2019年2月9日発売

槇原敬之がプライベートスタジオの全貌を公開! サウンド・デザイナー2019年3月号をチラ見

槇原敬之がプライベートスタジオの全貌を公開! サウンド・デザイナー2019年3月号をチラ見

2019/02/04


/

表紙&巻頭カラー22ページ大特集!


プライベートスタジオの全貌を公開!
槇原敬之

槇原敬之が実に2年2ヵ月ぶりとなるニューアルバム『Design & Reason』を2月13日にリリースします。編集部は今回の制作が行なわれた彼のプライベートスタジオ「Jingumae Buppu Studio」を訪ね、作曲・作詞・アレンジ術や、シンセなどのサウンドへのこだわりをたっぷりと語ってもらいました。

主なコンテンツ

・『Design & Reason』16,000字インタビュー
・ニューアルバム全曲解説
・楽曲分析「マッキーの名曲を聴くとなぜ泣けるのか?」
・槇原敬之のボーカル録音現場を直撃!
・槇原敬之のボーカルエフェクト術を公開!
・1992年当時の貴重な秘蔵写真を独占公開

/
/

50ページ総力特集

人気プロ4組が「歌いやすい環境」を作るノウハウ公開

ミュージシャンの
「ボーカル録音現場」を直撃!

宅録を始めてまず最初に訪れるハードルのひとつが、ボーカル録音でしょう。ギターやシンセなどはラインで録音できますが、マイクでいい歌を録るには、様々なコツが必要です。実際にプライベートスタジオで本チャンの歌を録っている4組のプロに取材をし、マイクセッティングや吸音対策、モニタリングの方法、喉のケアなどのテクを教えてもらいました。

主なコンテンツ

・プロのボーカル録音現場=JESSE(RIZE、The BONEZ)/
 GARNiDELiA/ wowaka(ヒトリエ)/
 NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)
・自宅で歌をうまく録る7つの要素
・エフェクティブなボーカルが聴ける名盤4選
・色彩豊かな現代のボーカルボイスをプラグインで再現!
・ボーカル録音に向いている便利アイテム大集合
・いい音で録れるコンデンサーマイク7選

/
注目コンデンサーマイク7本の試聴レポート付き

編集部オススメ
ボーカル録音アイテム大集合

この号の特集「ミュージシャンの“ボーカル録音現場”を直撃!」を読むと、ボーカル録音に興味が湧いてくる人も多いはず。そこで、エンジニアの小嶋“ojjy”淳一朗さんに、ボーカル向けのマイク7本をチェックしてもらいました。また、ボーカル録音に便利なアイテムもたっぷり紹介しているので、参考にしてください。

試聴したモデル

・アストン・マイクロフォンAston Origin
・sEエレクトロニクスsE2300
・オーディオテクニカAT2020
・ザイドPC-Me
・ペルーソP-414
・ルウィットLCT440 PURE
・ロズウェル・プロ・オーディオmini K47

/

登場アーティスト

SYU(GALNERYUS) / ORIGINAL LOVE / ミオヤマザキ

⬇︎ 3月号のご購入はこちらから

サウンド・デザイナー オンラインショップ
amazon(紙と電子版)
Fujisan.co.jp(紙と電子版)

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP