新たにESS ES9219MQをデュアルDAC構成で搭載

Astell&Kern、新たなポータブルUSB-DAC「AK HC3」をリリース!(ユーザーからの要望が多かった3.5mm4極マイク入力に対応)

Astell&Kern、新たなポータブルUSB-DAC「AK HC3」をリリース!(ユーザーからの要望が多かった3.5mm4極マイク入力に対応)

2022/12/06

Astell&Kern「AK HC3」

 

Astell&Kern「AK HC3」

 

Astell&Kern「AK HC3」

 

アユートは、ハイレゾオーディオブランド「Astell&Kern (アステルアンドケルン)」より、大人気のHi-FiポータブルUSB-DACシリーズ第3弾となる「AK HC3」がリリースされたことを発表した。発売予想時期:2022年12月~2023年1月。市場予想価格:32,980円前後 ※為替等の状況によって変動する場合があります。

(製品オフィシャル概要)
ストリーミングサービスのハイレゾ音源は、楽曲の豊かな音色や細かなニュアンスを存分に味わうことができます。しかし、多くのスマートフォンでヘッドホン端子がなくなったことで、高音質な有線イヤホンを使うことが難しくなり、ワイヤレス伝送での音質の限界や応答速度の遅さを体感している人が多くなっています。スマートフォンの無線規格やPC内蔵のサウンドカードではなく、本物の高音質、Hi-Fiサウンドを楽しみたいユーザーは、深い悩みを抱えています。この問題を解決するために開発されたのがAstell&KernのUSB-DAC機能に特化した、ハイレゾ対応ポータブルUSB-DAC「AK HC」シリーズです。

第3弾モデルとなる『AK HC3』は、「Hi-Fi Sound Anywhere」をスローガンとして初代モデルと第2弾モデルの長所を生かしつつ、より様々なシーンで真のHi-Fiサウンドを楽しめるように機能を充実させたHi-FiポータブルUSB-DACです。AK HC3は、優れたノイズコントロールと低消費電力化を実現しているESS社SABRE HiFi DAC 「ES9219MQ」をデュアルDAC構成で搭載。PCM最大384KHz/32bit、DSD256のネイティブ再生に対応し、Astell&Kernならではの超微細なオーディオ技術により、回路、コンポーネント、パワーマネジメントを最高の状態で妥協することなく組み込むことで低歪み且つ高S/Nを実現。Astell&Kernプレーヤーに使用され、電源変動を抑制して安定したシステムとオーディオ性能を実現するテーラード超小型タンタルコンデンサーを搭載し、最適なオーディオ回路を構成することで、性能を落とさず小型化を実現しています。またAstell&Kernが培ってきた独自のオーディオ技術により、消費電流を最小限に抑えながらも出力とオーディオ性能を高めています。そして新たに再生ファイルに応じて色が変化するLEDインジケーターを搭載しました。

AK HC3は、あらゆるコンテンツ、様々なシーンで使いやすいよう3.5mmアンバランス出力を採用。そして、新たにユーザーからの要望が多かった3.5mm4極マイク・コントローラー入力に対応しました。これにより、3.5mm4極マイク・コントローラーに対応したイヤホン/ヘッドホンを使用することで、ハイクオリティなサウンドとクリアな音声機能でゲーミング、テレワーク等での使用を可能にしました。iOSデバイスで使用できるUSB Type-C to Lightningアダプターが付属。Android OS専用のボリューム調節連携アプリ「AK HC」にも対応。バスパワー電源のため、プラグ&プレイで高音質を手軽に楽しむことが可能です。

 

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP