新開発音源で「JUNO」サウンドが大幅に進化

ローランド、「JUNO-X」をリリース!(歴史的なシンセサイザー「JUNO」が現代の技術で生まれ変わって登場)

ローランド、「JUNO-X」をリリース!(歴史的なシンセサイザー「JUNO」が現代の技術で生まれ変わって登場)

2022/04/27

ローランド「JUNO-X」

 

ローランド「JUNO-X」

 

ローランド「JUNO-X」

 

ローランドから1980年代に発売し音楽シーンに大きな影響を与えたシンセサイザー「JUNO-60」や「JUNO-106」の音色を精密に再現し、さらに現在の技術で進化させたサウンドや機能を備えたシンセサイザー「JUNO-X」がリリースされた。2022年5月27日(金)に発売。価格:オープン(市場想定価格:税込220,000円前後)

(製品オフィシャル概要)

ここがポイント

・独自の「ZEN-Coreシンセシス・システム」でアナログ・シンセの名機を再設計。新開発の「JUNO-Xモデル」音源に加えて伝説的な「JUNO-60」や「JUNO-106」のサウンドも搭載
精密設計のつまみやスライダーで直感的かつ緻密な音作りを楽しめる、往年の「JUNO」を彷彿とさせるパネル・デザイン。重厚感のある金属製のボディ
「Roland Cloud」から豊富なコンテンツをインストールして拡張可能。さまざまなシーンに活躍するシンセサイザー

1980年代に発売されたシンセサイザー「JUNO-60」「JUNO-106」は、アナログ・シンセならではの存在感あるサウンドや音に厚みを加えるコーラス・エフェクトを備え、その特徴的なサウンドが多くのミュージシャンに愛され、今日までの音楽シーンに大きな影響を与えてきました。40年近く経った現在の中古市場においてもその人気は高く、復刻を求める声が多くありました。

今回発売する『JUNO-X』は、当社独自の「ZEN-Coreシンセシス・システム」 (※)(以下「ZEN-Coreシステム」)によって生まれ変わった現代版「JUNO」です。新開発の音源「JUNO-Xモデル」を搭載し、「SUPER SAW」と呼ばれる分厚いシンセ・サウンドや、コーラス・エフェクトを進化させた「Chorus III」モードで新しい「JUNO」サウンドを楽しむことができます。往年の「JUNO-60」「JUNO-106」の音色も克明に再現。クラシックなデザインのパネル上に配置された精密制御のつまみやスライダーで細やかに音作りが行える、シンセ・ファン垂涎の設計です。

伝説的な「JUNO」サウンドのほかにも、「XV-5080」や「RD Piano」など音楽制作やライブ演奏において実用性の高い音源モデルも内蔵し、最大4パートをレイヤーして(重ねて)多彩な音色で演奏できます。コードを押さえるだけで自動的に分散和音を奏でるアルペジエーターも搭載。伝統的¬なアルペジオ効果に加えて、より自然で音楽的な効果が得られる「I-Arpeggio」も内蔵しています。

さらに、「Roland Cloud」から音源モデルや音色データなどを追加することも可能。クラシックな外観に往年のアナログ・シンセから最新のサウンドまでをスタンバイさせて、あらゆる音楽シーンで活躍します。
※ ローランドが約半世紀にわたって培った、アナログ、デジタル、バーチャル・アナログ・シンセサイザー研究開発のノウハウを結集した強力な音源システム

さらに詳しく

クラシックなシンセ音色から新開発モデルまで、音楽シーンを彩り続ける3種類の「JUNO」サウンドを搭載
『JUNO-X』には、当社独自の音源システム「ZEN-Coreシステム」によって設計された3種類の「JUNO」音源モデルを搭載しています。3種類のサウンドを切り替えることはもちろん、複数の「JUNO」を重ねて重厚なサウンドを作ることも可能です。

「JUNO-Xモデル」(新開発音源):歴史的な「JUNO」サウンドを進化させた最新音源。基本となるアナログ・シンセ波形に加えローランドならではの「SUPER SAW」も搭載し、分厚いサウンドを生み出します。シンセサイザーの醍醐味であるベロシティ・センスやピッチ・エンベロープをコントロールしての個性的な音作りも可能。オリジナル「JUNO」のコーラス効果を進化させた、新しい「Chorus III」モードも搭載しています。

「JUNO-60モデル」(オリジナルは1982年発売):それまでのアナログ制御設計のシンセで不安定だった動作を、デジタル制御することで安定した状態で演奏することを可能にした6音ポリフォニックのシンセサイザー。コーラス・エフェクトやアルペジエーターを使った特徴的な音色や機能で音楽シーンに影響を与えた画期的なモデルを再現しています。

「JUNO-106モデル」(オリジナルは1984年発売):なめらかでクリーンな音色、ポリフォニック・ポルタメントやMIDI機能を搭載し、手頃な価格で多くのシンセ・ファンに愛されたモデルを再現しています。

実用性の高いローランド・シンセの音色も多数搭載。「Roland Cloud」からの音源拡張にも対応

『JUNO-X』には、アコースティック楽器をはじめ900以上の音色を備える「XV-5080」、豊かなピアノの響きを表現する「RD Piano」、接続したマイクの声を人工的に加工する「Vocoder」を搭載。エレクトリックはもちろん、ロックやポップスなど、あらゆるシーンで活躍します。さらに、「Roland Cloud」からサウンド・パック(音色データ)やモデル・エクスパンション(音源アルゴリズム)を『JUNO-X』に追加して、自分好みの音色を備えたシンセサイザーにカスタマイズすることができます。『JUNO-X』の購入で10種類のサウンド・パックの無料ダウンロードが可能です。

「Roland Cloud」詳細ページ:https://www.roland.com/jp/promos/about_roland_cloud/

別売りの「Roland Cloud Connect」を用意すれば、「Roland Cloud」と『JUNO-X』をワイヤレスで接続してサウンド・パックやモデル・エクスパンションの追加が可能。クラウド上のライブラリから検索、試聴、インストールまで素早く簡単に行えます。「Roland Cloud Connect」には、ワイヤレス・アダプターに加え、「Roland Cloud」の有料サブスクリプション・プラン「Pro」(年額99USドル)が1年間無料で利用できる特典コードが付属しています。
※「Roland Cloud Connect」の使用には、「Roland Cloud」へのメンバーシップ登録および専用アプリをインストールしたタブレット/スマートフォンと、Wi-Fi によるワイヤレス・ネットワーク接続へのアクセス環境が必要です

スタジオワークからステージでの演奏まで、現代のシーンに対応する機能を装備
• アフタータッチ付きで表現力豊かな演奏が可能な61鍵キーボード
• 4系統のマルチ・エフェクト、5系統のEQのほか、オーバードライブ、ディレイ、リバーブ、マイク入力用など充実のエフェクト搭載
• 作成した音色や設定を「シーン」として本体に256種類記憶可能
• ステレオ・スピーカーを搭載しBluetooth®接続した機器のオーディオ再生が可能
• USBオーディオ/MIDIインターフェイス機能を搭載し音楽制作にも活躍
• 専用エディター(macOS/Windows対応)で緻密な音作りや音色データの管理が可能
• クラシックでアナログ・シンセを彷彿とさせるパネル・デザイン、堅牢な金属製ボディ

主な仕様
外形寸法:1,072(幅)×333(奥行)×118(高さ)mm
質量:11.6 kg 

 

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP