表紙&巻頭カラー大特集!

never young beachがプライベートスタジオで、ニューアルバム『STORY』を語る!サウンド・デザイナー2019年6月号をチラ見

never young beachがプライベートスタジオで、ニューアルバム『STORY』を語る!サウンド・デザイナー2019年6月号をチラ見

2019/04/26


 

never young beachがニューアルバム『STORY』を5月8日にリリースします。4人編成になってから初作品となる本作の作業は、阿南智史のプライベートスタジオで入念なプリプロを行ないながら進められました。その舞台となったスタジオを訪ね、インタビューと使用機材から、彼らの“懐かしいのに新しい”サウンドの秘密を探ってみました。

主なコンテンツ

・ニューアルバム『STORY』ロングインタビュー
・レコーディング中の貴重なオフショット公開
・阿南智史のプライベートスタジオに潜入 スタジオの全景を見開き2ページで掲載!
・ネバヤンサウンドの歌詞とコードワークの魅力を分析
・『STORY』の心地良いサウンドをプラグインで再現!

57ページ総力特集

プロ直伝!

ギタープロセッサー録音術

アンプにコンパクト型やラック式のエフェクターを組み合わせて、キャビネットを鳴らしてマイクで録る。以前は、それがプロのギター録音の常識でした。しかし近年では、ギタープロセッサーを積極的にレコーディングで使っているギタリストが増えています。6名のプロに取材をし、プロセッサーの魅力を掘り下げてみました。

主なコンテンツ

・プロのこだわり公開
 角松敏生
 野呂一生〈CASIOPEA 3RD〉
 本田 毅〈PERSONZ〉
 エンドウアンリ〈PELICAN FANCLUB〉
 青山陽一
 YOU〈DEAD END〉

・ギタープロセッサーの基礎知識
・ギタープロセッサーにトッピングすると効果的なアイテム
・プロセッサーでリアンプに挑戦!
・人気J-ROCKアーティスト14組の ギターサウンドを完全シミュレート!

自分に合ったモデルを見つけよう!

注目ギタープロセッサー9台の
音質と機能を徹底チェック!

近年ではデジタル技術も飛躍的に発達し、毎年優秀なギタープロセッサーの新製品が発売されています。そんな中から、話題を集めている9モデルを編集部がセレクト。ギター関連の機材の扱いに長けているライター/ミュージシャン5名に、各モデルのサウンドや機能を検証してもらいました。

試奏をした製品
・ズームG1X FOUR
・IKマルチメディアiRig Stomp I/O
・ムーアーPreamp Live
・ホットトーンAMPERO
・ヘッドラッシュGigboard
・ライン6 HX Stomp
・ポジティブ・グリッドBIAS Mini Guitar
・ボスGT-1000
・フラクタル・オーディオ・システムズAxe-FxⅢ

 

登場アーティスト

ドレスコーズ / PENGUIN RESEARCH / 雨のパレード


 

⬇︎ 6月号のご購入はこちらから

サウンド・デザイナー オンラインショップ
amazon(紙と電子版)
Fujisan.co.jp(紙と電子版)

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP