東野圭吾氏の作家デビュー30周年を記念したベストセラー小説を映画化

アレクシス・フレンチが手掛ける映画『人魚の眠る家』オリジナル・サウンドトラック盤が発売!

アレクシス・フレンチが手掛ける映画『人魚の眠る家』オリジナル・サウンドトラック盤が発売!

2018/11/22


映画『人魚の眠る家』
アレクシス・フレンチアレクシス・フレンチ

 

11月16日(金)に公開され、大ヒット中の映画『人魚の眠る家』のオリジナル・サウンドトラック盤が11月21日発売となった。東野圭吾氏の作家デビュー30周年を記念したベストセラー小説を、『TRICK』『明日の記憶』『天空の蜂』の堤幸彦監督が実写映画化、篠原涼子と西島秀俊が映画初共演で夫婦役に挑む、映画『人魚の眠る家』(http://ningyo-movie.jp/)の音楽担当に抜擢されたのは、デビュー・アルバムがイギリスで3週連続No.1を獲得、ストリーミング再生は1億回超えと、シーンに彗星の如く登場した大注目の“癒しの天才ピアニスト”、アレクシス・フレンチ。映画の重要な場面で使われている挿入曲「ブルーバード」他、彼の優しく、シネマティックな彩りと癒しに満ちたピアノが、今年最大の衝撃作にして感動のヒューマンミステリーを美しく演出。是非映画と共にサウンドトラックもご堪能ください。

アレクシス・フレンチから日本の皆さんへのメッセージはこちら。
「日本の皆さん、私が音楽を担当した映画『人魚の眠る家』が公開となりました。この映画に関わることができたことを、心から光栄に思っています。そのストーリーに心動かされ、剥き出しにされた人間の感情とジレンマの表現は、映画の音楽を創作していく上で非常に影響を受けました。素晴らしいキャストの演技により、複雑な人間模様が紡がれていく様は、雄弁に感情に訴えかけ、抒情的でもあり、初めてこの映画を見た時、私の妻は涙を堪えきれませんでした。深く心打たれる映画に敬意を表して、私は消すことができない“魂”のメッセージをひとつの作品にしたかったのです」

アレクシス・フレンチはイギリス出身の作曲家、ピアニスト。英国の権威であるロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックを卒業。作風は優しくドラマティックで、癒しに満ちたピアノのメロディーが持ち味。2018年10月24日メジャー・デビュー・アルバム『エヴォリューション』を日本でも発売した。(詳しくはこちら:http://www.sonymusic.co.jp/artist/alexisffrench/

『エヴォリューション』のトレイラー映像はこちら
https://www.facebook.com/legacyjp/videos/2322051938022601/
https://twitter.com/SonyMusicLegacy/status/1063262471241101312

日本語でのメッセージ映像はこちら
https://twitter.com/AlexisFfrench/status/1055430316389736450


【作品情報】
●『人魚の眠る家 オリジナル・サウンドトラック』/音楽:アレクシス・フレンチ
The House Where The Mermaid Sleeps (Original Motion Picture Soundtrack) / Music by Alexis Ffrench
CD:2018年11月21日発売(SICX30064 ¥2,500+税 高品質Blu-spec CD2)
商品リンク:https://SonyMusicJapan.lnk.to/NingyoNoNemuruIe
【収録曲】
1 The Discovery (Main Theme)/ザ・ディスカヴァリー(メイン・テーマ)
2 The Call/ザ・コール
3 The Pulse of the Day/ザ・パルス・オブ・ザ・デイ
4 Hopeful Surprise/ホープフル・サプライズ
5 Returning Home/リターニング・ホーム
6 Possibilities Present/ポシビリティーズ・プレゼント
7 Changing Priorities/チェンジング・プライオリティーズ
8 When Truths are Told/ホエン・トゥルース・アー・トールド
9 Optimistic Sadness/オプティミスティック・サッドネス
10 Upon Presentation/アポン・プレゼンテーション
11 Looking for Wisdom/ルッキング・フォー・ウィズダム
12 Love and Desperation/ラヴ・アンド・デスパレーション
13 The Awakening/ ジ・アウェイキング
14 The Story Unfolds/ザ・ストーリー・アンフォールズ
15 The Sad Goodbye/ザ・サッド・グッバイ
16 Peace Follows Sadness/ピース・フォローズ・サッドネス
17 Looking Back/ルッキング・バック
18 The Devastating Confession/ザ・ディヴァステイティング・コンフェッション
19 A False Happiness/ア・フォルス・ハッピネス
20 The Struggle/ザ・ストラグル
21 Bluebird/ブルーバード〜愛のテーマ
22 Labyrinth/ラビリンス
 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP