京都長岡京出身の5人組ロックバンドが2ndミニアルバムをリリース!

LOCAL CONNECT『7RAILS』インタビュー

LOCAL CONNECT『7RAILS』インタビュー

2016/04/06


京都長岡京出身の5人組ロックバンド、LOCAL CONNECT。彼らが2ndミニアルバム『7RAILS』を4月6日にリリースした。LOCAL CONNECTと言えば、昨年リリースされた「幸せのありか」がアニメ『俺物語!!』のエンディングテーマに抜擢されるなど、骨太のサウンドとツインボーカルで若者を中心に人気も急上昇中だ。ここでは、メンバー全員を迎えて本作に込められた思いやレコーディングでのエピソードなどについて聞いてみた。
取材:橋本周大(編集部)

7つのレール(曲)が繋がるという意味で『7RAILS』というタイトルにしました(by ISATO)

──まず、このバンドを結成した経緯について教えてください。

Daiki:僕達は高校の同級生で、1年生の時に学園祭に出るために召集されたメンバーなんです。まーきーとしゅうま、僕とISATOはそれぞれ中学の同級生なんですよ。ちなみに、当時のドラムは一昨年の暮れに抜けてしまいました。それで昨年、Natsukiが入り、前身バンドからLOCAL CONNECTへバンド名を変えて活動をしています。

──Natsukiさんも同じ高校に通われていたのですか?

Daiki:いえ、Natsukiだけは違くて、京都の後輩バンドでドラムをやっていたんです。ですが、バンドを抜けることになり、その時僕らのバンドもドラムが抜けることになり加入してもらいました。実は、前身バンドのライブにもよく遊びに来てくれてたんです。終わった後、感動し過ぎて泣きながら帰るくらい(笑)。

Natsuki:こんな顔したやつが一人で泣いてたんです(笑)。

Daiki:なので、もともと仲が良くて。ギクシャクすることもなくスムーズにバンドに入ってきてくれましたね。

Natsuki:自分が好きなバンドに入って欲しいって言われたので、迷うことなく飛び込みました。

──それでは、ここから本作についてお聞きします。今回の『7RAILS』というタイトルにはどういった意味が込められているのでしょうか?

Daiki:前作の『過去ツナグ未来』はスゴくストレートな楽曲たちを収録した作品だったんです。今回は7曲すべてが違うタイプの楽曲になっていて、曲が揃った時に “色々な視点から色々な人に向けた曲達だな” って思ったんですよ。もちろん全曲聴いて欲しいんですけど、 “この曲は好きやけど、この曲はあんま聴かへん” みたいな好き嫌いも出てくるだろうし。その中で、まったく異なる7つのレール(曲)が色々な人達に届いて、そのもとをたどると<LOCAL CONNECT>という存在がいるという意味を表現したくて。そうしたら、ISATOが “7つのレールが繋がるという意味で『7RAILS』にしたらどう?” という案を出したんです。それから話し合いを重ねた結果、『7RAILS』に正式決定しました。

──ISATOさんこのタイトルはすぐに思いついたのですか?

ISATO:そうですね。実は僕、タイトルを決めるのが個人的に好きなんです。“アルバムタイトルを考えてこよう” ってなった時にポーンって頭の中に出てきて。何気ないことなんですけど、僕はこういったタイトル決めなど細かいところにもメンバー全員がこだわれるかどうかで、作品が左右されると思っているんです。なのでメンバー間で意思疎通を図りながら、一つの答えにたどり着けました。

──この7曲の曲順はどのように決められたのですか?

Daiki:ある程度位置づけをイメージしながら曲を作って、最初12曲ぐらいだったところから7曲に絞ったんです。制作段階の始めから “バランス良くしよう” って綿密に話し合ったので、言い争うこともなく一発でこの曲順に決まりました。最初は攻めた「Gold」、最後はワイドに広がった「piece」で暖かい気持ちになってもらいたいという今作全体の繋がりが出来上がったと思います。

──その1曲目の「Gold」はDaikiさんが作詞作曲をされていますが、どのように作られたのでしょうか?

Daiki:この曲はメロディから作りました。それから歌詞をはめ込んでいった感じです。「Gold」だけは去年の頭ぐらいに作っていて、バンドを押したい気持ちをスゴく強く込めています。前作がポップめだったので、今回は激しい曲を入れたいなということで作りました。でも、歌詞はキャッチーで、言葉も入れやすくすることを意識しましたね。僕は曲作りをする時はサビから作るので、「Gold」もサビから作って、Aメロ、Bメロという順番で制作しました。ちなみに、ボイスレコーダーに録音した自分の鼻歌にコードを付けて、そこから広げていくという行程でやっています。

──メロディはどのような時に思い付くのですか?

Daiki:まったく音楽に集中していない時に出てきます(笑)。例えば、道を歩いている時やお皿を洗っている時とか。その方がスゴく良いメロが生まれるんですよ。逆にギターを持って “さぁ、作曲しよう!” って思っても一個も出てこなくて。
次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

2ndミニアルバム
『7RAILS』

¥1,667(税抜)
VPCC-81868


1. Gold
2. 沈丁花
3. ねぇ ねぇ
4. おやすみ
5. 内緒
6. コトバ と ココロ
7. piece

LIVE SCHEDULE

・4/10 (Sun) 大阪・LIVE SQUARE 2nd LINE
・4/13 (Wed) 東京・吉祥寺 CLUB SEATA
・4/14 (Thu) 東京・渋谷Milkyway
・4/15 (Fri) 京都・KYOTO MUSE
・4/17 (Sun) 徳島・club GRINDHOUSE
・4/18 (Mon) 香川・高松 DIME
・4/19 (Tue) 広島・CAVE-BE
・4/21 (Thu) 福岡・小倉 FUSE
・4/22 (Fri) 福岡・Queblick
・4/26 (Tue) 兵庫・神戸 ART HOUSE
・5/05 (Thu) 岡山・CRAZYMAMA 2nd Room
・5/09 (Mon) 宮城・仙台 MACANA
・5/11 (Wed) 群馬・前橋 DYVER
・5/12 (Thu) 山梨・甲府CONVICTION

【7RAILS リリースツアー ファイナルシリーズ】
・5/15 (Sun) 東京・渋谷 TSUTAYA O-Crest
・5/17 (Tue) 愛知・名古屋 CLUB UPSET
・5/22 (Sun) 大阪・梅田 Zeela

【7RAILS リリースツアー ファイナル ~7つの線路、運ぶ音~】
・6/11 (Sat) 京都・京都 MOJO
ONEMAN!!

LOCAL CONNECT(ローカルコネクト)

京都長岡京出身5人組ロックバンド。
L→R Vo.Gt.Daiki | Dr.Natsuki | Vo.ISATO| Gt.まーきー| Ba.しゅうま
2015年6月に発売されたデビュー1st Mini Album「過去ツナグ未来」に収録された「幸せのありか」は、2015年4月より日本テレビほかにて放送されたアニメ「俺物語!!」のエンディングテーマに新人ながら大抜擢される。
ISATO、Daikiによるツインボーカルが絶妙なコーラスワークを生み出す。
普偏なる王道を貫く魔法のメロディーが愛と平和の旅に誘い、人々を笑顔にする。色褪せることのない「情熱」が灯す希望の光・・・
さらなる進化を続けるロックコネクター LOCAL CONNECT!

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP