10月中旬より発売

ズーム、べ−ス用マルチエフェクツ・プロセッサ「B6」をリリース!(プロ定番のダイレクトボックス4機種の音色を再現するDIモデリング機能などを搭載)

ズーム、べ−ス用マルチエフェクツ・プロセッサ「B6」をリリース!(プロ定番のダイレクトボックス4機種の音色を再現するDIモデリング機能などを搭載)

2021/10/06

ズーム「B6」

 

ズーム「B6」

 

ズーム「B6」

 

ズームからべ−ス用マルチエフェクツ・プロセッサ「B6」がリリースされた。10月中旬より発売。価格 : オープン(市場想定価格 : 5万5千円前後 税込み)

(製品オフィシャル概要)
ZOOM『B6』は、プロ定番のダイレクトボックス4機種の音色を再現するDIモデリング機能、2種類のベースギター(アップライトベースも可能)を接続してフットスイッチで瞬時に切り替えられる2系統のインプットなど、これまでにない革新的な機能を統合した、ベース専用設計のマルチエフェクツ・プロセッサです。4.3インチのタッチスクリーンを搭載し、119種類の多彩な内蔵エフェクトを最大6個まで、スマホ感覚のタッチ操作で自在に組み合わせることができます。4つのPLAYモード(EFFECT BOARD、LOOPER、MEMORY、BANK/PATCH)を搭載し、フットスイッチで切り替えながら演奏することが可能。新開発のアナログ入力回路による優れた低域レスポンスと、88.2kHzサンプリング処理による伸びやかな高音域を実現し、上質なベースサウンドを提供します。

【B6の主な特長】
・4タイプ(チューブタイプ×2、ソリッドステートタイプ×2)の音色が選べるDIモデリング機能
・フットスイッチで瞬時に切り替えられる2系統のインプット(Piezoピックアップ入力にも対応)
・低域レスポンスに優れた新開発のアナログ入力回路と88.2kHzサンプリングの高解像度デジタル処理
・11種類の定番アンプモデル+11種類のプリアンプモデル(新開発のZOOMオリジナルモデル3種類を含む)
・12種類のキャビネットモデルに加え、36個のIRデータをプリインストール
・新開発のZOOMオリジナルエフェクト:オクターバー1種+ベースシンセ2種
・最大2048サンプル、合計120個(36プリセット+84ユーザー)を読み込めるIRローダー機能
・最大6エフェクト(アンプモデルを含む)の同時使用が可能
・240種類のエフェクトパッチをメモリー可能(ファクトリー/ユーザー兼用)
・スワイプ、ドラッグ&ドロップ操作が行える4.3インチ・タッチスクリーン
・最長ステレオ45秒(モノラル90秒)のフレーズを録音できるルーパー機能と68種類のリズムパターン機能
・2イン/2アウトのUSBオーディオ・インターフェース機能
・お気に入りの外部エフェクトを接続できるセンド/リターン端子
・音楽プレイヤーなどの接続に便利なステレオAUXインプット端子
・外部IRデータの読み込み、ルーパー録音時間の拡張/保存が行えるSDカードスロット
・追加エフェクト/パッチを入手できる、Mac/Windows用ソフトウェア『Guitar Lab』対応
・別売Bluetoothアダプタ(BTA-1)で、iPhone/iPad用アプリ『Handy Guitar Lab for B6』を利用可能
・外形寸法/重量:228 mm (D) × 418 mm (W) × 65 mm (H) / 1.89 kg
・付属品: ACアダプタ(AD-16)、Steinberg Cubase LEダウンロード・ライセンス

 

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP