本物のアナログ・シンセ・サウンドはそのままに、スタジオでも、ステージでも映える、限定生産のブラック・エディション

IK Multimedia、UNO Synth Pro Desktop Blackをリリース!(SUPERBOOTH 22記念特価で受注開始)

IK Multimedia、UNO Synth Pro Desktop Blackをリリース!(SUPERBOOTH 22記念特価で受注開始)

2022/05/17

IK Multimedia、UNO Synth Pro Desktop Black

 

IK Multimedia、UNO Synth Pro Desktop Black

 

IK Multimediaは、パラフォニック・デュアルフィルター・アナログ・シンセサイザー UNO Synth Pro の限定ブラック・エディション、UNO Synth Pro Desktop Black をリリースした。イタリアでは発表と同時に出荷を開始し、日本でもSUPERBOOTH 22記念特価にて受注が開始されている。

(価格と発売時期)
UNO Synth Pro Desktop Blackは、全国のIK Multimedia正規販売代理店にてお買い求めいただけます。

価格:オープンプライス(税込市場想定価格¥56,980前後)
SUPERBOOTH 22記念特価:¥49,800(税込)
発売時期:2022年5月末 - 6月
* 台数限定製品となりますので、予告なく販売終了となることがあります。

(製品オフィシャル概要)
2021年に、IK Multimediaと同郷イタリアのシンセサイザー・メーカーSoundmachinesとのコラボレーションにより開発され、本物のアナログ・サウンド、OTA、SSIフィルターを組み合わせて使えるデュアルフィルター仕様、柔軟なモジュレーション・マトリックス、パラメータをオートメーション可能な64ステップ・シーケンサーが世界中のシンセサイザー愛好家、作編曲家に愛されたUNO Synth Pro。限定ブラック・エディションは、スタジオでも、ステージでも、使う喜びを感じるアナログ・シンセサイザーになるでしょう。

最上級のアナログ・サウンド
- 3機のオシレーターと、ノイズ・ジェネレーター
- パルス幅変調とハードシンク
- 連続的な波形モーフィング
- FMおよびリングモジュレーション

圧倒的な適応力
- 直列、並列可能なOTA、SSIのデュアル・フィルター
- 24種のフィルター配列モード
- 16スロットのモジュレーション・マトリックス
- Mac/PC DAW上でも使えるUNO Synth Pro Editor

豊富な接続端子
- 2 x CV/Gate IN & OUT
- DIN端子、USBのMIDI IN & OUT
- フィルター、FX前に接続可能なオーディオ入力
- バランス・ステレオ・アウトとヘッドフォン・アウト

即戦力となるシーケンサーとアルペジエーター
- 256のプリセット
- 10モードのアルペジエーター
- 40以上のパラメータをオートメーション可能な64ステップ・シーケンサー
- CV/Gateもオートメーション可能

世界のUNO Synth Proユーザーと、つながろう
UNO Synth Pro Desktop Blackは、世界中のUNO Synth Proユーザーによって作られた豊富な資産を、そのまま利用可能です。ユーザー登録を行うと、フランスのアーテイスト/プロデューサーChris Dogzout、Tresor BerlinレジデントDJのDJ T.A.G.、LAのプロデューサー/DJのBLKLBLなどによるプリセット・パック、それをUNO Synth Pro Desktop Black本体とやりとりするUNO Synth Pro Editorが、無料でダウンロード可能となります。コンパクトなサイズと洗練されたルックスで、UNO Synth Pro Desktop Blackは新しいサウンドを生み出し、あらゆるパフォーマンスで活躍することでしょう。

 

 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP