2019年第1弾作品

majiko『COLOR』インタビュー

majiko『COLOR』インタビュー

2019/02/13


──次に、majikoさんが作詞作曲を手がけている2曲目「ミミズ」についてお聞きします。この曲は、昨年、渋谷WWWでのワンマンで初披露された楽曲ですが、majikoさんが曲名を発表する際に客席がザワつきましたよね。お客さんは予想外だったんじゃないかと。

majiko:反応はある程度想定はしていたんですが、私も「だよね」って思いました(笑)。スタッフさんの間でも「(タイトル)ホントにこれでいいの?」って。まぁ、あんまり良いイメージはないですよね。でも、こういうあまりイメージの良くないモノの名前を曲名に使いたくて。この曲が例えば「青色の〜」とかキレイなタイトルだったら、私は絶対に「嫌だな」と思ってただろうし。

──タイトルは制作する最初の段階で出てくるものなのでしょうか?

majiko:いや、そういうこともなくて。歌詞が途中まで書けている状態で、干からびている死んでいるミミズを見つけて。それで「いいな」って、1コーラスだけ作ったデモに仮で「ミミズ」というタイトルにして。結果、しっくりきたのでそのまま採用しました。

──どのパートから作り始めたのですか?

majiko:まずはイントロから作り始めました。アンビエントみたいな雰囲気で、ギターが流れてきてベースが「デッデーデーデッデッ」という感じで。

──デモの段階で、ある程度完成形の状態まで制作されるのですね。

majiko:はい。メッチャ作り込んじゃうんですよ。アコギ1本で作ることもできるんですけど、見えているものは形にしたいというか。口で説明するよりも、耳で聴いた方が早いし。自分ができる範囲の要素は入れてしまって、プラス何かアイディアがあれば加える、という。

──コード進行についてはこだわりはあるのでしょうか?

majiko:私、コードが全然分からないんですけど、ベースで「この音だったら良いな」というのは分かるんです。Bメロとかも転調してるか分からないんですけど、てっちゃん(ギターの木下 哲)に「何でこういう風にしたの?」って聞かれたんです。でも、“勘” というか...(笑)。

──生まれ持った “感覚” ですね。

majiko:Bメロが「こっちに行きたい」と言ってるというか “メロディがそっちに行きたがってた” んです。

──本人だけが分かる感覚だと思います。

majiko:そうですね、音が呼んでるんです。

──曲作りを始めたころから、似たような感覚はあったのですか?

majiko:どちらかと言うとベースの音の方が聴こえるんですけど、「このベースだったら良いな」みたいな。

──そこからギターの音などを加えていくのですか?

majiko:その時によってバラバラ変わりますね。大体はギターなんですけど、思い浮かばなかったらピアノ、それもダメなら最終手段はベースという。

──1コーラスのデモの段階でボーカルのメロも入れてるのですか?

majiko:メロディは入れてありました。

──アレンジはmajikoさんと木下さんのお二人で手がけられていますが、どの程度の完成度で作業はされたのですか?

majiko:フルコーラスができて、歌詞も書き上げた状態です。今回は色々いじってはみたものの、「ストレートにギターロックとして出した方がいいかな」という決断に至って。それで、てっちゃんにギターを弾いてもらいました。

──歌詞についてですが、ミミズを人間に置き換えているように読み取りました。

majiko:そうですね、自分に置き換えて書きました。「土の中から出てきてもなお、地味だ」みたいな。

──個人的に、最後の明るくなるフレーズのところがグッときました。

majiko:ありがとうございます! スゴいうれしい。ここは最初のデモのアレンジと違っていて、てっちゃんが「ここはガラッと変えたいね」って。結果的にエモーショナルな雰囲気に仕上がりました。

──歌詞はAメロから順番にBメロ、サビ...の順番で書き上げたのですか?

majiko:はい、この曲は割とスラスラと書けました。時期は去年の夏ぐらいかな、いやもっとも前か。2年前の夏かも。当時、時間的に余裕があって、まったりしながら作ってた記憶があります。でも、私ってめんどくさい性格の人間なので、逆に皮肉とか鬱憤が溜まった内容の歌詞は結構早めにできます(笑)。

──続いて、3曲目「Scratch the world feat. GAGLE」ですが、いつぐらいに制作されたのでしょうか?

majiko:本当に最近ですね。EPのリリースが決まってから作り始めました。

──DJ Mitsu the Beatsさんとmajikoさんの共作ですが、どのような曲作りを?

majiko:Aメロのメロディとサビを少し変えさせてもらったぐらいで、基本はDJ Mitsu the Beatsさんに作ってもらいました。

──歌詞のクレジットはHUNGERさんとmajikoさんですね。

majiko:ラップ部分はHUNGERさんが書いてくれて、メロディが付いているAメロとサビは僭越ながら私が書かせていただきました。“モグラ” というキーワードに沿って、なおかつ『COLOR』を絡ませて歌詞を作りましたね。

──majikoさんは日本語ラップ初挑戦だったそうですが、女性らしい心地よいフレーズで聴き入ってしまいました。

majiko:良かった! 最初に録った時は棒読みみたいな感じで、スゴい難しくて。メロディはささっと終わったんですけど、ラップ部分は何度も歌い直しました。でも、和気あいあいとした現場で、笑いながら作業してましたよ。

──サビのメロディが優しさを持ち合わせたメロディなので、シビアな現場なんじゃないかと思いました。

majiko:あ、でもレコーディングのブースは真っ暗にしました。自分のスタジオでも結構やるんですけど、私暗いのが好きなんですよ。それで真っ暗にしてたらHUNGERさんもそのまま録り始めて。モグラの気持ちになってレコーディングしました。後付けですけど(笑)。ちなみにココ(取材場所)もちょっとだけ暗くしてもらってます。

──歌詞で一番気に入ってる部分を教えてください。

majiko:サビですね。ここは昔やっていた遊びが内容になってて、紙に色々な色を塗った上に、真っ黒なクレヨンでバーっとギッシリ書いて針で絵を書くっていう。それを “モグラ” に置き換えています。モグラって目が見えないじゃないですか。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

シングル
『COLOR』

発売中


・初回限定盤

初回限定

CD+DVD
UICZ-9110
¥3,000(tax out)

【CD】
1.狂おしいほど僕には美しい
Music:Michael Kaneko Lyrics:Hiro-a-key Arrangement:Michael Kaneko
2.ミミズ
Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko, 木下哲
3.Scratch the world feat. GAGLE
Music:DJ Mitsu the Beats, majiko 
Lyrics:HUNGER, majiko Arrangement:DJ Mitsu the Beats
4.Don't You Worry 'Bout A Thing
Music & Lyrics:Stevie Wonder
5.HUSH
Music & Lyrics:Joe South


【DVD】
2018年11月7日「majiko ワンマンLIVE -Come on, LIVE or Regret-」の模様を収録
1.Learn to Fly
Music & Lyrics,Arrangement:荒井岳史
2.エスケイパー
Music:H ZETT M Lyrics:jam,majiko Arrangement:H ZETT M
3.ロキ
Music & Lyrics:みきとP
4.アガルタの迷い子
Music & Lyrics:sasakure.UK Arrangement:有形ランペイジ
5.ノクチルカの夜
Music & Lyrics,Arrangement:majiko
6.心做し
Music & Lyrics:蝶々P
7.ひび割れた世界
Music & Lyrics:小倉しんこう Arrangement:横山裕章
8.Avenir
Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko,木下哲
9.パラノイア
Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko,木下哲
10.世田谷ナイトサファリ
Music & Lyrics:みきとP
11.アマデウス
Music & Lyrics:ホリエアツシ Arrangement:みきとP
12.ミミズ
Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko,木下哲
13.
Music & Lyrics:haruka nakamura Arrangement:majiko,木下哲

詳細ページ

https://www.universal-music.co.jp/majiko/products/uicz-9110/



・通常盤

通常
CD
UICZ-5102
¥1,800(tax out)


【CD】
1.狂おしいほど僕には美しい
Music:Michael Kaneko Lyrics:Hiro-a-key Arrangement:Michael Kaneko
2.ミミズ
Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko, 木下哲
3.Scratch the world feat. GAGLE
Music:DJ Mitsu the Beats, majiko 
Lyrics:HUNGER, majiko Arrangement:DJ Mitsu the Beats
4.Don't You Worry 'Bout A Thing
Music & Lyrics:Stevie Wonder
5.HUSH
Music & Lyrics:Joe South

詳細ページ

https://www.universal-music.co.jp/majiko/products/uicz-5102/
【終了】
majiko presents
 「new EP “COLOR” Release Party ~Come on, LIVE or Regret~」

2019年2月11日(月・祝)
東京・キネマ倶楽部
開場17:00 / 開演18:00


今後のライブスケジュールについては

こちらをチェック
majiko(マジコ) プロフィール


1992年10月28日生まれのシンガーソングライター。

幼少の頃から音楽の溢れる家庭で育ち、高校の頃からソングライティングを始める。
2010年、友人の勧めで「歌ってみた」動画を「まじ娘(ルビ:こ)」という名義で投稿。
その圧倒的な歌唱力にネット上で大きな話題となり、シングル1枚、アルバム2枚をリリースする。
2017年2月、メジャーデビュー作となるミニアルバム「CLOUD 7」のリリースタイミングで名義を「majiko」へ変更する。
2018年3月、2ndミニアルバム「AUBE」をリリース。同年7月にはシングル「ひび割れた世界」(東海テレビ・フジテレビ系 オトナの土ドラ「限界団地」主題歌)をリリース。

オフィシャルサイト

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP