待望のユーザー・ウェーブテーブル、解禁!

Arturiaの人気シンセ「MicroFreak」の最新ファームウェア・アップデートV4が公開!(ハイブリッド・デスクトップ・シンセサイザーとしてさらに進化)

Arturiaの人気シンセ「MicroFreak」の最新ファームウェア・アップデートV4が公開!(ハイブリッド・デスクトップ・シンセサイザーとしてさらに進化)

2021/11/16

Arturia 「MicroFreak」の最新ファームウェア・アップデートV4

 

コルグの取り扱いブランドであるArturiaの人気シンセ「MicroFreak」の最新ファームウェア・アップデートV4が公開された。

(アップデート概要)
最新のMicroFreak ファームウェアV4 アップデートでは、全く新しいサウンド・エンジンの追加や、ユーザー・ウェーブテーブルの解禁、64 個の新たなプリセットの追加などが行われ、サウンド・デザインの原動力となるハイブリッド・デスクトップ・シンセサイザーとしてさらに進化しました。arturia.com およびMIDI Control Center から無料でダウンロード可能です。

新たなWaveUser エンジン
MIDI Control Center 経由で、MicroFreak にユーザー・ウェーブテーブルやWav ファイル、Aiffファイルをロードできるようになりました。Table、Position、Bit Depth の各コントロールを使用して、サウンドの微調整を行うことも可能です。

シーケンサーのユニゾン&コード・モード
MicroFreak シーケンサーで、ユニゾン・モードとコード・モードが使えるようになりました。これにより、外部から受信するノートを含めたMicroFreak 上で再生されるすべてのノートに対して、ユニゾン・モードとコード・モードが適用できるようになりました。

より高速なオシレーター・エンコーダーの設定
グローバル設定から、MicroFreak のオシレーター・エンコーダーのスクロール速度をより高速に設定できるようになり、これまで以上に直感的に操作できるようになりました。"Shift "を押しながらエンコーダーを回すことで、元の遅いスクロール速度に切り替えることも可能です。

64個の新規プリセット追加
新しいWaveUser エンジンによって生み出された、刺激的なウェーブテーブル・プリセットを収録しました。


 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP