2022年11月26日(土)に発売

ローランド、ボス「FS-1-WL」をリリース!(電子スコアの譜めくり、YouTubeや電子楽器の操作など、さまざまな用途で活躍するワイヤレス・フットスイッチ)

ローランド、ボス「FS-1-WL」をリリース!(電子スコアの譜めくり、YouTubeや電子楽器の操作など、さまざまな用途で活躍するワイヤレス・フットスイッチ)

2022/11/11

ボス(BOSS)ブランドのワイヤレス・フットスイッチ『FS-1-WL』

 

ボス(BOSS)ブランドのワイヤレス・フットスイッチ『FS-1-WL』

 

ボス(BOSS)ブランドのワイヤレス・フットスイッチ『FS-1-WL』

 

ボス(BOSS)ブランドのワイヤレス・フットスイッチ『FS-1-WL』

 

ローランドは、電子スコアの譜めくりやYouTubeの操作、電子楽器のコントロールなど、さまざまな用途に活用できるボス(BOSS)ブランドのワイヤレス・フットスイッチ『FS-1-WL』をリリースした。2022年11月26日(土)発売。価格:オープン(市場想定税込価格:14,300円前後)

(製品オフィシャル概要)

ここがポイント
・Bluetooth®でローランド/ボス製品をはじめとする電子楽器や、PCやタブレットの電子スコア、YouTube、音楽制作アプリなどをワイヤレスでコントロール可能
電子スコアの譜めくり、YouTubeの再生/停止や再生速度の調整、DAWや電子楽器の操作を静粛性に優れたフットスイッチで快適に操作

『FS-1-WL』は、さまざまなデバイスをワイヤレスでコントロールできるスマートなフットスイッチです。Bluetooth®接続によりローランド/ボス製品や、PCやタブレット上の電子スコア、YouTubeや音楽制作ソフトなどのアプリをコントロール可能。専用エディター(MacOS/Windows/iOS/Android対応)によるカスタマイズも可能で、幅広いアプリケーションにも柔軟に対応します。軽量・コンパクトで堅牢な設計の『FS-1-WL』は、ミニマルなデザインながら高い汎用性を備えた便利なワイヤレス・フットスイッチです。

さらに詳しく

さまざまな楽器や機器をワイヤレス接続し、足元でコントロール

・ 電子スコアの譜めくり:演奏を中断することなく足元の操作でPCやタブレット上の電子スコアのスクロールが可能です
・ YouTubeを見ながらの楽器練習:早送りや巻き戻し、再生/停止、再生速度の調節など、YouTubeコンテンツのコントロールが可能です。楽器から手を離すことなく、レッスン系のコンテンツで効率よく練習を行えます
・ DAW(音楽制作アプリ)のコントロール:DAWを用いた音楽制作でも活躍します。マウスやキーボードの代わりに足元で再生/停止や録音の操作を行えば、よりスムーズな楽曲制作が可能です
・ ローランド/ボス製品のコントロール:「WAZA-AIR」や「KATANA-AIR」「Pocket-GT」などのBluetooth®機能を搭載したローランド/ボス製品と接続可能。メモリーの切り替えやエフェクトのオン/オフなど、さまざまな操作を足元で快適に行えます

『FS-1-WL』対応ローランド/ボス製品(2022年11月10日現在)
「GT-1000」、「KATANA-AIR」、「GS-1」、「WM-1/WM-1D」、「GX-100(※1)」、「WAZA-AIR(※2)」、
「WAZA-AIR BASS(※2)」、「Pocket-GT(※2)」
※1 接続には別売りの「Bluetooth® Audio MIDI Dual Adaptor(BT-DUAL)」が必要です
※2 近日対応予定です

ユーザーに最適なカスタマイズが可能
『FS-1-WL』は、HID(※3)とMIDI(※4)の二つのモードを搭載。専用エディターを活用することで、活躍の幅が大きく広がります。HIDモードでは、PC用のキーボードで行う操作を『FS-1-WL』のフットスイッチに割り当て、ゲームや動画編集など、さまざまなソフトウェアを足元でコントロールすることが可能。キーボードのCONTROLキーとSHIFTキーを併用した、いわゆるショートカットキーの操作も、ひとつのフットスイッチに割り当てることができます。MIDIモードでは、電子楽器等の接続機器に合わせたPC(プログラム・チェンジ)や、CC(コントロール・チェンジ)を設定することで、自由度の高いコントロールが可能です。MIDIの設定は専用エディターへ保存し、用途に合わせて簡単に変更することができます。
※3 HID(Human Interface Device):PC用のキーボードやマウスなどの情報入力装置
※4 MIDI(Musical Instrument Digital Interface):電子楽器の機器間で演奏や情報を伝達するための信号規格

使いやすさ、高い拡張性と汎用性
堅牢かつ軽量・コンパクトな設計で手軽に持ち運び可能。静粛性に優れたフットスイッチにより、ステージでも操作時のクリック音が演奏を妨げることはありません。スイッチは角に丸みをつけたラバー素材でできており、足元はもちろん、手元でもスムーズに操作することができます。また、LEDも装備し、暗転中のステージなど暗い環境でもステータスの確認が容易です。拡張性にも優れ、外部フットスイッチやエクスプレッション・ペダルを接続してさらに多くの機能を割り当てコントロールすることが可能。USB、TRS MIDI端子を装備しているので、Bluetooth®機能を持たない楽器にケーブル接続してMIDIコントロールを行うこともできます。電池(単4形アルカリ乾電池×2本)とACアダプター(別売り:PSA-100)の2電源に対応し、さまざまな環境で使用することができます。

主な仕様
外形寸法:207(幅)×77(奥行)×32(高さ)mm
質量:258g(電池含む)

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP