タッチパネル操作だけで完結しない、音楽との身体的な関わり方を提案

ヤマハ、スマホアプリと共生する新しい音楽デバイスを提案。デザインプロトタイプ「Stepping Out of the Slate」4 作品をウェブで公開

ヤマハ、スマホアプリと共生する新しい音楽デバイスを提案。デザインプロトタイプ「Stepping Out of the Slate」4 作品をウェブで公開

2022/07/05

ヤマハ、スマホアプリと共生する新しい音楽デバイスを提案。デザインプロトタイプ「Stepping Out of the Slate」4 作品をウェブで公開

 

ヤマハは、スマートフォンアプリと共生する新しい音楽デバイスの在り方を考察してデザインしたプロトタイプ「Stepping Out of the Slate」を、ウェブサイトで公開した。今回のプロトタイプでは、敢えて物理的な操作が必要なモノと共にアプリを使⽤するスタイルをとることで、タッチパネル操作だけで完結しない、音楽との身体的な関わり方を提案している。

(オフィシャル概要)
そこで今回、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)にシフトして物理的なリアリティを失ったさまざまな音楽体験に内在されていた機能の一部分にフォーカスを当てて実世界に再現することで、IT 技術の進化による利便性と共存しつつ真の体験価値を深める新しい機能美の実現可能性を検討しました。そして、「例えば、好きな音楽を聴くときや、リラックスできるBGM を流したいとき、ギターを弾いていてテンポを合わせるためにちょっと伴奏が欲しいときなどに、その音楽がどのように流れ始めると⼼地よいか︖」という切り⼝で考察を深め、4 つの仮説を提示するプロトタイプを制作しました。プロトタイプはすべて動作するものとして作り上げられ、実際の使⽤感を検証できるものとなっています。
 

TurnT

 

TurnT
スマートフォン⽤のターンテーブルです。本体上に置いたスマートフォンの画⾯をレコードの盤⾯に⾒⽴て、画⾯に針を落とすと演奏が始まります。アルバムを入れ替えたり、針を落とす位置を変えたりすることで、楽曲を変更します。「針を落とす」という真剣かつ⼼躍る動作が、音楽と過ごす⼤切な時間を盛り上げます。

 

Winder

 

 

Winder
オルゴールのように特別な一曲を流すために⽤意された、専⽤のキーです。キーを巻き上げると、スマートフォンから楽曲が流れ始めます。内部にあるゼンマイの回転ムラに応じた音揺れが生成され、特有の音の質感を楽しめます。機械仕掛けのオブジェと対話する喜びが、より親密な音楽体験へと誘います。
 

MusicLight

 

MusicLight
炎を⾒つめるように、音楽に⽿を傾けるためのキャンドルです。キャンドルに火を灯すと、スマートフォンアプリが音楽を奏で始めます。炎の揺らめきに合わせて音のニュアンスが微かに揺れ、炎を吹き消すと僅かな余韻を残して音楽が停止します。焚火を囲んで音楽を聴くように、灯と音楽が一体になって豊な時間を生み出します。

 

RhythmBot

 

 

RhythmBot
演奏をリズムでサポートする、メトロノームの進化形です。小さな4種のロボットが、電子音に頼らないアコースティックならではの音を奏でます。スマートフォンアプリと連携して、ユーザーが演奏するテンポに合わせてリズムを刻み、リアルタイムで合いの手を入れることもできます。セッションのようにリズムを作り出すことで、クリエイティブな演奏体験をもたらします。

 

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP