限定生産の2チャンネルマイクプリアンプ

フックアップ、Rupert Neve Designs「5025 Dual Shelford Mic Pre」の発売を開始!

フックアップ、Rupert Neve Designs「5025 Dual Shelford Mic Pre」の発売を開始!

2021/12/14

「5025 Dual Shelford Mic Pre」

 

フックアップからRupert Neve Designsの世界300台限定生産の2チャンネルマイクプリアンプ「5025 Dual Shelford Mic Pre」の発売が2021年12月17日(金)より開始される。価格:オープン(実勢税込み価格:462,000円)

(製品オフィシャル概要)
プロフェッショナルオーディオ業界のレジェンドエンジニア、故ルパート・ニーヴ氏が2005年に立ち上げた新たなブランド、Rupert Neve Designs社は独自の設計
哲学にこだわったスタジオ機器をつくり続けています。中でも世界中でベストセラーになり生産が追い付かないほど人気のチャンネルストリップ、Shelford Channelは、1073、1064、2254 といったルパート・ニーヴ氏が開発したクラシックモジュールに備わっていた技術を、現代のスタジオのために再考し進化させたものです。

今回登場するこの 5025 Dual Shelford Mic Pre は、数多のエンジニアやミュージシャンにとって手放せないツールとなっているフラッグシップなプリアンプの
2チャンネルバージョン、つまり Rupert Neve Designs が誇る Shelford マイクプリアンプ2基を取り出し1Uラックスペースに収めた、世界最高の2チャンネルマ
イクプリアンプといえるモデルです。

全世界300台限定生産の5025 は、まさに「プレミアム」なモデルといえます。年内は極めて少量の入荷しかありませんので、あらかじめご了承ください。また2022年には順次、残りの予定数量が入荷する予定ですが、完全限定生産のために受注予定数に達しましたら予告なく終了する場合があります。

トランスフォーマーゲイン仕様のマイクプリ
リトルシェルフォード時代のニーヴ氏の設計と同様に、この5025 も初段で 15 dB のゲインをもたらすマイク入力にカスタムのステップアップトランスを備えています。この特別なトランスは、周囲のクラスA回路との緻密な統合によって、数多のクラシックレコードで聴くことのできる、大胆で魔法のような中域を湛えるサウンドにとって欠かせない要素です。

豊かな倍音成分の大部分は、出力トランスとそれを取り巻くA級アンプの産物といえますが、このステップアップ入力トランスは、独自の「音楽的な」増強効果をもたらします。主に入力トランスのリアクティブインピーダンス特性とそれに接続されているマイクとの相互作用によるもので、低域では絶妙なノンリニアの倍音成分を、そして高域では他で味わえないような甘さを生み出します。

開発時に目指したのは単純にクラシックな設計の再現ではなく、培われた技術による紛れもないサウンド、広帯域幅の周波数特性、いかなるゲイン設定でも一貫した素晴らしいアンプ性能、そして驚くほどの低ノイズによる動作を組み合わせることでした。これを実現するためにカスタムトランスの設計と最適化が慎重に行われ、結果と
して5025 Dual Shelford Mic Preは、10 Hz 未満から 60 kHz を超えるに至るまでがフラットで、最大限ピュアなトーンと最高レベルの汎用性をもたらします。

Silk (シルク)回路
5025 Dual Shelford Mic Preに備わる Silk(シルク)と Texture(テクスチャー)回路は、出力段の倍音成分量(および種類)を微調整することを可能にします。つまり透明感溢れるサウンドから、ニーヴ氏のビンテージモジュールがもたらした、約10倍ものサウンドカラーを生み出す設定まで、非常にユニークな2つのモード間を行き来できます。

例えばSilk RED を有効にすると、ソースの高域と中高域の倍音成分が強調されます。トップエンドに煌びやかさが加わるため、ボーカル、スネア、弦楽器、ピアノ、その他のアコースティック楽器などのソースに適しています。

また、Silk BLUE を有効にすると、ソースの低域と中低域の倍音成分が強調されます。ボトムエンドの補強として、ドラム、ベースギター、ヘビーなエレクトリックギター、男性ボーカル、シンセサイザーなどのソースに適しています。

デュアル仕様の出力トランスフォーマー
Silk 回路を補完するのが、Rupert Neve Designs の特徴であるデュアル出力トポロジーを採用したカスタムの出力トランスです。5025 Dual Shelford Mic Pre は、メイン(+26 dBu)と -6 dB(+20 dBu)の2つの出力を備えており、後段のコンバーターなどをクリップさせることなく、心地よいトランスサチュレーションが得られるまでプリアンプをフルドライブすることができます。

メイン出力は出力段でのノンリニアな動作による色付けを回避し、高いレベルでより純真無垢なサウンドを捉えられるよう設計されています。一方の -6 dB 出力ではエンジニアが 5052 をフルドライブすることを可能にしつつも多くの業務用インターフェイスをクリッピングさせることなく、ノンリニア特有の「色付け」でダイナミックなトーンを付加できます。

○5025 Dual Shelford Mic Preの主な特長
・GAIN - マイクゲイン
12段階の高精度ロータリースイッチで、6 dBステップ刻みで最大66 dBまで入力ゲインのレンジ設定が行えます。

・TRIM - トリム
入力ゲインに対して±6 dBの微調整が行える31ステップのポットです。

・48V - ファンタム電源
スタジオコンデンサーマイクロフォンに48Vの電源を供給します。

・Phase - 位相極性
ソースの位相を180°反転させます。

・HPF / HPF FREQ - ハイパスフィルター
“HPF”ボタンは、1オクターブあたり12 dBのカーブを持つハイパスフィルターのオン/オフを切り替えます。“HPF FREQ”ポットを使い、20 Hz ~ 250 Hzの範囲内でカットオフ周波数を設定できます。

・SILK/TEXTURE - シルク/テクスチャー
“SILK” ボタンを押すごとに、そのモードが Red、Blue、オフの順で切り替わります。Silk を有効にすると出力トランスのネガティブフィードバックが低減され、テクスチャーを深めるにつれ倍音成分と質感が増していきます。Red は中高域から高域にかけての音楽的な倍音を強調し、Blue では中低域から低域のそれを強調します。“TEXTURE” ノブでは、出力トランスの駆動力に応じ、Silk がほぼ無効な状態から、約4〜5%のTHD(ほとんどが2次)にまで変化させることができます。

・VU Meter - VUメーター
出力レベル(実効値 = RMS)を表示します。

・Dual Tap Output - デュアルタップ出力
フルヘッドルームの出力のための“MAIN OUT”と、豊かな倍音成分を生み出しながらも後続のインターフェイスなどがクリップするリスクを抑える“-6dB OUT”が用意されています。

・Ground Lift - グランドリフト
グランドループによるノイズなどの問題を解消するために、リアパネルにグランドリフトスイッチを装備しています。
・ユニバーサル電源
100〜240VACの電圧を受け駆動するユニバーサル仕様の電源を搭載しています。

○5025 Dual Shelford Mic Preの主な仕様
・入力インピーダンス:2.2 kΩ
・最大入力レベル:+24.9 dBu @ 1kHz
・最大出力レベル:
(MAIN OUT)+26.7 dBu @ 1kHz、
(-6 dB OUT)+20.7 dBu @ 1 kHz

・周波数特性:
20 Hz ~ 20 kHz(±0.25 dB)
10 Hz ~ 62 kHz(±0.5 dB)
5 Hz (<< -3 dB)
70 kHz(-3 dB)
・THD+N (全高調波歪み率、10 Hz ~ 90 kHz):
0.0025% 以下 @ 1kHz、0 dBu入力
0.008% 以下 @ 1kHz、+20 dBu入力
・ノイズレベル(@MAIN OUT、22 Hz ~ 22 kHz):
–102 dBu、0 dBゲイン
–94 dBu、+30 dBゲイン
–61 dBu、+66 dBゲイン
–127 dBu、EIN (+66 dBゲイン)
・ノイズレベル(@–6 dB OUT、22 Hz ~ 22 kHz):
–107 dBu、0 dBゲイン
–100 dBu、+30 dBゲイン
–67 dBu、+66 dBゲイン
–133 dBu、EIN (+66 dBゲイン)
・電源:100V~240VAC / 45W
・外形寸法 : 44 × 483 × 234 mm (H×W×D) 、19インチ1Uラックマンとサイズ
・重量:5 kg

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP