曲をゼロからアレンジする手順

アコギを重ねてコード感を加える(第8回「Bメロ:コードストロークを織り交ぜたサビへの橋渡し」)

アコギを重ねてコード感を加える(第8回「Bメロ:コードストロークを織り交ぜたサビへの橋渡し」)

2016/02/10


ここではアレンジの手順を紹介しましょう。メロディとコードだけのサンプル曲を、ミディアムテンポのJ-POPバラード風にアレンジするまでを解説していきます。
文・作編曲:平沢栄司

ギターは、アルペジオで弾くセクションとコードをかき鳴らすセクションを分けて、演奏に変化を付けています。おとなしい印象があるアルペジオはAメロなどの導入部に使い、力強さやグルーヴを感じさせるかき鳴らしのコードストロークを盛り上がるサビに使うことで、曲の展開にドラマ性が生まれます

自分でギターを弾けるなら、まずはコード進行を確認しつつ簡単な演奏パターンだけを決めておいて、リズム隊に合わせて弾き方を変えていけば、自然でノリのいいギターパートができ上がります。

これを打ち込みで作る場合は、ギターらしさを出すために細かな調整が必要なので、ギター専用の音源を利用すると、ギターのコードや奏法が簡単に再現できます。

0:38〜

出だしはキメのリズムに合わせてコードストロークを刻む。シンコペーションの手前の休符となるところにカッティングノイズを入れて(①)、リズム感を強調しているのがポイントだ。その後は再びアルペジオに戻って軽くクールダウンした後、8分刻みのクレッシェンドでサビへ向けて盛り上がりを作る(②)

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP