福山雅治や谷村新司などの作品を手掛けるエンジニアが「録ったままが聴こえる」とコメント

ラックスマン「NEO CLASSICO II」の魅力を音楽制作集団「SIGN SOUND LLC」に所属するエンジニアの片倉麻美子が徹底チェック!

ラックスマン「NEO CLASSICO II」の魅力を音楽制作集団「SIGN SOUND LLC」に所属するエンジニアの片倉麻美子が徹底チェック!

2019/01/11


福山雅治、谷村新司、一青窈などの数々のレコーディングや「帝一の國」を始めとした劇伴の制作にも意欲的に取り組むエンジニアの片倉麻美子さん。今回、彼女がオーディオメーカーのラックスマンを訪問し、同社が満を持して送り出したA4サイズのスタイリッシュコンポNeo ClassicoⅡを徹底試聴。そのインプレッションをじっくりと語ってくれました。また、記事の後半では野村ケンジ氏による同モデルの製品レビューも掲載。どちらも必見です!

取材:編集部 撮影:小貝和夫 製品レビュー:野村ケンジ


◉ずっと音楽を聴き続けていたくなるNeo ClassicoⅡ

──Neo ClassicoⅡの第一印象はいかがですか?

片倉:見た目がシンプルでいいですね。色もやわらかいシルバーで。

小柳:小さくても本格的なオーディオ機器ということで、ラックスマンのハイエンド製品と同じようにフロントパネルやトップパネルなどに分厚いアルミを贅沢に使っています。外観だけでなく製品の内部で使っている部品や回路はもちろん、操作系のスイッチの感触にまでこだわっています。

片倉:本当だ、こういうのって大事ですよね。聴く前に欲しくなってしまいました。ルックスもそうですけど、どれだけこだわっているかということが大事ですよね。大きさもちょうどいいし。聴くのがすっごい楽しみですね。

Neo ClassicoⅡ 片倉麻美子さん試聴イメージ1

▲フロントパネルやトップパネルには肉厚のアルミを多用。精緻感と本物感に溢れたNeo ClassicoⅡの外観やスイッチ類の感触に、片倉さんは「聴く前に欲しくなってしまいました」とコメント。

──ではさっそく聴いていただきましょう。

片倉:最初に、先日私がレコーディングした松本英子さんの新しいアルバムの中から「ツミキ」を。今日はミックスしたばかりのマスタリング前のデータで持ってきました。

──Neo ClassicoⅡで聴かれた印象はいかがでしたか?

片倉:録音したときの「やったまんまが聴こえるな」。96kHz/24ビットで録った曲ですが、生の楽器を録っている部屋の音まで聴こえてきます。私は職業柄どうしても自分で録った曲のあら捜しをしてしまいますので正直怖いです(笑)。

──松本英子さんの楽曲は、どのような点を意識して制作されたのですか?

片倉:この曲はチェロ3本、バイオリン2本という編成に、生ピアノとシンセパッドが入っているんですが、まず始めのチェロのアンサンブルで曲に引き込むということですかね。あとは英子ちゃんのボーカルの世界観というか、曲の芯の部分をどう伝えるかということでした。

小柳:私はボーカルがすごく瑞々しく聴こえました。

片倉:ありがとうございます。実はこのボーカルは、ご本人の希望で仮歌をそのまま使っているんですよ。だから、その瑞々しい感じが出たんだと思います。悲しい恋愛の歌なんですけど、弦とピアノで「あぁ、いい思い出だったんだな」ということが伝われば成功です。

Neo ClassicoⅡ 片倉麻美子さん試聴イメージ2

▲試聴にはフランスの名門スピーカーFOCAL(フォーカル)社の「Kanta N°1」を使用。コンパクトな2ウェイシステムで多彩なカラーバリエーションが用意されている。

長妻:今回は96kHz/24ビットで録られたとのことですが、ハイレゾの音源だと、エンジニアの方が狙った音が見えやすくなると思います。

片倉:そうですね。ハイレゾは何よりも空気感と距離感だと思っていて。本当の息づかいも聴こえますけど、演奏の息づかいというか、「あっ、演奏している人たちは生きている人間なんだ」ってことも分かります。もともとレコーディングはハイレゾで録っています。それを44.1kHz/16ビットに押し込めることなく、そのまま聴いていただけるというのは嬉しいですね。2曲目に試聴したSinonさんの「my tomorrow」はCDなんですけど、ハイレゾの音源のように聴こえました。そのくらい正確にというか。Neo ClassicoⅡのポテンシャルの高さがそうさせているのだと思います。

──片倉さんは、普段はリファレンスCDなどは持ち歩かれているのですか?

片倉:はい、色々なスタジオやアーティストさんのプライベートなアトリエで作業するので、何枚も持ち歩いています。実は、今回もNeo ClassicoⅡを試聴させていただけると聞いて、チェック用にいくつか持ってきました。

──ではその中から何曲か聴いてみましょう。

片倉:まずは低域チェック用にジェイソン・ムラーズ『The Freedom Song』です。私はスタジオに来るといつも最初にこれをかけるんですが、たいていの場合はバスドラとベースが「ボンッ」て同時に聴こえるんですね。でも今回Neo ClassicoⅡで再生して初めて「あれ、バスドラムの位置と皮の感じがわかる。すごーいっ!」って驚かされました。相当正確に聴こえましたね。

Neo ClassicoⅡ 片倉麻美子さん試聴イメージ3

──次に、コールドプレイも聴かれてましたよね?

片倉:はい、「A Sky Full Of Stars」を聴きました。こちらの曲はリズム隊がドンって入ったところで、安いシステムだとコンプ感が目立つというか「フッ」と音が小さくなっちゃうんですね。いいシステムで聴くとそうなりません。Neo ClassicoⅡでは音がそのまま再生されていました。

──かなりマニアックですね。

片倉:ドナルド・フェイゲンの『ナイトフライ』みたいなスーパーミックスだと、正直どんなシステムで聴いても良く聴こえるんですけど、今日はあえてあら探し的に(笑)。

──その他にはどんな曲を?

片倉:ヘヴィなロックだとギターがどのように鳴るかを聴きたくて、パパ・ローチ『Last Resort』も試聴させてもらいました。この曲も 44.1kHz/16ビットで再生したのですが、やはりハイレゾを聴いているような感覚になりました。

──具体的にはどの辺りが?

片倉:いつもは3~4kHzあたりがギラギラするシステムで聴くことが多いので、最初は上品過ぎるかなと思ったんですけど、やっぱり美味しい部分は逃していないなと。これはスネアに掛かっているリバーブの響きにも感じました。正直言うと、普段使っているモニターだとこのリバーブの伸びている感じは分からないと思います。

小柳:実はそこが開発者の長妻の特長でもあるんです。

長妻:音がきれいに抜けるというか「バーン」となった時にピークが頭打ちになるのが嫌いなんですね。

片倉:たしかに。リミットが感じられないというか、これ本当に44.1(kHz)だったよなって思わされました。

長妻:楽曲の音が詰まらずにスッと伸びていく、余韻が残る、次の音が来る。その時の余韻の長さによって間が長くなったり短くなったりするように人は感じるんですね。そこが最適になるように余韻をコントロールした音作りを心がけています。

ラックスマン 開発本部本部長 長妻雅一さん▲ラックスマン 長妻雅一さん(開発本部本部長)

片倉:私の高級オーディオに対する勝手なイメージは、「ハイは綺麗に伸びるんだけど、ちょっと細かったり、大人しかったり、硬かったり」というモノだったので、この手のロックをかけると「あれ、腹にこないな」みたいになるかと思ったんです。でも、芯の部分はすごく残って聴こえました。それは何なんでしょうか?

長妻:真空管をアンプに搭載しているからだと思います。真空管アンプなので、アタックの鋭いところは出ないと言えば出ないんです。でもそれを出た感じにさせながら、音も詰まらせないというのがこの製品のコンセプトでもあるんですね。

──片倉さんは、試聴の最後にアデル『25』に収録されている「Hello」も聴かれてましたよね。

片倉:はい。すごくいいですね。この曲は何度も聴いていますし、ここがこう聴こえればいいんだというポイントがあるんですけど、そこを過ぎても止めないで最後までずっと聴いてしまいました。私たちエンジニアは、職業柄1ミリも聴き逃さないように集中してスピーカーから出る音を聴いているんですけど、それはそれで結構疲れちゃうんです。でもNeo ClassicoⅡで再生すると、ずっと聴いていたくなります。

小柳:ありがとうございました。最高の誉め言葉をいただいたと思います。日頃、イヤホンやヘッドホンで音楽を楽しまれている方々が多くいらっしゃいますが、そういう方にもぜひ本格的なコンポーネントで聴く音楽の世界を実際に体験していただければと思っています。

ラックスマン小柳剛之さん▲ラックスマン 小柳剛之さん(広報部部長)
片倉:私はエンジニアなので、自分が関わった音楽に、まずはどんな形でも触れて欲しいと思っています。自分も気に入って持っているヘッドホンがありますが、やはりエアー(スピーカー)を通さないと「正確なこと」は分からないと思っています。それと、科学的・技術的な点だけではなくて、スピーカーを通すことで音楽を他の誰かと共有できるということも大切なように思います。

──最後にあらためてNeo ClassicoⅡを試聴された感想をお願いします。

片倉:Neo ClassicoⅡで聴くと、私たちがレコーディングの際に感じた楽器との距離感、空気感が極めて正確に表現できることを実感しました。そして何よりもとにかく楽曲をずっと聴いていたくなったのが印象的でした。今日は「音楽は楽しむものだ」という原点をあらためて思い起こされました。貴重な体験をありがとうございました。
 

この記事の画像一覧

(全13枚) 大きなサイズで見る。

Neo Classico II 製品スペック

Neo Classico II

写真左:SQ-N150(真空管プリメインアンプ)
写真右:D-N150(CDプレーヤー)

■SQ-N150

定格実効出力:10W + 10W(6Ω)
入力:ライン 3系統 フォノ(MM/MC 1系統)
出力:スピーカー 1系統 ヘッドホン 1系統
消費電力:80W
外形寸法:297(W)x188(H)x251(D)㎜(ノブ・端子含む)
重量:12.4kg
付属品:電源ケーブル
標準価格:¥228,000(税別)
製品URL:http://www.luxman.co.jp/presspro/neo-classico2

■D-N150

再生可能ディスク:CD、CD-R
入力:デジタル 3系統(同軸RCA、光、USB Type B)
サンプリング周波数:同軸/光 32/44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz(16/20/24 bit)
USB 32/44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz(16/24/32 bit)
出力:アナログ 1系統(同軸 RCA) デジタル 1系統(光)
消費電力:12W
外形寸法:297(W)x98(H)x222(D)㎜(ノブ・端子含む)
重量:5.0kg
標準価格:¥188,000(税別)
付属品:電源ケーブル、リモコン
(SQ-N150の音量調整が可能)
製品URL:http://www.luxman.co.jp/presspro/neo-classico2

■試聴に使ったスピーカー
FOCAL(フォーカル) Kanta N°1(フランス)


形式:2 ウェイバスレフ型ブックシェルフ
再生周波数特性:46Hz ~ 40kHz
クロスオーバー周波数:2.4kHz
能率:88dB
インピーダンス:8Ω
外形寸法:234(W)x422(H)x391(D)㎜
重量:13kg(1本)
製品URL:http://www.luxman.co.jp/presspro/kanta-n1
 
片倉麻美子

片倉麻美子(かたくらまみこ)
プロフィール:1997年に㈱ミキサーズ・ラボに入社しキャリアをスタート。フリーを経て2018年にSIGN SOUND LLCとマネージメント契約を結ぶ。これまでに、谷村新司、福山雅治、斎藤工、井上鑑、一青窈、松本英子、藤原さくら、アニメ「サマーウォーズ」、映画「舟を編む」、「帝一の國」、ドラマ「弱くても勝てます」、等といったアーティストものから劇伴音楽まで、幅広く手掛けている。SIGN SOUND LLC(http://signsound.net/)

長妻雅一長妻雅一(ながつままさかず)
プロフィール:ラックスマン株式会社 開発本部 本部長 1987年入社、2009年より現職。過去の主な担当モデルは、DP-07/DA-07,D-500X’s,D-10,L-590A,L-509uなど。デジタルとアナログ回路の双方に精通。現在はラックスマンの開発総責任者。

 

小柳剛之小柳剛之(こやなぎたけゆき)
プロフィール:ラックスマン株式会社 広報部 部長 1996年入社、2017年より現職。入社以来21年間にわたって営業業務に従事。2011年から営業部部長として全国各地の販売店を訪問し、イベントにも多数参加。ユーザー目線に立った広報活動に注力。

 

野村ケンジ野村ケンジ(のむらけんじ)
プロフィール:ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、WEB媒体などで幅広く活躍。特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300モデル以上の製品を毎年試聴し続けるなど深い造詣を持つ。また、ハイレゾ音源についても様々な関わりを持っており、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、活動の幅をさらに広めている。

片倉麻美子さんが試聴に使用した音源

松本英子さんの新作アルバム
「Coloring Book」
1/23(水)発売
詳しくはhttp://eikomatsumoto.com/

関連する記事

PAGE TOP