SL4000B コンソールのチャンネルをベースにモデリングしたプラグインソフトウェア

SSL、チャンネルストリッププラグイン「4K B」リリース!

SSL、チャンネルストリッププラグイン「4K B」リリース!

2022/10/19

SSlチャンネルストリッププラグイン「4K B」

 

SSLからSL4000B コンソールのチャンネルをベースにモデリングしたチャンネルストリッププラグイン「4K B」がリリースされた。

(製品オフィシャル概要)
4KB プラグインは170年代後半から80年代初頭にかけてロンドンのタウンハウススタジオの「ストーンルーム」に設置されていたことで有名な、SL4000B コンソールのチャンネルをベースにモデリングしたプラグインソフトウェアです。このコンソールは、Phil Collinsの「In the Air Tonight」、The Bugglesの「Video Killed the Radio Star」、Peter Gabrielの「Intruder」など、数多くの象徴的なレコードに使用されています。SL4000Bはごく短い期間製造された初号機SL4000Aをブラッシュアップさせた後継機として著名なレコーディングスタジオに導入され、現在のSSLの礎となった「全ての始まり」のコンソールです。

SL4000Bは6台しか製造されませんでしたが、タウンハウスの「The Stone Room」の他にロサンゼルスのRecord Plantなど世界的に象徴的なスタジオに導入されました。独特な音色とパンチのあるサウンドが特徴的なSL4000Bは、Steve Lillywhite、John Leckie、Mick Glossop、Tony Plattなど、伝説的なプロデューサーやエンジニアに愛用されました。SL 4000Bコンソールは、特にEQ、ダイナミクス、トランスベースのマイクプリの設計が非常にユニークでした。BシリーズEQは、4000 Eに搭載された「ブラウンノブ」EQの前身で、非常に音楽的なサウンドにファインチューンが、可能で、暖かく丸みのある表現が特徴です。4K Bのダイナミクス・セクションは、SSL Bus Compressorの設計に基づき、ピーク検出とサイドチェーンにフィードバックVCAトポロジーを備えています。また、ユニークなディエッサー・モードも搭載しています。SSL の入念なハードウェア・モデリング・プロセスにより、オリジナルの4000 B コンソールの繊細さがすべて新しい4K B プラグインに取り込まれています。マイクドライブセクションは、Jensen JE-115K-E トランスフォーマーによる豊かなノンリニアアナログキャラクターに満ちています。さらに、dbx 202 ‘black can’ VCA フェーダーによって、本物のアナログ・キャラクターが追加されています。このJensenトランスとDBX “black Can" VCAの詳細なコンポーネントレベルのモデリングを施した4K BプラグインはSSL Channel Strip 2プラグインとは対照的に、ファットでウォームなサウンドを与えてくれます。

4K BプラグインはプラグインコントローラーUC1に付属のプラグインソフトウェアとしてバンドルされます。また、すでにUC1のユーザーの方は無償で追加可能です。すでにバンドルされているNative Channel Strip 2 とNative Bus Compressor 2と合わせてUC1で完全にコントロールできる3つ目のプラグインとなります。無償で提供されるSSL360ソフトウェアを使ってVirtual SSL Consoleを構築することができます。

UC1

UC1

SSLからSL4000B コンソールのチャンネルをベースにモデリングしたチャンネルストリッププラグイン「4K B」がリリースされた。

 

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP