ワンタッチで使いやすい全ギタリスト必見のアイテム

【ギターとエフェクター(ペダルボード/エフェクターボード)の間がワイヤレスに!】ゼンハイザー「XSW-D PEDALBOARD SET」を使ってみた!

【ギターとエフェクター(ペダルボード/エフェクターボード)の間がワイヤレスに!】ゼンハイザー「XSW-D PEDALBOARD SET」を使ってみた!

2020/08/28

ギターとアンプの間をワイヤレス化できる「XSW-D Instrument Set」に続き(紹介記事はこちら)、今回編集部が試したのは、ギターとエフェクター(ペダルボード/エフェクターボード)までの間をワイヤレス化できるという「XSW-D PEDALBOARD SET」です。この製品を活用すれば、ステージやプライベートスタジオでもエフェクターの位置に縛られることなくギタープレイが可能になります。それでは早速、セットアップから見ていきましょう。


文:編集部 写真:小貝和夫

【使い方の手順 STEP1】
◉受信機と送信機の電源を入れ、ペアリングする!

「XSW-D PEDALBOARD SET」パッケージ内容
受信機と送信機をペアリング

まずはパッケージの中からストンプエフェクターのような形をした受信機と、ギターに取り付ける送信機を取り出してペアリングを行います。ペアリングは送信機の丸いスイッチを押せば簡単に行え、緑のランプが点灯すれば準備OKです。ちなみにバッテリーが足りなくなると赤いランプが点滅します。そういった場合は付属のUSB-C充電ケーブルで送信機を充電してあげましょう。

※パッケージの収録内容(写真左上より、6.3mmコネクター延長ケーブル、USB-A - USB-C 充電ケーブル、USB-C 充電ケーブル、受信機様の電源、XSW-Dペダルボード受信機、XSW-D 6.3mm送信機、ベルトクリップ、ラベル用カラーステッカー)
 

【使い方の手順 STEP2】
◉エフェクターの先頭に受信機、ギターに送信機を取り付ける

受信機の準備
送信機の準備

続いて、エフェクター類(ペダルボード/エフェクターボード)の先頭に受信機をセットし、ギターに送信機をつなぎます。
 

【使い方の手順 STEP3】
◉ギターを演奏する

ギターを演奏する

それではギターを弾いてみましょう。前回の「XSW-D Instrument Set」の記事でもご紹介しましたが、ゼンハイザーのワイヤレスシリーズはプロの機材で重宝されるアンテナダイバーシティ機能を搭載しています。電波が2波飛んでいるので音が途切れづらく、最適な条件であれば75mの送受信機範囲を誇ります。ギターを演奏してみた印象ですが、有線の場合とほとんど変わらないレスポンスでした。エフェクター周りは、どうしてもケーブルで煩雑になりやすいので、ギターとエフェクター間がスッキリするだけでも相当違います。この製品はかなりオススメですね!

チューニングも行なえる!

チューニングも可能・手順1
チューニングも可能・手順2

送信機のスイッチを押してランプをオレンジ色にすると、受信機をチューナーとして利用することもできます。ペダルボードの中に、受信機兼チューナーとして製品を活用する手もありです。

 

製品情報

XSW-D PEDALBOARD SET

価格:オープンプライス
※編集部調べ(税込 26,730円〜47,300円前後)
本製品は、9/30までプロモーション実施中

Amazon.co.jp https://www.amazon.co.jp/dp/B07SVXSHBK
イケベ楽器 https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/633195
イシバシ楽器 https://store.ishibashi.co.jp/ec/pro/disp/1/80-602125100
サウンドハウス https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/274256/
島村楽器 https://store.shimamura.co.jp/ec/pro/disp/1/mt0083314


 

この記事の画像一覧

(全8枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP