12月16日(金)販売開始

フェンダーミュージック、【火】【地】【風】【水】 の要素を指すElementの美からインスパイアされた『MADE IN JAPAN ELEMENTAL シリーズ』をリリース!日本製新シリーズ

フェンダーミュージック、【火】【地】【風】【水】 の要素を指すElementの美からインスパイアされた『MADE IN JAPAN ELEMENTAL シリーズ』をリリース!日本製新シリーズ

2022/12/16

【火】【地】【風】【水】 の要素を指すElementの美からインスパイアされ 高い演奏技術を求めるプレイヤーのあらゆるニーズに応える日本製新シリーズ 『MADE IN JAPAN ELEMENTAL シリーズ』 2022年12月16日(金)販売開始

 

フェンダーミュージックは、高い演奏技術を持つ現代プレイヤーのニーズを考慮し、スペックと価格のバランスを軸に、演奏性とサウンドに重きを置いて開発した日本製の新シリーズ『Made in Japan Elemental シリーズ』を発表した。本製品は、2022年12月16日(金)よりフェンダー公式サイトおよび全国の正規取扱店にて販売開始される。

【ラインナップ】
Made in Japan Elemental Telecaster®    (市場想定売価:170,500円/税込)
Made in Japan Elemental Stratocaster® (市場想定売価:170,500円/税込)
Made in Japan Elemental Jazzmaster®   (市場想定売価:170,500円/税込)
Made in Japan Elemental Jazz Bass®     (市場想定売価:170,500円/税込)

(製品オフィシャル概要)
『Made in Japan Elemental シリーズ』は、Telecaster®︎、Stratocaster®︎、Jazzmaster®︎、Jazz Bass®︎の4モデルをラインナップした新しい日本製の数量限定シリーズです。流線形のボディにオリジナルピックガードと2基のムバッカーを搭載し、パワフルで自然かつペダルとの相性も良いクリーンなトーンを実現します。本シリーズは、【火】【地】【風】【水】などの要素を指す、“Element”からインスパイアされたカラーが特徴となっており、今回は第一弾として、【地】から鉱石をモチーフとした“ストーンブラック” と、【水】から雪雲をモチーフとした“ニムバスホワイト”の2色をサテン仕上げで採用しています。今後も“Element”にふさわしい限定カラーを発売予定です。
 
主な特徴
・Made in Japanの次世代スペックの象徴として長く親しまれてきた独特の流線型アーチ形状のアルダーボディに、メイプルネックにローズウッド指板という伝統的な組み合わせを採用
本モデルの為の新形状ピックガードを開発
ピックアップにアンプやペダルとの相性も良いModern Modified Humbucking Pickupを2基搭載し、プレイヤーの意図したサウンドを容易に作り上げる事が可能
12インチ指板ラジアスとミディアムジャンボフレット、コンパウンドバックのネック仕様が、コードストロークから速弾きまで快適な演奏性をサポート
Fender® Standard Cast/Sealed Staggeredチューナーと2点支持のDeluxe Synchronized Tremoloの組み合わせにより、チューニングの安定性と、ヘヴィなロックサウンドを好むプレイヤーの演奏スタイルにもマッチ
 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP