福山雅治や谷村新司などの作品を手掛けるエンジニアが「録ったままが聴こえる」とコメント

ラックスマン「NEO CLASSICO II」の魅力を音楽制作集団「SIGN SOUND LLC」に所属するエンジニアの片倉麻美子が徹底チェック!

ラックスマン「NEO CLASSICO II」の魅力を音楽制作集団「SIGN SOUND LLC」に所属するエンジニアの片倉麻美子が徹底チェック!

2019/01/11

オーディオ評論家
野村ケンジによる「Neo ClassicoⅡ」製品レビュー


◉A4サイズのスタイリッシュボディーに本格コンポーネントの内容を凝縮

Neo ClassicoⅡ▲Neo ClassicoⅡ(写真左が真空管プリメインアンプ「SQ-N150」、写真右がCDプレイヤー「D-N150」)

 

ヘッドホンやイヤホンで音楽を楽しまれている音楽ファンは多い。しかし、リファレンスのホームオーディオシステムを持つことは、音楽を楽しむうえで、さらには音楽を作り上げていくうえでとても大切なことだと思っている。ヘッドホンでいつでも何処でも音楽を楽しめることはとても素晴らしいことだが、ヘッドホンでは正しい定位(声や楽器の位置関係)を再現できないし、奥行き感などの表現も厳しい。また、ヘッドホンではダイレクト感の高いピュアなサウンドを聴けるメリットがあると同時に、長時間聞き続けるのが厳しい“聴き疲れしやすい”サウンドとなってしまうデメリットもある。なによりも、アーティストやエンジニアがどんな音をどんな空間表現を作り上げているのか、どんな音を作り上げようとしているのか、しっかりと把握できるオーディオシステムでぜひ一度聴いてみて欲しい。そこでオススメしたいのが、LUXMAN(ラックスマン)の「Neo ClassicoⅡ」シリーズのコンポーネントだ。

Neo ClassicoⅡは、真空管プリメインアンプ「SQ-N150」とUSB-DAC内蔵CDプレーヤー「D-N150」とで構成されている。どちらもA4サイズのコンパクトなボディながら本格的なオーディオ製品としてのクオリティーを持ちあわせている。本格的なピュアオーディオ機器といえばかなりの大型サイズになるのが一般的だが、この「Neo ClassicoⅡ」シリーズは広めのデスクだったら設置可能なコンパクトさと、リビングにもマッチしてくれるスマートな佇まいを持ち合わせている。何よりも嬉しいのは、“ラックスマン”という老舗のオーディオブランドからこういったスタイリッシュなオーディオシステムがラインナップされた、ということだ。

ラックスマンといえば、オーディオ系に詳しい人であれば知らない人はいない老舗の日本ブランドで、実に90年を超える歴史を誇っている。メインとなっているのはアンプやプレーヤーなどの据置型の高級ピュアオーディオ機器だが、近年はヘッドフォンアンプやUSB DACなどのポータブルオーディオ機器もラインナップしていて、こちらにも人気が集まっている。そういった、音質に関しては絶対的な信頼度を持つラックスマンから、リビングオーディオと呼べるスマートな製品が登場してきたのだ。さりげないスマートな佇まいで、サウンドは一級品。現代のライフスタイルにマッチしてくれる、なんとも嬉しい製品だ。

 

◉話題のアナログ、ハイレゾなど幅広いコンテンツに高品位に対応

ちなみに、「Neo ClassicoⅡ」には先代にあたるモデルが存在しており(2007年発売)、こちらは第2世代モデルとなっている。とはいえ、先代は販売終了されて久しく、なによりも10年以上にわたる時間の流れはとても大きいのか、「Neo ClassicoⅡ」には格別といえるほどの進化が盛り込まれている。たとえばUSB-DAC内蔵CDプレーヤー「D-N150」は、CDドライブメカを一新し、同社「D-380(税別・29万円)」と同じアルメディオ製をチョイスすることで、正確で安定した読み取り性能を確保している。加えて、USB DAC機能も搭載し、TI製「PCM5102A」DACを採用することで192kHz/32bitまでのリニアPCMに対応する。ちなみに、PCとのUSB接続は、音質的なアドバンテージを持つアイソクロナス伝送に加えてインターフェース社のBulk Pet転送も採用するなど、更なる高音質の実現が追求されている。

D-N150リア

▲SQ-N150 同様、D-N150でも高品位な入出端子を採用。高品位な信号の受け渡しを行うとともに、デジタル入力は同軸、光、USB端子を装備し、話題のハイレゾにも対応。

一方で、同軸/光入力も用意され、テレビの光デジタル出力を繋ぐことも可能だ。また、出力端子はアナログRCAのほか、光デジタルも用意され、「D-N150」をCDトランスポートとして活用することもできる。こういった、音質追求とシステム想定を含めた使い勝手の追求が巧みに両立されているのは、ラックスマンならではの姿勢といえるだろう。

Neo ClassicoⅡ真空管

▲軍用真空管として定評の高かったチェコスロヴァキアのテスラの流れを汲むスロヴァキア製JJ社製の真空管を採用。すべての真空管にはLUXMANのブランドロゴがシルク印刷されており、同社によって選別されたことを示している。

メーター

▲SQ-N150のフロントパネルにはアナログメーターを配置。音楽の躍動感を視覚的に表現してくれる。

セレクター

▲SQ-N150のトップパネルに配置されている入力セレクター。3系統のライン入力に加え、MM/MCに対応するフォノ入力でアナログも本格的に楽しめる。あたかも高級カメラのスイッチ類を操作しているかのような操作感が心地良い。

もうひとつの真空管プリメインアンプ「SQ-N150」も、当然のようにクオリティアップと使い勝手向上が推し進められている。まず、アンプの音質にとって重要なポイントとなる真空管については、すべてスロヴァキア製のJJ製に統一することで部品の安定性を確保しつつ、「ECC83(12AX7)」2本と「EL84」4本の組み合わせで、10W+10W(6Ω)の出力を実現している。ちなみに、先代モデルではスピーカーも用意されていたが、今回のモデルでは特に用意されていない。というのも、「SQ-N150」は十分な出力を持ち合わせており、様々なブックシェルフ型スピーカーと組み合わせても充分に実力を発揮してくれるからだという。自分好みのスピーカーと組み合わせられるのは、大変ありがたい。また、内蔵フォノイコライザーも進化し、MMに加えてMCカートリッジにも対応している点も嬉しいポイントだ。

リア▲SQ-N150では、スピーカー出力端子を含めて高級オーディオグレードの入出力端子類を装備。コンパクトサイズでも本格派として細部にまでこだわっている。

 

リモコン▲D-N150に付属のリモートコントロールユニット。CDプレーヤの操作に加えてプリメインアンプSQ-N150の音量操作もできるシステムリモコンとなっている。アルミ製のボディーに加え、操作スイッチの感触の良さも特筆される。

◉アーティストが楽曲に込めた思いまで描き出すNeo ClassicoⅡ

さて、実際のサウンドを確認すべく、ラックスマンが輸入を行っているFOCAL(フォーカル)のブックシェルフ型スピーカー「Aria 906」と組み合わせて試聴した。とても端正な音。歪みや音色の変調を感じない、自然なサウンドキャラクターだ。また、ディテール表現もしっかりと伝わってくるため、音楽の細部までしっかりと把握することができる。アコースティックギターを聴くと、ピッキングの音は立ち上がり鋭く、胴鳴りの音は優しい広がり感を持つという、なんとも絶妙なバランスの演奏が楽しめる。女性ヴォーカルも、基本的にニュートラルでいて何処かにちょっとした甘くて柔らかい響きを持つ、魅力的な歌声を聴かせてくれる。

音場表現もなかなか良好だ。自然に広がる音場感で、ピアノの演奏などは、伸びやかで美しい音色とともに、ホールに広がる響きまでもしっかりと味合わせてくれる。とはいえ、美音に偏りすぎているわけではない。定位感も確かで、Jポップなどを聴いてもアーティストが意図したと思われることまで伝わってくるのが嬉しい。

このようにラックスマンの「Neo ClassicoⅡ」シリーズは、スマートな外観からは想像できない良質な、同時に心地よい響きを持つサウンドを存分に楽しませてくれる。今回のように、定評のあるスピーカーと組み合わせれば、その音楽の本当の姿がしっかりと把握できるし、同時にリラックスして音楽を存分に楽しむこともできる。しかも、どんな部屋でも決して邪魔にならない、スマートなボディサイズでデザインでこのサウンドを実現してくれているのだ。このあたりは、ラックスマンならではの魅力といえる。オーディオマニアだけでなく、日頃、ヘッドホンやイヤホンで音楽を楽しんでいる多くの人にもオススメしたい、とても魅力的な製品だ。
 

この記事の画像一覧

(全13枚) 大きなサイズで見る。

Neo Classico II 製品スペック

Neo Classico II

写真左:SQ-N150(真空管プリメインアンプ)
写真右:D-N150(CDプレーヤー)

■SQ-N150

定格実効出力:10W + 10W(6Ω)
入力:ライン 3系統 フォノ(MM/MC 1系統)
出力:スピーカー 1系統 ヘッドホン 1系統
消費電力:80W
外形寸法:297(W)x188(H)x251(D)㎜(ノブ・端子含む)
重量:12.4kg
付属品:電源ケーブル
標準価格:¥228,000(税別)
製品URL:http://www.luxman.co.jp/presspro/neo-classico2

■D-N150

再生可能ディスク:CD、CD-R
入力:デジタル 3系統(同軸RCA、光、USB Type B)
サンプリング周波数:同軸/光 32/44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz(16/20/24 bit)
USB 32/44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz(16/24/32 bit)
出力:アナログ 1系統(同軸 RCA) デジタル 1系統(光)
消費電力:12W
外形寸法:297(W)x98(H)x222(D)㎜(ノブ・端子含む)
重量:5.0kg
標準価格:¥188,000(税別)
付属品:電源ケーブル、リモコン
(SQ-N150の音量調整が可能)
製品URL:http://www.luxman.co.jp/presspro/neo-classico2

■試聴に使ったスピーカー
FOCAL(フォーカル) Kanta N°1(フランス)


形式:2 ウェイバスレフ型ブックシェルフ
再生周波数特性:46Hz ~ 40kHz
クロスオーバー周波数:2.4kHz
能率:88dB
インピーダンス:8Ω
外形寸法:234(W)x422(H)x391(D)㎜
重量:13kg(1本)
製品URL:http://www.luxman.co.jp/presspro/kanta-n1
 
片倉麻美子

片倉麻美子(かたくらまみこ)
プロフィール:1997年に㈱ミキサーズ・ラボに入社しキャリアをスタート。フリーを経て2018年にSIGN SOUND LLCとマネージメント契約を結ぶ。これまでに、谷村新司、福山雅治、斎藤工、井上鑑、一青窈、松本英子、藤原さくら、アニメ「サマーウォーズ」、映画「舟を編む」、「帝一の國」、ドラマ「弱くても勝てます」、等といったアーティストものから劇伴音楽まで、幅広く手掛けている。SIGN SOUND LLC(http://signsound.net/)

長妻雅一長妻雅一(ながつままさかず)
プロフィール:ラックスマン株式会社 開発本部 本部長 1987年入社、2009年より現職。過去の主な担当モデルは、DP-07/DA-07,D-500X’s,D-10,L-590A,L-509uなど。デジタルとアナログ回路の双方に精通。現在はラックスマンの開発総責任者。

 

小柳剛之小柳剛之(こやなぎたけゆき)
プロフィール:ラックスマン株式会社 広報部 部長 1996年入社、2017年より現職。入社以来21年間にわたって営業業務に従事。2011年から営業部部長として全国各地の販売店を訪問し、イベントにも多数参加。ユーザー目線に立った広報活動に注力。

 

野村ケンジ野村ケンジ(のむらけんじ)
プロフィール:ポータブルオーディオやホームオーディオなどのAV機器をメインに、専門誌やモノ誌、WEB媒体などで幅広く活躍。特にヘッドホン&イヤホンに関しては、年間300モデル以上の製品を毎年試聴し続けるなど深い造詣を持つ。また、ハイレゾ音源についても様々な関わりを持っており、TBSテレビ「開運音楽堂」やレインボータウンFM「かをる★のミュージックどん丼885」にレギュラー出演するなど、活動の幅をさらに広めている。

片倉麻美子さんが試聴に使用した音源

松本英子さんの新作アルバム
「Coloring Book」
1/23(水)発売
詳しくはhttp://eikomatsumoto.com/

関連する記事

PAGE TOP