2022年8月10日(水)より発売開始

フックアップ、Universal Audio「SD-1」と「SP-1」をリリース!(あのUAからダイナミックマイクとステレオペアコンデンサーマイクが登場)

フックアップ、Universal Audio「SD-1」と「SP-1」をリリース!(あのUAからダイナミックマイクとステレオペアコンデンサーマイクが登場)

2022/08/08

フックアップからUniversal AudioがStandardシリーズとして展開するマイクロフォンの第一弾として、フロントアドレスダイナミックマイクSD-1とステレオペアコンデンサーマイクSP-1がリリースされた。2022年8月10日(水)より発売開始。

(製品オフィシャル概要)
ビンテージなアウトボードをアナログモデリング技術により、DAW上で忠実に再現したエフェクトプラグインを使用できるDSPシステムのUAD-2アクセラレーター、およびオーディオインターフェイスのApolloシリーズは、ホームスタジオからプロフェッショナルまで絶大な支持を得ており、プロフェッショナルの音楽制作には欠かせないツールとなっています。

またレコーディング用ハイエンドアナログ機器はもちろん、最近注力をしているペダルシリーズなど、Universal AudioブランドはMI市場で認知されています。

現在ではハイエンドのプロフェッショナルだけではなく、オーディオインターフェイスの新シリーズVoltのリリースによってエントリー層のユーザーにも好評をいただいているブランドです。

そして満を持してUniversal Audioは、マイクロフォンの分野にも参入します。「Standardシリーズ」第一弾としてリリースされるのは、フロントアドレス型のダイナミックマイクSD-1とステレオペアのペンシル型コンデンサーマイクSP-1の2製品です。どちらもプロオーディオ業界で培ったノウハウを投入した製品で、性能や品質を高い次元で実現し、しかもリーズナブルな価格での登場です。
 

SD-1(エスディーワン)

SD-1(エスディーワン)

 

SD-1(エスディーワン)

 

SD-1(エスディーワン)

 

SD-1(エスディーワン)
価格:オープン
実勢価格:44,000円(税別実勢価格:40,000円)
※ボーカル、楽器、ライブ配信やポッドキャストにも最適なダイナミックマイクロフォン

SD-1の主な特長と仕様
“スタンダード ダイナミック”マイクロフォン、SD-1はレコーディングやライブステージ、あるいは配信やポッドキャストに最適なダイナミックマイクロフォンです。カーディオイド(単一指向性)パターン、ローカット/アーティキュレーションブーストスイッチ装備。さらにApolloインターフェイスのユーザーなら、プロフェッショナルエンジニアが設定したソースごとのSD-1プリセットがApollo Consoleアプリ内に用意されています。スマートでモダンなデザイン、ケーブルの取り回しやすさも考慮されたXLRジャックの位置など、SD-1 があれば、制作スペースが瞬時にレベルアップします。音楽、ポッドキャスト、ライブストリーム、オンラインミーティングなど、あらゆるシーンで活躍するホームスタジオマイクの決定版といえます。

-   フロントアドレス型のパッシブダイナミックマイク(ファンタム電源不要)
-   200 Hz、6 dB/Octのローカットフィルターを装備
-   3~5kHz付近をわずかにバンプ(3 dB)して明瞭さを引き立てるアーティキュレーションブーストを装備
-   カーディオイド(単一指向性)パターンにより、オフアクシスのサウンドやルームノイズを低減
-   フラットな周波数特性により、自然なサウンドで収録可能
-   プロのようなサウンドを手早く得られる、Apolloインターフェイス用チャンネルストリッププリセットを用意
-   内蔵ショックマウントにより、低域のランブルやメカニカルノイズを低減
-   ケーブルの取り回しやすさを考慮した、背面に配置したXLR端子
-   破裂音やブレスノイズを低減するウィンドスクリーンを内蔵
-   定評あるUniversal Audio社のクラフトマンシップによる、スタイリッシュで堅牢な造り

・タイプ:ダイナミック
・指向性:カーディオイド
・周波数特性:50 Hz – 16 kHz
・感度: -58 dB (1.3 mV) 0 dB = 1V/1Pa、1 kHz
・出力インピーダンス:200 Ω
・推奨負荷インピーダンス:1 kΩ以上
・ローカットフィルター(200 Hz、6 dB/Oct):オフ/オン
・アーティキュレーションブースト(3 ~ 5 kHz):オフ/オン
・コネクター:3ピンXLRコネクター(オス)
・外形寸法:195 mm(長さ)× 60 mm(直径)
・本体重量:735 g
・付属品:5/8インチ - 3/8インチ スレッド変換アダプター 
・製品ページ:https://hookup.co.jp/products/universal-audio/sd-1


 

 

SP-1(エスピーワン)

SP-1(エスピーワン)

 

SP-1(エスピーワン)

 

SP-1(エスピーワン)
価格:オープン
実勢価格:59,400円(税別実勢価格:54,000円)
※アコースティック楽器やドラム、パーカッションのステレオ収録に最適な、マッチドペアのペンシル型コンデンサーマイクロフォン

SP-1の主な特長と仕様
“スタンダード ペンシル”マイクロフォン、SP-1はアコースティック楽器やドラム、パーカッション、あるいはライブパフォーマンスをステレオで忠実に収録できるマッチドペアのコンデンサーマイクロフォンです。特性を合わせたカーディオイドパターンのカプセルを搭載することでアルバムの様なステレオサウンドを実現します。付属のステレオバーを使用して間隔を空けたセッティングをするもよし、X/Yパターンでタイトに収録するもよし。求めるディテールを捉えることができます。SD-1同様、Apolloインターフェイスのユーザーなら、プロフェッショナルエンジニアが設定したソースごとのSP-1プリセットがApollo Consoleアプリ内に用意されています。ステレオレコーディングのための選択肢として、毎日使えるように設計されたこのSP-1は、レトロな仕上がりで、持ち運びも容易。普段のスタジオを確実にグレードアップしてくれます。

-   スタジオやライブでの収録に最適な、スモールダイアフラムのコンデンサーマイク
-   カーディオイドパターンにより、オフアクシスのサウンドやルームノイズを低減
-   正確なステレオレコーディングを可能にする完璧なマッチドペア
-   ドラムやギターに適した音創りを可能にするApolloインターフェイス用チャンネルストリッププリセットを用意
-   マイククリップ、フォーム製ウィンドスクリーン、ステレオTバーマウントが付属
-   定評あるUniversal Audio社のクラフトマンシップによる、スタイリッシュで堅牢な造り

・タイプ:スモールダイアフラムコンデンサー(マッチドペア)
・指向性:カーディオイド
・周波数特性:20 Hz – 20 kHz
・感度: -38 dB (12.6 mV) 0 dB = 1V/1Pa、1 kHz
・出力インピーダンス:200 Ω
・推奨負荷インピーダンス:2 kΩ以上
・最大SPL:142 dB SPL、1% THD
・動作電源:ファンタムパワー 48 VDC
・コネクター:3ピンXLRコネクター(オス)
・外形寸法:128 mm(長さ)× 23.5 mm(直径) *マイク1本あたり
・本体重量:125 g *マイク1本あたり
・付属品:マイクホルダー x 2、ステレオTバー、ウィンドスクリーン x 2、5/8インチ - 3/8インチ スレッド変換アダプター x 2
・製品ページ:https://hookup.co.jp/products/universal-audio/sp-1

※「DTMステーション」にて、SD-1とSP-1に関する記事が紹介されています。ここではUniversal Audioのマイクロフォン戦略についてのインタビューが掲載されています。ぜひご覧ください。
https://www.dtmstation.com/archives/57367.html

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP