Drumasonic社とのコラボレーションによって制作

Native Instruments、「SESSION GUITARIST – ELECTRIC MINT」をリリース!(1960年代のアメリカ製ソリッドボディギターのオリジナルモデルをサンプリング)

Native Instruments、「SESSION GUITARIST – ELECTRIC MINT」をリリース!(1960年代のアメリカ製ソリッドボディギターのオリジナルモデルをサンプリング)

2022/06/30

Native Instruments SESSION GUITARIST - ELECTRIC MINT

 

Native Instruments SESSION GUITARIST - ELECTRIC MINT
Native Instruments SESSION GUITARIST - ELECTRIC MINT

 

Native Instrumentsから1960年代のアメリカ製ソリッドボディギターのオリジナルモデルをサンプリングしたという最新KONTAKT音源「SESSION GUITARIST – ELECTRIC MINT」がリリースされた。価格:13,400円(NIウェブストア)

(製品オフィシャル概要)
Native Instrumentsは、Drumasonic社とのコラボレーションによって制作された最新KONTAKT音源SESSION GUITARIST – ELECTRIC MINTをリリースしました。
 
ELECTRIC MINTはエレキギターの代表格である、1960年代のアメリカ製ソリッドボディギターのオリジナルモデルをサンプリング。この新しい音源はソングライティングに重点が置かれ、自分で自由にメロディを作ったり、幅広いジャンル、スタイル、演奏テクニックをカバーした53種のソングプリセットから222種のパターンを呼び出すことができます。

最高品質でサンプリングされたこの音源は、自由に組み合わせ可能な3つのシングルコイルピックアップが装備され、ロック、ポップ、ヒップホップ、ジャズなどに適したトーンを、5つの独特な方法で作ることができます。ELECTRIC MINTではプレイバックエンジンも改良され、リアルなファンクパターンを奏でたり、トレモロバー機能によりピッチの表現力が向上しています。

ユーザーはクリーン、DI、クランチ、ハイゲインなど即戦力となる71種類のサウンドプリセットや、リアルで多彩なアーティキュレーションを使いながら、素早くリック、グルーヴ、ソロを作成できます。本音源はこれまでのSESSION GUITARISTシリーズの機能をベースに、様々なアンプやスピーカーキャビネットのエミュレーション、SUPERCHARGER GTコンプレッサー、"Cry Wah"オートワウエフェクト、異なる空間の鳴りをシミュレートする、コンボリューションリバーブなどの新しいエフェクトを搭載しています。
 
ELECTRIC MINTは、4小節のコード進行、パターン、ボイシングを、DAW内にドラッグ&ドロップして編集することもでき、コードライブラリとして使用することもできます。またはMIDIをセッション内で使用すれば、幅広いソングライティング能力を発揮してくれます。

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP