動画でわかる! スマホやタブレットのアプリでどこでも弾ける

KORG「microKEY Air」徹底活用法

KORG「microKEY Air」徹底活用法

2016/03/11


軽量かつコンパクトなボディで人気のMIDIキーボードKORG「microKEY」シリーズに、新モデル「microKEY Air」が登場しました。ここでは、本機の特徴や使い方を動画を交えてご紹介。ワイヤレス接続に対応したことでさらに使いやすくなった「microKEY Air」の魅力をお伝えしましょう!

文:平沢栄司/写真:小貝和夫
 


●お手軽かつ本格的な楽器演奏&音楽制作を可能にするコンパクトMIDIキーボード

/

「microKEY Air」は、従来からのUSB接続に加えてBluetoothによるワイヤレス接続に対応したのが最大のポイントです。ここが新しいネーミングの“Air”たる所以で、ケーブル接続のわずらわしさから解放され、且つワイヤレスでの接続操作も簡単なので、コンパクトな筐体と相まって使い勝手が大きく向上しています。

特に、ノートパソコンや新しい音楽制作のプラットフォームとしても注目されているiPhoneやiPadとの相性は抜群です。もちろん、マウスやタッチでも操作はできますが、MIDIキーボードがあればソフト音源を楽器のようにリアルタイムで演奏したり、音楽ソフトに音符を入力するときもストレスなくスムーズに打ち込めるから、より音楽的なアプローチが可能となります。また、microKEY Airは電池で駆動できるためUSB接続のようにケーブル経由で電源を供給する必要がなく、モバイル用途で使う場面ではノートパソコンやiPhone/iPadのバッテリーに負担がかからない点も見逃せません。

このmicroKEY Airには、動画でも使用している2オクターブ分の鍵盤を持つコンパクトな25鍵モデルと、37鍵(3オクターブ)、49鍵(4オクターブ)、61鍵(5オクターブ)の4種類が用意されています。このうち、37~61鍵の3モデルはホイール・タイプのコントローラーとダンパーペダルが接続できる端子を備え、25鍵モデルはコントローラーがジョイスティック・タイプとなり、ダンパー端子がない代わりにサスティン・ボタンとアルペジエーター機能を内蔵している点が特徴です。また、全機種とも簡単にオクターブが切り換えられるボタンがあるので、鍵盤数に関係なく広い音域が演奏できます。

これらの中から選ぶなら、演奏に用いるなら鍵盤数が多いモデル、打ち込みやモバイル用途ならば断然25鍵モデルがお勧めです。例えば、日常的に持ち歩くiPhoneにmicroKEY Air 25を組み合わせれば、いつでもどこでもiPhoneが楽器&作曲ツールに早変わりし、出先のカフェなどで思い付いたアイディアをサッとメモするように打ち込んで曲を作ることもできるでしょう。

microKEY Airは、「ワイヤレス」という新しい武器によって、これまでの省スペースという利点にセットアップの容易さとモバイル用途への可能性を大きく広げた魅力的なMIDIキーボードです。
 

microKEY Airのポイント


1.側面のスイッチでUSB接続とワイヤレス接続を切り換える

側面のUSB端子を使ったケーブル接続に加えて、スイッチを切り換えることでBluetoothによるワイヤレス接続ができる。


2.ジョイスティック・タイプのコントローラー

横方向でピッチベンド(音程の上下)、縦方向でモジュレーション(ビブラート効果)をコントロールするジョイスティックを装備。


3.ボタン操作でオクターブの切り換えやダンパーのON/OFFができる

UP/DOWNボタンを押すごとに1オクターブずつ演奏できる音域が上下にシフトする。点灯したボタンの色でオクターブのシフト量が確認できる点がいい。また、SUSTAINボタンを押している間はダンパーペダルと同様に鍵盤を離しても余韻を残すことができる。


4.アルペジエーターを内蔵

 

押さえたコードを自動的に分散和音で演奏するアルペジエーターを内蔵。ジョイスティックの操作で演奏パターンの切り換えやゲートタイムの調整が可能だ。

5.電源は単3乾電池2本

 

電源は単3乾電池2本で、1日1時間程度の使用なら1か月程度は交換不要だ。また、ワイヤレスで接続すればiPhoneなどのバッテリーに負担をかけずに使用できる点も魅力。

iPhone&GarageBandで使ってみよう!


1.Bluetoothを利用可能にする

iPhoneの設定画面を開いて、Bluetoothが使用できるようにしておく。


2.iPhoneとmicroKEY Airを接続

/

GarageBandを起動後、曲の設定画面からBluetooth MIDIデバイスの項目を開いたら、「microKEY Air 25」をタップするとiPhoneとmicroKEYが接続される。

 

3.GrageBandの音源を演奏する

microKEY AirでGaregeBandの音源が演奏できるようになった。


 

4.音源を追加しながら各パートを入力していく

ドラム音源、ベース音源、エレピ音源などを追加しつつ、メトロノームや入力したドラムに合わせて演奏しながら伴奏パートを入力する。最後に、メロディ・パートを入力すれば曲の完成だ。


 

付属するアプリ/ソフト


●iPhone/iPad用アプリ

様々なサウンドを奏でる音源モジュールを組み合わせた音楽製作のためのアプリMobile Music Studio「KORG Gadget」とキーボード・サウンドが演奏できる「KORG Module」のLe版が付属する(※Gadget Leは3月下旬ダウンロード開始予定)。Module Leは、microKEY Airと組み合わせて使うことで音色プログラムが1種類から5種類に拡張される点にも注目だ。

/

・KORG Gadget Le

/

・KORG Module Le for iPhone

/

・KORG Module Le for iPad



●Mac/Windows用ソフト

一世を風靡したKORGのシンセサイザー「M1」のソフト音源版「M1 Le」を始めとする各社のシンセ音源と、Propellerhead社の音楽制作ソフト「Reason Limited」が付属。また、Ableton社の音楽制作ソフト「Live」の50ドル割引クーポンも付属する。

/

・KORG Legacy Collection - M1 Le

/

・UVI Digital Synsations

/

・AAS Ultra Analog Session

/

・AAS Strum Session

/

・AAS Lounge Lizard Session

/

・Propellerhead Reason Limited

/

・Ableton Live 50ドル割引クーポン

 

 



価格と主なスペック

・価格
microKEY Air-25:オープンプライス(市場想定売価¥10,800 前後)
microKEY Air-37:オープンプライス(市場想定売価¥13,500 前後)
microKEY Air-49:オープンプライス(市場想定売価¥16,740 前後)
microKEY Air-61:オープンプライス(市場想定売価¥19,980 前後)

・鍵盤:ナチュラル・タッチ・ミニ・キーボード
・鍵盤数:25 (microKEY Air-25)、37 (microKEY Air-37)、49 (microKEY Air-49)、61 (microKEY Air-61)
・コントローラー:ジョイスティック、アルペジエーター・ボタン、サスティン / タップ・ボタン、オクターブ・シフト・ボタン (microKEY Air-25)ピッチ・ベンド・ホイール、モジュレーション・ホイール、オクターブ・シフト・ボタン (microKEY Air-37、49、61)
・オクターブ・シフト:-4~+4 (microKEY Air-25、37)、-3~+3 (microKEY Air-49、61)
・接続端子:アサイナブル・スイッチ (microKEY Air-37、49、61)
・無線方式:Bluetooth Low Energy (Apple Bluetooth Low Energy MIDI規格準拠)
・USB端子:B端子
・電源:単3形電池2本 (ワイヤレス接続時、アルカリ電池またはニッケル水素電池)、USBバス電源方式 (USB接続時)
・電池寿命:約30時間 (アルカリ電池使用時)
・消費電流:100mA以下
・付属品:USBケーブル、取扱説明書、KORG Software Bundle code、単3形電池2本 (動作確認用)

▼外形寸法 (W)×(D)×(H)
395 × 131 × 52 mm (microKEY Air-25)
565 × 139 × 54 mm (microKEY Air-37)
709 × 139 × 54 mm (microKEY Air-49)
850 × 139 × 54 mm (microKEY Air-61)

▼質量 (電池含まず)
670g (microKEY Air-25)
1.0kg (microKEY Air-37)
1.4kg (microKEY Air-49)
1.7kg (microKEY Air-61)

【動作環境 (ワイヤレス接続)】
・Windows:Windows 8.1以降(32bit/64bit)がインストール※され、Bluetooth 4.0に対応したPC※KORG BLE-MIDI Driverも必要
・Mac:OS X10.10 Yosemite以降がインストールされ、Bluetooth 4.0に対応したMac
・iOS:iOS8以降がインストールされ、Bluetooth 4.0に対応したiPad / iPhone

【動作環境 (USB接続)
・Windows;Windows 7 SP1以降 (32bit / 64bit)
・Mac:10.8 Mountain Lion以降
・iOS:iOS8以降

この記事の画像一覧

(全20枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP