2021年12月18日(土)より発売

Astell&Kern「ACRO BE100」が登場!(32bit Hi-Fi DACとClass-Dアンプを搭載し、aptX HD及びLDACに対応したBluetoothスピーカー)

Astell&Kern「ACRO BE100」が登場!(32bit Hi-Fi DACとClass-Dアンプを搭載し、aptX HD及びLDACに対応したBluetoothスピーカー)

2021/11/26

Astell&Kern「ACRO BE100」

 

Astell&Kern「ACRO BE100」

 

アユートは、ハイレゾオーディオブランド「Astell&Kern (アステルアンドケルン)」の32bit Hi-Fi DACとClass-Dアンプを搭載し、aptX HD及びLDACに対応したBluetoothスピーカー「ACRO BE100」(アクロ・ビーイーヒャク)を、アユート直販サイト「アキハバラe市場」、家電量販店、オーディオ専門店にて2021年12月18日(土)より発売する。

(製品ラインナップと価格)
ACRO BE100 Black
ACRO BE100 White
49,980円 (税込み)

(製品オフィシャル概要)
ACRO BE100は、Astell&Kernならではのハイクオリティーサウンドをワイヤレスで自由に楽しめるよう開発したBluetoothスピーカーです。デザインにはAstell&Kernの光と影のデザインアイデンティティーが盛り込まれています。クラス最高レベルのサウンドを実現する為に、32bit Hi-Fi DACの内蔵、カスタムメイドのウーファーとツイーター、そして各周波数帯を独立して制御するコンパクトなClass-Dアンプを搭載しています。また、高音質コーデックであるaptX HDとLDACの両方に対応。55Wもの出力にて部屋を優れたサウンドで満たします。

1:光と影のアイデンティティーを踏襲したインダストリアルデザイン
2:32bit Hi-Fi DACを搭載
3:カスタムメイド4インチケブラー・ウーファーと1.5インチシルクドーム・ツイーターによるステレオサウンド
4:ハイエンドなClass-Dアンプ搭載
5:コンパクトながらパワフルな55W出力
6:SBC、AACに加えaptX HDとLDACの両コーデック対応
7:トレブル&ベース調整対応
8:鮮やかなフロントパネルLEDディスプレイ搭載

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP