レクサスのリアスポイラーデザインを踏襲した究極の一本

フェンダーミュージック、レクサスとフェンダーのコラボレーションギター『FENDER® LEXUS LC STRATOCASTER®』をリリース!

フェンダーミュージック、レクサスとフェンダーのコラボレーションギター『FENDER® LEXUS LC STRATOCASTER®』をリリース!

2021/10/06

『FENDER® LEXUS LC STRATOCASTER®』

 

『FENDER® LEXUS LC STRATOCASTER®』

 

フェンダー ミュージカル インストゥルメンツ コーポレーションは、フェンダー・カスタムショップ™より主任マスタービルダーであるロン・ソーン(Ron Thorn)がデザインした最新カスタムメイド作『Fender® Lexus LC Stratocaster®』を世界100本限定で発売することを発表した。本作は、レクサスとのコラボレーションとなり、大胆なデザイン、直感的なテクノロジー、そして匠の技への情熱から誕生。本製品は、全国のフェンダー・カスタムショップ™ショーケースディーラーにて販売される。

Fender® Lexus LC Stratocaster®
価格     842,600円 (税込)

国内製品取扱店
・FENDER SHOP in MIKI GAKKI AMERICAMURA  
・ギタープラネット エレキ本館
・クロサワ楽器 御茶ノ水駅前店
・イシバシ楽器 渋谷店
・山野楽器 ロックイン新宿
・イケベ楽器店 ギターズステーション

(製品オフィシャル概要)
フェンダー・カスタムショップ製品開発担当責任者のマイク・ルイスは「”Fender® Lexus LC Stratocaster®”のコンセプト、デザイン、製作において、レクサスとのコラボレーションは本当に素晴らしいものでした。我々のチームにとって完成するまでの過程は、まさに愛の結晶であり、フェンダー・カスタムショップのインスピレーションと興奮の源でもありました。私たちは常に革新的な製品を作っており、今回の発表はフェンダーのクラフトマンシップと創造性を見事に表現しています」とコメントしました。

このストラトキャスターには、モルフォ蝶から着想を得た、無指向性のストラクチュラル・ブルー・フィニッシュが採用されています。これは、薄いメタリック・ブルーから深いミッドナイト・ブルーまでを生み出すスペクトルレンジを持ちます。この塗装は、米国向けに計200台のみ生産されたレクサスLC 500 Inspiration Seriesのクーペとコンバーチブルに使用されたものと同じ塗装を採用しています。

ネックは美しい3Aフレイムメイプルを採用し、光沢のあるウレタンで仕上げられています。この仕上げは、フェンダーの木工技術の伝統を感じさせ、他の先進的なビジュアル要素とは対照的となっています。指板には、フェンダー・カスタムショップで初の素材となる”リッチライト”を研磨しディープブルーに仕上げています。リッチライトは、音色、構造的安定性、耐摩耗性、耐湿性で知られる複合素材です。指板は従来のフェンダー製品に比べてよりフラットな12インチラジアスで、22本のミディアムジャンボ・ステンレスフレットを採用しています。暗いステージでは、白いLuminlay指板インレイが鮮やかなブルーに輝きます。

この他にも、ピックガードの留め具には、自動車のようなすっきりとした外観を演出するブラックボタンヘッドのマシンスクリューを採用し、ピックアップにはフェンダー・カスタムショップ初となる最新のUltra Noiseless™シングルコイルを搭載しています。さらに、ヘッドストック・フェイスはストラクチュラル・ブルーで仕上げられ、クロームのフェンダーのロゴがあしらわれています。カスタム・ケースは、カーボンファイバー・テクスチャー・ビニールで包まれ、ブラック・レザーのエンド部分と、蓋の内側にはLexusロゴが刺繍されています。

レクサス マーケティング担当ヴァイスプレジデント ヴィナイ・シャハニは「このストラトキャスターの初代サンプルを見たとき、オリジナルのLC 500 Inspiration Seriesとの相性の良さに驚きました」と語っています。「それぞれのブランドがお互いに称賛し合いこのようにコラボレーションが実現したことは素晴らしいことです。ストラトキャスターで表現されたストラクチュラル・ブルーは、創造性の無限の可能性を示すものであり、このプロジェクトに参加できたことを光栄に思います」と述べています。

フェンダー・カスタムショップの優秀なマスタービルダーたちは、日々、ギターとベースの製作において無限に挑戦し続けています。主任マスタービルダーのロン・ソーンは、レクサスのサウンドシステム構成に合わせて、オーディオブランドであるマークレビンソンのステレオノブに合わせたカスタムメイドのブラッシュドアルミニウム製ノブを搭載し、ストラトキャスターギターでは通常3つあるノブの数をマスターボリュームとマスタートーンの2つに集約しました。フレットボードには、フェンダー・カスタムショップの新素材であるポリッシュ仕上げのディープブルー・リッチライトが採用されています。これは、レクサス車と同様の部品を使用していることから、このモデルのために特別に選ばれました。「車が大好きな私にとって、このプロジェクトはとても楽しいものでした。このモデルを生きたレクサスギターにするために、技術的な仕様を大胆に変更しました。みんながどのようにこのギターで"ロック"するのか楽しみです」とロン・ソーンは語っています。

ポートフォリオビジネスマネジメント担当 ヴァイスプレジデントのクリストファー・ヤンは、「レクサスが開発したストラクチュラル・ブルーの塗装技術が、フェンダーストラトキャスターに採用されたことを大変嬉しく思います」「このようなアイデアを今後も市場に投入するために、今回のフェンダー社との提携のように、当社の技術や知的財産を様々な業界のパートナーと共有する機会を今後も探っていきます」と述べています。



 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP