ライブ・コンサートのようなダイナミックな光の演出を自動的に行える

ローランド、初のビデオ・ライティング・コンバーター『VC-1-DMX』をリリース!

ローランド、初のビデオ・ライティング・コンバーター『VC-1-DMX』をリリース!

2022/04/27

ローランド『VC-1-DMX』

 

ローランド『VC-1-DMX』

 

ローランド『VC-1-DMX』

 

ローランド『VC-1-DMX』

 

ローランドから映像や音声信号をリアルタイムに解析して照明機器を自動的にコントロールできる同社初のビデオ・ライティング・コンバーター『VC-1-DMX』がリリースされた。2022年4月27日(水)に発売。価格:オープン(市場想定価格:税込69,500円前後)

(製品オフィシャル概要)
コロナ禍により、自宅、カラオケボックスやバーなど身近なスペースで、コンサートやスポーツなどのライブ配信やコンテンツを楽しむ機会が増えています。気軽に良い音や映像を楽しめるものの、ミュージシャンや選手の動き、映像に合った照明など、ホールやスタジアムで得られる躍動感や臨場感まではなかなか実現できません。

今回発売する『VC-1-DMX』は、リアルタイムで映像や音に合ったダイナミックかつ本格的な照明の演出を自動的に行い、さまざまなイベントを効果的に演出する機材です。『VC-1-DMX』は、ハードウェア処理により、映像や音声の信号を遅延なくリアルタイムに解析し、照明機器の制御信号である「DMX」※1を自動的に生成。照明専門のオペレーターがいなくても、機器を自動的にコントロールして、光による魅力的な空間を演出できます。例えば、アーティストのライブ映像を入力すると、映像に合わせて照明の色や明るさを変化させたり、音楽のテンポに合わせてミラーボールの回転速度を変化させたりすることが可能です。また『VC-1-DMX』と電子楽器をMIDI経由で接続することにより、演奏にぴったりと合った照明で会場を盛り上げることもできます。

小規模なイベントでも効果的に光で演出できる『VC-1-DMX』は、音響照明システムの設計・施行会社や、イベント関連企業の方々に導入いただきたい製品です。

※1 照明機器の調光や調色などを制御する通信規格。主に舞台照明や演出機器の制御に使用されている。

さらに詳しく

●シンプルな接続・設定で音と映像と照明を同期
『VC-1-DMX』は、映像や音声、MIDI信号を入力すると自動で解析して、照明機器を制御するDMX信号に変換出力する新しいコンバーターです。DMXに対応する複数の照明機器を連結し、まとめて制御することも可能です。

●高度な映像解析が可能
『VC-1-DMX』は、HDMIに含まれる映像信号を最大32エリアに分けて色情報を解析し、各エリアの輝度情報を抽出。抽出されたデータをDMXの各チャンネルに割り当てることで、接続された照明機器を制御できます。

●音楽に合わせて動く光の演出
『VC-1-DMX』は、HDMIまたはアナログのオーディオから入力された音声を解析して、ビート(拍子)やテンポ(速さ)、無音情報を抽出します。ビート情報に合わせて照度に強弱をつけたり、テンポに合わせてミラーボールなどの照明機器の回転速度を合わせたりするほか、無音の時には自動的に照明を消すことができます。

●MIDIコントロールでより凝った照明演出も
『VC-1-DMX』は、MIDIからDMXへの変換もサポート。システムの拡張制御が必要な場合にも幅広く対応します。MIDIコントローラーを接続すれば、MIDIのコントロール・チェンジ情報を使い、照明全体の調光や、ムービングライトの上下左右の動きなど、さまざまなDMXパラメータをMIDIコントローラー側から制御することができます。また、キーボードや電子ドラムなどの電子楽器からMIDIノート情報を使用して、ライブ・パフォーマンスに同期した照明効果を加えることも可能。USB MIDIにも対応し、照明コントロール・ソフトウェアや音楽制作ソフトウェアからDMX機器を制御することもできます。

●設定を自在にカスタマイズ
macOS / Windows用のDMX設定用ソフトウェア「VC-1-DMX Tool」※2を使えば、お持ちのDMX対応照明機器に合わせて『VC-1-DMX』をカスタマイズできます。個々の照明機器に合わせて、映像や音声からの解析情報やMIDIコントロールなどを512のチャンネルのDMXに割り当てたり、複数の『VC-1-DMX』へ設定をコピーしたりすることができます。

※2 https://proav.roland.com/jp/products/vc-1-dmx/downloads/ よりダウンロード可能

●『VC-1-DMX』の使用例

・ イベント/パーティー:ダンス・クラブやバー、宴会場などのパーティースペースで使われるさまざまな映像入力に対し、自動的に生成される映像に合った照明演出でイベントを盛り上げます。

・ カラオケ:音楽に合ったダイナミックな照明演出でコンサートやライブ・パフォーマンスの雰囲気をカラオケボックスで体験できます。

・ カンファレンス/展示会:プレゼンテーションの場面で、スライドの進行やスライド内の動画に合ったダイナミックな照明演出により、観客や視聴者の印象に残るイベントに仕上げます。

・ ライブ/DJパフォーマンス:キーボードや電子ドラム、DJコントローラーなどMIDI機能を搭載した電子楽器のライブ演奏に合わせ、ライブハウスやホールの照明システムと連携した照明演出を提供します。

●主な仕様
外形寸法:180(幅)×115(奥行)×41(高さ)mm
質量:570g(本体のみ) 

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP