2021年9月18日発売

ティアック、D/A回路を一新したセパレートコンポ「UD-505-X」および「NT-505-X」をリリース!

ティアック、D/A回路を一新したセパレートコンポ「UD-505-X」および「NT-505-X」をリリース!

2021/09/15

ティアックは、Reference シリーズの中核をなす505シリーズのD/Aコンバーター製品、USB DAC/ ヘッドホンアンプ『UD 505 X』と、USB DAC/ ネットワークプレーヤ『NT 505 X』を販売開始する。
 

USB DAC/ヘッドホンアンプ UD-505-X

価格:173,800円(税込)
発売日:2021年9月18日

UD 505 X/ B (ブラック)

UD 505 X/ B (ブラック)

UD 505 X/ B (ブラック)

 

UD 505 X/ S (シルバー)

UD 505 X/ S (シルバー)

UD 505 X/ S (シルバー)

 

(製品オフィシャル概要)
『UD 505 X』は、 A4 サイ ズのコンパクトな筐体に、長年培われてきたティアックのオーディオ設計ノウハウと、ハイエンドオーディオの設計思想を凝縮させたデュアルモノーラル USB DAC/ フルバランス・ヘッドホンアンプです。ステレオ信号をよりピュアな状態で処理するデュアルモノーラル構成で、D/Aコンバーター部は ESS Technology ES9038 Q2Mを左右に 1基ずつ搭載。各々のDACをモノラルモードで使用することにより高S/N値を獲得し、DSD 22.5MHzやPCM 768kHz/32bitのネイティブ再生も可能としました。

音質の要とも言えるアナログ処理部には、従来の『TEAC HCLD』をさらにブラッシュアップした『TEAC HCLD2』を4回路搭載。バランス出力時にはフルバランス駆動、アンバランス出力時には4回路を使ったパラレル駆動により、更に音楽の表現力をアップしました。新たに採用したダイヤモンドバッファ回路によるヘッドホン出力は、 2 基の 6.3mm 標準端子に加え、 4.4mm 5 極端子を採用し、1本のプラグでバランス接続やアクティブ・グランド接続を可能としました。ハイレゾ品質相当のワイヤレス再生が可能なLDAC ™をはじめ 、 Qualcomm ® aptX ™ HD や AAC, SBC など多彩なコーデックに対応した Bluetooth ® レシーバー機能も搭載。スマートホンからのワイヤレス再生でも、ハイスペック DAC による高品位な音質をカジュアルにお楽しみいただけます。
UD 505 Xは、次世代のハイレゾ音源に対応した小型ハイスペックな USB DAC/ヘッドホンアンプです。

 

USB DAC/ネットワークプレーヤー NT-505-X

価格:206,800円(税込)
発売日:2021年9月18日
 

NT 505 X/ B (ブラック)

NT 505 X/ B (ブラック)

NT 505 X/ B (ブラック)

 

NT 505 X/ S (シルバー)

NT 505 X/ S (シルバー)

NT 505 X/ S (シルバー)

 

『NT 505 X』はA4サイズのコンパクトな筐体に、長年培われてきたティアックの最新のデジタルオーディオ技術とネットワーク技術を融合させたデュアルモノーラル USB DAC / ネットワークプレーヤーです。ステレオ信号をよりピュアな状態で処理するデュアルモノーラル構成とし、D/A コンバーター部は ESS Technology 社製ES9038 Q2Mを左右に1基ずつ 搭載。各々のDACをモノラルモードで使用することにより高S/N値を獲得し、DSD 22.5MHzやPCM 768kHz/32bitのネイティブ再生(USB DACとして使用時)も可能としたハイスペック機です。音質の要とも言えるアナログ処理部には電流伝送強化型バッファーアンプ『TEAC HCLD2回路』を4回路搭載。バランス出力時にはフルバランス駆動、アンバランス出力時には4回路を使ったパラレル駆動により、音楽の表現力を高めています。

多彩な機能を誇るネットワーク部には、より高音質なネットワーク・ストリーミング再生を実現するために MQA デコーダーを搭載。さらに、 TIDAL や Qobuz といった高音質定額音楽配信サービス※や、Roon Readyにも対応しました。インターネット上の膨大な量の音楽をNT 505 Xの優れたデジタル アナログ処理回路により高音質で快適にお楽しみいただけます。また、ハイレゾ品質相当のワイヤレス再生が可能なLDAC™をはじめ、 Qualcomm® aptX™ HDや AAC,SBCなど多彩なコーデックに対応したBluetooth®レシーバー機能も搭載。スマートホンからのワイヤレス再生でも、ハイスペックDACによる高品位な音質でお楽しみいただけます。
※日本向け配信サービスの開始時期は未定です。(2021年8月現在)

【特長 】
UD 505 X 、 NT 505 X 共通

・DSD 22.5MHz 、 PCM 768kHz/32bit のハイサンプリングレート・ハイレゾ音源再生に対応
・ESS Technology ES9038 Q2M を左右に 1 基ずつ搭載したデュアルモノーラル構成
・最大 DSD 24.5MHz 、 PCM 384kHz/32bit へのアップコンバート機能
・高精度ボリューム『 TEAC QVCS 』を採用したフルバランス・アナログボリューム回路
・独自の電流伝送強化型出力バッファー回路『 TEAC HCLD2 』搭載
・最大 DSD 24.5MHz 、 PCM 384kHz/32bit へのアップコンバート機能
・7 種類の PCM デジタルフィルターを搭載
・高音質コーデック LDAC ™、 Qualcomm ® aptX ™ HD にも対応した Bluetooth ® レシーバー機能
・外部 10MHz クロック入力対応
・44.1kHz 系 /48kHz 系専用のデュアルクロック搭載
・4 種類の転送モードによる音質の 変化を楽しめる USB 伝送技術「 Bulk Pet 」※ 1 を採用
・より自然で豊かな響きを表現する新開発 3 点支持“ Stressless Foot ”採用
・音に開放感を与えるセミフローティングトップパネル
・ハイレゾ再生ソフト TEAC HR Audio Player Win/Mac )無償提供
・RoHS 対応

UD 505 X のみ
・バランス駆動やアクティブ・グラウンド駆動が可能なダイヤモンドバッファ回路を新たに採用
・6.3mm ステレオ標準ジャックを 2 基搭載し、バランス接続やアクティブ・グラウンド接続が可能
・4.4mm 5 極ヘッドホン端子「 Pentaconn 2 」を採用、バランス接続やアクティブ・グラウンド接続が可能
・2 つのシングルエンド・ヘッドホンの同時利用が可能

NT 505 X のみ
・定額音楽配信サービス TIDAL 、 Qobuz および Roon Ready に対応※ 3
・MQA デコーダー搭載(ネットワークストリーミング)
・DSD 5.6MHz 、 PCM192kHz/24bit 対応ネットワーク・ストリーミングに対応
・グラウンド・セパレート対応 3.5mm 4 極ヘッドホン端子を装備
・スマートホンやタブレットからハイレゾ再生を可能にする TEAC HR Streamer iOS/Android )無償提供

※1 Bulk Pet はインターフェイス株式会社の登録商標です 。
※2 JEITA 規格 RC 8141C に準拠。” Pentaconn ”は株式会社日本ディックスの登録商標です 。
※3 TIDAL 、および Qobuz の日本国内向け配信サービスの開始時期は未定です。( 2021 年 8 月現在
仕様は改善のため変更することがあります。

この記事の画像一覧

(全8枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP