2019年第1弾作品

majiko『COLOR』インタビュー

majiko『COLOR』インタビュー

2019/02/13


──それでは、今作『COLOR』についてお聞きします。どのようなコンセプトを設けて制作されたのでしょうか?

majiko:実は、今回のリリースは急に決まったお話で、本当は別の作品をこのタイミングで出すという裏事情もあったんです。なので『COLOR』というタイトルは、本来そちらにつけようと思っていて用意していたんです。私の “色” を出せたら良いなと。結果的に収録されているオリジナル3曲が『COLOR』に寄り添うかたちになりました。以前にリリースした『CLOUD 7』『AUBE』は “夜が明けるまで” 今回の『COLOR』は “朝になって空の色が分かってくる” というイメージですかね。

──1曲目のリード曲「狂おしいほど僕には美しい」ですが、Michael Kanekoさんの提供曲ですね。どのような経緯で収録されることになったのですか?

majiko:スタッフさんが「Michael Kanekoさんどう?」って紹介してくれて。アコースティックライブでご一緒したりはしてたんですが、楽曲提供に関しては今回が初めてです。最初に2曲目の「ミミズ」があって、「他2曲をどうするか?」というところで、この曲に決まりました。

──majikoさんから「こういう曲を作って欲しい」というオファーはされたのですか?

majiko:そうですね、最初に送られてきたデモは、16ビートでノれる感じだったんです。そこから「よりドラマチックに」という再オーダーをして、熱いロックな曲に仕上がりました。

──そのデモは、どのぐらいの完成度で聴いたのですか?

majiko:最初は、Michaelさんが「ラララ」で歌った状態のものでした。なので、歌詞は後からでしたね。

──提供曲と自身で作った曲とでは、歌う上で何か違ったことはあるのでしょうか。

majiko:そうですね、どこか必ず違う部分は出てきます。でも、歌を歌うことに変わりはなくて、ドラマチックさを上手く表現できたと思います。

──訴えかけるような歌詞とmajikoさんの叫びにも近い歌い方がスゴい印象的でした。

majiko:「心做し」や「ひび割れた世界」もそうですが、Michaelさんやファンのみんなも含めて私の叫ぶ感じが好きみたいで(笑)。なので、その気持ちも汲み取って叫びました。

──歌詞でお気に入りのフレーズを教えてください。

majiko:やっぱり “狂おしいほど僕には美しい” が、一番耳に残るし、頭に入ってくるというか。強いフレーズですね。「醜くても、いびつな存在でも、僕にとっては美しい存在なんだ」という響きがポイントです。

──個人的に、暗いところに光が差し込んでいるような印象を受けました。

majiko:MVの最後の場面は、ホテルで撮影したんですけど、ラストサビの “僕には美しい” で、締め切ったカーテンをバッと開けて、光が差し込むシーンがあるんです。まさに、おっしゃってるイメージに仕上がっています。

──MVは中国で撮影されたそうですね。

majiko:初の海外撮影だったんですけど、実は前日に行くことが決まったんですよ。「中国行くぞ」って言われて、内心「マジかよ」って。

──過密スケジュールですね(笑)

majiko:2日前にほのめかされたんですけど。2泊3日で行って、初日は移動して打ち合わせをしてさすがに疲れてたので、ご飯を食べて寝て。なので2日間で撮影しました。ちなみに、前々作「声」、前作「ひび割れた世界」「パラノイア」と同じく、林響太朗監督(DRAWING AND MANUAL)に撮っていただいたんですけど、とても楽しくて。笑顔が絶えない現場でした。

──どういったイメージで撮影されたのでしょうか?

majiko:ホテル以外にも、廃墟やキレイな美術館の外観など、色々なところで撮ったんですけど、全体を通して対比的なものを表現しています。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

シングル
『COLOR』

発売中


・初回限定盤

初回限定

CD+DVD
UICZ-9110
¥3,000(tax out)

【CD】
1.狂おしいほど僕には美しい
Music:Michael Kaneko Lyrics:Hiro-a-key Arrangement:Michael Kaneko
2.ミミズ
Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko, 木下哲
3.Scratch the world feat. GAGLE
Music:DJ Mitsu the Beats, majiko 
Lyrics:HUNGER, majiko Arrangement:DJ Mitsu the Beats
4.Don't You Worry 'Bout A Thing
Music & Lyrics:Stevie Wonder
5.HUSH
Music & Lyrics:Joe South


【DVD】
2018年11月7日「majiko ワンマンLIVE -Come on, LIVE or Regret-」の模様を収録
1.Learn to Fly
Music & Lyrics,Arrangement:荒井岳史
2.エスケイパー
Music:H ZETT M Lyrics:jam,majiko Arrangement:H ZETT M
3.ロキ
Music & Lyrics:みきとP
4.アガルタの迷い子
Music & Lyrics:sasakure.UK Arrangement:有形ランペイジ
5.ノクチルカの夜
Music & Lyrics,Arrangement:majiko
6.心做し
Music & Lyrics:蝶々P
7.ひび割れた世界
Music & Lyrics:小倉しんこう Arrangement:横山裕章
8.Avenir
Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko,木下哲
9.パラノイア
Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko,木下哲
10.世田谷ナイトサファリ
Music & Lyrics:みきとP
11.アマデウス
Music & Lyrics:ホリエアツシ Arrangement:みきとP
12.ミミズ
Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko,木下哲
13.
Music & Lyrics:haruka nakamura Arrangement:majiko,木下哲

詳細ページ

https://www.universal-music.co.jp/majiko/products/uicz-9110/



・通常盤

通常
CD
UICZ-5102
¥1,800(tax out)


【CD】
1.狂おしいほど僕には美しい
Music:Michael Kaneko Lyrics:Hiro-a-key Arrangement:Michael Kaneko
2.ミミズ
Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko, 木下哲
3.Scratch the world feat. GAGLE
Music:DJ Mitsu the Beats, majiko 
Lyrics:HUNGER, majiko Arrangement:DJ Mitsu the Beats
4.Don't You Worry 'Bout A Thing
Music & Lyrics:Stevie Wonder
5.HUSH
Music & Lyrics:Joe South

詳細ページ

https://www.universal-music.co.jp/majiko/products/uicz-5102/
【終了】
majiko presents
 「new EP “COLOR” Release Party ~Come on, LIVE or Regret~」

2019年2月11日(月・祝)
東京・キネマ倶楽部
開場17:00 / 開演18:00


今後のライブスケジュールについては

こちらをチェック
majiko(マジコ) プロフィール


1992年10月28日生まれのシンガーソングライター。

幼少の頃から音楽の溢れる家庭で育ち、高校の頃からソングライティングを始める。
2010年、友人の勧めで「歌ってみた」動画を「まじ娘(ルビ:こ)」という名義で投稿。
その圧倒的な歌唱力にネット上で大きな話題となり、シングル1枚、アルバム2枚をリリースする。
2017年2月、メジャーデビュー作となるミニアルバム「CLOUD 7」のリリースタイミングで名義を「majiko」へ変更する。
2018年3月、2ndミニアルバム「AUBE」をリリース。同年7月にはシングル「ひび割れた世界」(東海テレビ・フジテレビ系 オトナの土ドラ「限界団地」主題歌)をリリース。

オフィシャルサイト

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP