より広いダイナミックレンジと高い性能の音響スペックを実現

ハイ・リゾリューション、MOTU「UltraLite mk5」をリリース!(卓越した音質と柔軟な入出力を備えた第5世代のUltraLiteインターフェイス)

ハイ・リゾリューション、MOTU「UltraLite mk5」をリリース!(卓越した音質と柔軟な入出力を備えた第5世代のUltraLiteインターフェイス)

2021/04/07

MOTU「UltraLite mk5」
MOTU「UltraLite mk5」
MOTU「UltraLite mk5」
MOTU「UltraLite mk5」

ハイ・リゾリューションから卓越した音質と柔軟な入出力を備えた第5世代のUltraLiteインターフェイス、MOTU「UltraLite mk5」がリリースされた。価格:オープンプライス(市場想定価格¥77,000税別)発売日:2021年4月中旬ごろ

(製品オフィシャル概要)
UltraLite mk5はmk4以前のUltraLiteシリーズよりも更にグレードの高いESS SABRE DACを採用したことにより、より広いダイナミックレンジと高い性能の音響スペックを実現し、明瞭なアナログ・サウンドを提供します。

また、旧来のMOTUインターフェイスの操作に対応するアプリケーション「CueMix」が新たに「CueMix 5」として生まれ変わり、PC / Macはもちろん、iOSなどのデバイスによるワイヤレス操作、内蔵DSP処理によるプロセッシング・エフェクトを携え、柔軟で高品質のミキシング操作をもたらします。

超低レイテンシーと卓越したサウンド
UltraLite-mk5は、最大192 kHzのサンプルレートで、超低レイテンシーと優れたアナログ・オーディオクオリティを両立した、柔軟でモバイル用途に対応したUSB 2.0オーディオインターフェイスです。2つのコンボXLR / TRS、やライン/ Hi-Zギター入力、6つのラインレベルアナログ入力、10系統のアナログ出力と8チャンネル・オプティカルデジタルI/O、S/PDIFデジタル、そしてヘッドホンアウトなど必要なすべてのインプット・アウトプットを搭載し、コンパクトな筐体に様々なシチュエーションで活躍する、必要な入出力系統すべてを網羅しています。

スタジオでもステージでも存分に発揮
UltraLite-mk5は、どこにでも持ち運べるコンパクトで頑丈なエンクロージャーに機能を収めており、コンピューターの有無にかかわらず、スタジオやステージで活躍します。UltraLite-mk5は、オーディオインターフェイスとしての活用以外にスタンドアロンミキサーとして、18の入力と22の出力を提供し、合計40のI / Oチャネンルを現場に提供します。

必要なすべてのI / O(インプット / アウトプット)
スピーカー、ヘッドホン、マイク、ギター、シンセサイザー、キーボード、ドラムマシン、エフェクトプロセッサー、民生用OpticalデバイスそしてMIDIギアなど、制作に用いられる、あらゆるオーディオ機器との接続を果たします。

オンボード・ミキシング
内蔵DSP処理によるオンボードのマルチバス・ミキサーを使用し、すべてのライブ入力をレコーディング、モニター、ルーティング、そしてプロセッシングを提供します。
内部処理によるレイテンシーはネイティブDAWでの処理と比較すると圧倒的に短く、コンピューターのプロセッサーの負担はかけず、快適なパフォーマンスを実現します。

DSP処理によるエフェクター
リバーブ、EQ、コンプレッションなど、ホストコンピューターに依存しない、UltraLite mk5自体のハードウェアDSP駆動のエフェクト処理を内部ミックスに適用することが可能です。

物理ポート以外の高度なエクストラ・チャンネル
コンピューターのUSBを介した「ループバック」チャンネルを使用が可能で、ライブストリーミングやポッド・キャスティングのために入力とコンピューター出力をミックスした活用に対応します。

モバイル・レコーディングとミキシング
スタジオコンソールと同等機能を持った内部ミキサーと、豊富な入出力系統が確保されたUltraLite-mk5は、ラップトップにインストールされたDAWでもフル機能を発揮し、モバイルレコーディングやライブミキシングのニーズに応えます。

豊富な実績に裏付けられたパフォーマンス
スタジオからステージまで。UltraLite-mk5は、MOTU定評の安定したドライバーのもと、卓越した音質、最先端の操作、堅実なパフォーマンスを提供します。

特徴
・内部ミキシング、エフェクト処理を可能にするDSPパフォーマンスを搭載した最大18×22 I/OのUSBオーディオインターフェース
・ESS Sabre 32Ultra DACテクノロジーによってもたらされる優れたアナログオーディオ・パフォーマンス
・ホストソフトウェアの処理において超低レイテンシーを実現
・フロントパネルに高解像度OLEDディスプレイを搭載し、すべてのアナログI / Oシグナルを高精度メータリング
・マイク、ライン、Hi-Zに対応する2系統のコンボ入力
・各マイク入力に対して個別のプリアンプ・ゲイン設定と48Vファンタム電源の設定が可能
・マイク入力 -129dB EIN
・125dB ダイナミックレンジを測定した10系統のバランス・DC カップル 1/4インチTRSアナログ出力
・各アナログ出力ペアのハードウェア(ダイレクト)モニター・ミキシング(6ミックスバス)
・120dB ダイナミックレンジを備えた6系統のバランス 1/4インチTRSアナログ入力
・イン / アウト 1系統ずつ搭載された光デジタルI / O(8チャンネル・オプティカルまたは2チャンネル ステレオTOS-Linkいずれかに指定可能)
・RCA S/PDIFデジタルI/O
・独立したボリュームコントロールを備えた1 x ヘッドフォン出力(ESSコンバーターによって駆動)
・5ピンMIDI イン/アウト
・44.1~192kHzのサンプルレートをサポート
・Mac環境では接続してすぐに使用できるUSBクラスコンプライントに対応(ドライバー不要で使用可能)
・2.4 msの往復レイテンシーを実現したWindowsドライバー(96 kHzで32サンプルバッファー環境での測定値)
・96kHzサンプルレートで2.4ms 往復レイテンシーを測定したMac用のオプション・ドライバーを用意
・iOS互換(USBオーディオクラス・コンプライアント)
・ホスト出力、ライブストリーミング、ポッドキャスティングをキャプチャする、ループバック・チャンネル
・DSP駆動による22x 6モニターミキサー機能を内蔵(アナログ出力ペアごとに個別のモニターミックスの適用が可能)
・内部DSP処理によるリバーブ、4バンド・パラメトリックEQ、ダイナミクスの各エフェクトを搭載
・頑丈なスチール筐体
・Mac、PC、iOSデバイスでミキシングとコントロールを提供する新しいCueMix5 アプリケーション
・MOTU Performer Lite ワークステーションソフトウェアのライセンス付属(MOTUアカウントにてダウンロード:購入者を対象に無償提供)
・Performer Liteで使用可能な100以上のバーチャル・インストゥルメント(オンライン入手)
・ループ、サンプル、ワンショットを含んだ6GB以上の業界をリードするライブラリが付属(オンライン入手)

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP