25周年を迎えたRMEが開発した新たなスタンダード

シンタックスジャパン、アドバンスUSBオーディオ・インターフェイスRME「Fireface UCX II」を2021年8月18日より発売開始!

シンタックスジャパン、アドバンスUSBオーディオ・インターフェイスRME「Fireface UCX II」を2021年8月18日より発売開始!

2021/06/01

RME「Fireface UCX II」

 

RME「Fireface UCX II」

 

RME「Fireface UCX II」

 

RME「Fireface UCX II」

 

シンタックスジャパンからUSBオーディオ・インターフェイスRME「Fireface UCX II」が発表された(2021年8月18日より発売開始)。価格:オープン(市場予想価格165,000円 税込)

(製品オフィシャル概要)
RMEは、長年の開発を積み重ね向上し続けてきた革新的な技術を研ぎ澄ませ、最先端の技術仕様と安定性、真似のできない機能群を搭載した「Fireface UCX II」が遂に登場します。高い情熱と誇りを持って創り上げられ、優れた自由度と柔軟性を備えるFireface UCX II は、最大20 の録音チャンネルと20 の再生チャンネル、SteadyClock FS、高性能マイク入力、内蔵パラメトリックEQ、USB 録音機能、全ての機能を制御 可能なスタンドアローン・モード機能を搭載します。これほどまでの入出力、スペック、安定性、機能群をハーフラック・サイズに収めたモバイル対応インターフェイスは他に類を見ません。Fireface UCX II は、25 周年を迎えたRME が、プロフェッショナルの皆様に贈る、新たなスタンダードとして進化を遂げたトータル・ソリューションです。

開発者コメント
RME の創立者であり開発者の一人でもあるマティアス・カーステンズは「RME は25 年の間、高い柔軟性という方針を基に開発に取り組んできました。製品設計の柔軟性が高いほど、新しい要求に簡単に適応できるからです。RME の成功はこの思想が源となっていて、そこから自然と生まれた製品群があり、その流れの先にFireface UCX II があります。私たちはこれをとても誇りに思うと同時にこの製品に対して強い熱意を感じています。」と語ります。

コンパクト設計でも多彩な入出力
Fireface UCX II のフロントパネルには2 系統のマイク/ ライン接続用のXLR コンボ端子、および2 系統のデジタル制御のライン/ 楽器入力端子、ヘッドフォン端子、4 つの設定ボタン、ディスプレイ、そしてメインボリューム・ノブが配置されます。リアパネルには4 系統のアナログ入力端子、6 系統のアナログ出力端子、MIDI 入出力端子、ADAT 入出力端子、AES/EBU とS/PDIF に対応するブレイクアウト・ケーブル接続用端子、USB 2.0 端子、そして入力、出力の切り替えが可能なワードクロック端子が配置されます。

最小限のレイテンシーと業界をリードする安定性
RME はコア・テクノロジーを常に開発および最適化し続けることを哲学としています。信頼性が高く、低レイテンシー、安定したドライバーの開発と定期的な更新を行い、製品の音質への揺るぎないこだわりを持ち可能な限りの技術を惜しみなく提供し続けます。よってFireface UCX II は常に時代に応じて更新され、長くお使いいただける製品となります。また、RME Audio はインターフェイス・コアを独自に開発することで、アップグレード、機能改善、バグ修正をサードパーティーに依存することなく提供できるため、製品を常に最新のOS でご利用頂けます。

ダイレクトUSB 録音機能「DURec」
DURec(Direct USB Recording)機能は、Fireface UCX II の入力または出力をUSB ストレージ・デバイスに直接記録できます。そのためDURec はコンピューターを必要とせずにスタンドアローンでも動作するDSP を使用してます。スタンドアローンでのフィールド録音、ライブおよびリハーサル録音、サウンドチェックの録音、再生などでも有効な機能です。

1000 兆分の1 秒精度のクロック
Fireface UCX II は、RME の最新のクロックおよびジッター除去テクノロジー「SteadyClock FS」を搭載します。SteadyClock FS は、AD、及びDA 変換する際にジッターを1000 兆分の1 秒精度のクロックに基づき、これまでにない最低値に低減します。

TotalMix FX & DigiCheck
Fireface UCX II には、柔軟で多用途なルーティングおよびモニタリングを可能にするTotalMix FX DSP ミキサーと、最精度で測定および分析できるDIGICheck アナライザーが搭載されています。TotalMix はパソコンやiPad からも遠隔操作が可能です。

モバイル録音にも最適なクラス・コンプライアント・モード
Fireface UCX II はクラス・コンプライアントに対応するため、CC モードをアクティブにすれば、iPhone やiPad に接続してご利用になれます。iPad でTotalMix FX を使用すると、ハードウェア・ミキサーを完全リモート・コントロールすることができ、ミックスの作成、保存、読み込みが可能です。ライブ、収録時にもiPad からプロフェッショナル・レベルのI/O 設定が可能になります。モバイルバッテリーと組み合わせることで、野外での収録にも最適なソリューションです。


主な機能
• すべての設定をリアルタイムに変更可能
• バッファー・サイズ/ レイテンシー設定:32~8192 サンプルから選択可能
• DC カップリング出力:CV/Gate コントロール対応
• ADAT オプティカル(S/MUX) 経由で24bit/96kHz(4 チャンネル)、24bit/192kHz(2 チャンネル) 録音・再生
• ロック・モード:スレーブ、マスター
• 高度なマスター / スレーブ・クロックを自動切換え
• ADAT モードでの優れたBitclock PLL( オーディオ同期)
• SteadyClock FS:ジッターの影響を受けない非常に安定したデジタル・クロック
• DDS テクノロジー:サンプル・レートを自由に設定
• SyncAlign:サンプル単位での正確な配列を保ち、チャンネル間のスワッピングを防止
• SyncCheck:入力信号の同期状態を監視し、その結果を表示
• TotalMix:レイテンシーの無いサブミックスと完全な ASIO ダイレクト・モニタリング
• TotalMix:内部処理46 ビットの800 チャンネル・ミキサー
• TotalMix FX:3 バンド EQ、ロー・カット、リバーブ、エコー、コンプレッサー、エクスパンダー、オートレベル
• MIDI 入出力(16 チャンネル、ハイスピード MIDI)
• 高インピーダンス・ヘッドフォン出力
• DIGICheck DSP:ハードウェア・ベースでのレベル・メーター、Peak/RMS計測
• DURec:全ての入出力をUSB メモリに録音、再生可能なダイレクトUSB 録音機能
• ARC USB(別売)を直接接続可能
• クラス・コンプライアント・モード対応:iOS デバイスで利用可能

入出力
• 最大20 入力 /20 出力チャンネルを利用可能
• XLR/TRS(マイク/ ライン)入力 × 2
• TRS(楽器/ ライン)入力 × 2
• TRS(ライン)入力 × 4
• TRS 出力 × 8
• ヘッドフォン出力
• ADAT またはSPDIF オプティカル入出力
• AES/EBU 入出力
• SPDIF コアキシャル入出力
• MIDI 入出力
• 入力、出力の切替えが可能なワードクロック端子
• USB 2.0 端子 (USB 3 端子でも動作)
• DURec 用USB 2.0 端子

動作環境
• Windows 7 以上、Intel Mac OS X (10.6 以上)
• USB 2.0 または 3.0 端子 x 1
• Intel Core i3 以上の CPU を搭載したコンピューター
• インターネット接続環境(ドライバーのダウンロード)iOS デバイスに接続する場合
• iOS 7 以上がインストールされた iPhone/iPad
• Lightning(または Dock) - USB アダプター


 

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP