入したICE BLUE METALLICカラーのTELECASTEER®をオマージュしたものです。それ以来、彼女の相棒として活躍し続けてきたオリジナル機は12枚以上のスタジオアルバムで使用され、世界中のコンサートホールやスタジアムでクリッシーのパフォーマンスをサポートしてきました。フェンダーが展開するARTIST SIGNATUREシリーズの最新モデルの一つであるCHRISSIE HYNDE TELECASTER®は、THE PRETENDERSのフロントウーマンのギターを世界中のプレイヤーに送られる珠玉のモデルに仕上がっています。

「私のギターテックを務めてくれているデビッド・クラブリーが、『フェンダーからシグネイチャーモデルを発表することは、より多くの人がバンドや音楽に興味を持ち、ギターを始めるきっかけになるかもしれない』と言って、私を説得したの。私は彼の言葉が真実であることを願っていて、このモデルがきっかけとなってギターを始めた人が、ギターを始めて良かったと心底思ってくれるような製品に仕上がっていると信じているわ」とクリッシーは語ります。

クリッシーは長年にわたって数多くのTELECASTERを演奏してきましたが、今回のシグネイチャーモデルのベースとなったオリジナルモデルは、コレクションの中で彼女が最も信頼を寄せているモデルです。本モデルは、世界で最も有名なエレクトリックギターの一つを忠実に再現したもので、TELECASTER特有の軽快なトーンと、THE PRETENDERSをはじめてする、クリッシーの様々なプロジェクトで聴くことができるサウンドを再現しています。

CHRISSIE HYNDE TELECASTERは、絶妙な色褪せや使用感を再現したFADED ICE BLUE METALLIC ROAD WORN™ラッカー仕上げのアルダーボディに、オリジナルモデルに合わせてヴォイシングされた50年代のヴィンテージスタイルのシングルコイルTELECASTERピックアップ、6個のステンレススチールバレルサドル式ブリッジを装備しています。CUSTOM MID '60S "C"シェイプのメイプルネック、7.25インチラジアス指板、クロームミラーピックガードを採用した本モデルは、クリッシーの'65年製TELECASTER®の紛れもないルックスとヴァイブスを備えています。またクリッシーのリクエストにより、チューニングの安定性を高め、弦の交換を素早く行えるロッキングチューナーが新たに採用されています。

フェンダー製品開発最高責任者のジャスティン・ノーヴェルは、「CHRISSIE HYNDE TELECASTER®は、彼女の名前を冠するに相応しい、プレイヤーたちにインスピレーションを与えるパーソナライズされたスペックを備えた伝説的なギターです。クリッシーはこのモデルを可能な限りオリジナルに忠実にしたいと考えており、それはROAD WORN™フィニッシュから弾力性のあるステンレススチール製サドルまで見事に再現されています。過去40年間にクリッシーが世界に発信してきた音楽は、今日の何千人ものギタープレイヤーたちに影響を与え続けてきて、このギターが奏でる音楽には無限の可能性が秘められています。」と語ります。

オハイオ州アクロンに生まれたクリッシーのシンガーソングライターとしてのキャリアは、1973年にロンドンに移住して間もなく始まりました。クリッシーはNME誌で執筆を始め、ジョニー・ロッテン、シド・ヴィシャス、ヴィヴィアン・ウエストウッドなど、当時のパンクシーンのスターたちとも盛んに交流していました。いくつかのバンドを経た後、彼女は1978年にTHE PRETENDERSを結成し、70年代、80年代、90年代を通して商業的にも音楽評論家たちにも絶賛された、UKチャートでナンバー1ヒットとなった「BRASS IN POCKET」をはじめ、「TALK OF THE TOWN」、「MESSAGE OF LOVE」、「I'LL STAND BY YOU」などの名曲を多数発表してきました。彼女のD.I.Y.なアティチュードと情熱に満ち溢れたクリッシーのキャリアは、複数のワールドツアー、チャート1位を獲得したシングル、LIVE AIDでのパフォーマンス、フランク・シナトラやニック・ケイブとの伝説的なコラボレーションなど多岐にわたります。彼女は2020年7月にTHE PRETENDERSとして11枚目のスタジオアルバムとなる『HATE FOR SALE』をリリースしています。
 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP