タカハシヒョウリを直撃! アナログテープ録音を駆使した待望のメジャー1stアルバム

オワリカラ『ついに秘密はあばかれた』インタビュー

オワリカラ『ついに秘密はあばかれた』インタビュー

2016/05/20

今回はずっとやりたいと思っていたアナログテープで録音を行ないました。

──「世界灯(ワールドライト)」という曲も歌詞とメロディが同時に生まれたのですか?

タカハシ:そうですね、この曲の原型は余計なことを何も考えずにすんなり出来たかな。曲によって作り方が違うのですが「世界灯(ワールドライト)」はアコギを弾いてサビから作りました。サビから作ってスタジオに持って行って、イントロの部分をみんなでセッションしながら作り、そこからサビに繋がるAメロ、Bメロを順番に制作しました。曲によって作り方が違うのですが「世界灯(ワールドライト)」はアコギを弾いてサビから作りました。でも、例えば激しめな「すごいコンサート」などはベースラインをセッションしながら仕上げていきましたね。12曲あったら12通りの作り方があった方が僕としてはバラエティ豊かで好きです。

──「世界灯(ワールドライト)」の歌詞は何を題材に書かれたのですか?

タカハシ:ただただ、素直に普通のことを言っています。“生きていけば生きていくほど、失われていくものというは必ずあって、そして昔のように輝くことはできなくなってくる。それでもまだ何か思い出にできるものを探していく。そういうものがあるから生きているんじゃないか” ということかな。

──「今夜のまもの」の歌詞の中に「ワールドライト」という言葉が出てきますよね。

タカハシ:曲同士がリンクしているというか、アルバム全体が同じ世界観を共有しているようにしたかったんです。それぞれの歌詞もある意味、同じようなことを描いていて、ただボールを投げる角度が違うだけなんです。なので「今夜のまもの」に「ワールドライト」という単語が出てきたりもします。

──この曲(「世界灯(ワールドライト)」)に関しては、歌録りの際はどうったことに注意しましたか?

タカハシ:まずは邪念がないようにしました。要するにずっと同じ曲を歌い込んでいると、こういう風に聴かせたいとか、こういう歌い方にしたいという気持ちになるんですよね。なので、それをとにかく無くすというか。例えば、自分が寝起きでボーッとしながら歌った時が一番ピュアなものじゃないかと、そういう素直なものじゃないとこの曲は伝わらないと思ったんです。だから何も考えずに、自分がこの曲を作っていた時、最初に口ずさんだナチュラルな感じに無心を心掛けましたね。まぁそれ自体が既に邪念じゃないかとも思うんですが(笑)。

──レコーディング機材は何を?

タカハシ:「世界灯(ワールドライト)」は、ギターはストラトで、アンプはBassmanです。エフェクターはXOTICの「BB Preamp」を使いました。今回のレコーディングでは「BB Preamp」と、先ほど話した「TS10」を使い分けることが多かったです。これらは普段ライブでも愛用していて、クランチ系は「BB Preamp」、リード系の曲では「TS10」ですね。

──では、他にレコーディングで印象に残ったことはありましたか?

タカハシ:今回はずっとやりたいと思っていたアナログテープによる録音を初めて行ないました。これまで、何か足りないなという気持ちがずっとあって。自分の中で考えた時に、“アナログテープだ” って思ったんです。70年代磁気テープってスゴくて、一度録ってそれを再生して流し込むためには、データではなく磁気で音が入っているだけなので、音源の元が1時間だとすると1時間を要するんです。なので待ち時間がとても長かったというのが印象的でしたね。 “あぁ、ビートルズやストーンズもこうやって待っていたのかな” って(笑)。

──アナログテープの良さとは何なのでしょうか?

タカハシ:僕は懐古主義的な意味合いでアナログテープが好きというよりは、とにかく聴き比べてみて、70年代後半〜80年代のレコードの音って一番スゴく良いと思っているんです。単純にパワーやムードがあるというか。なので今回リズムセクションなどはすべてアナログで録って、それをデジタルに置き換えて別のスタジオに持って行って編集するという作業をしました。ただ、アナログで録って、“昔の音みたいでカッコイイでしょ”ってなっても仕方がないと思っていたので、デジタルに置き換えてミックスするというのが良かったなと感じています。

──音がこもったりしませんでしたか?

タカハシ:確かにアナログレコーディングってテープが通っているので、どうしてもコンプ感が掛かるので、例えばハイ(高音)がぐっと抑えつけられた感じに聴こえるんです。ただ、ハイがスゴい出ているから尖った音が出るかといったら、そういうわけではないんです。実は低音の処理でいくらでも迫力が出せるし、それを補ったミッドの充実というかスネアやギター、ベースの上の方の音とかってアナログだとスゴいかっこいい音になるので良いバランスが取れたんです。
次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

ついに秘密はあばかれた(初回限定盤)(DVD付)

¥3,400(税抜)
TKCA-74355


【CD】
1. へんげの時間
2. 今夜のまもの
3. 世界灯(ワールドライト)
4. すごいコンサート
5. どうくつぐらしのススメ
6. ホモサピエンスは踊る
7. sign! sign! sign! sign!
8. 装備解除 in BED
9. ペヨーテ
10. もっかいさいしょから考えてみよう。
11. 裏の裏の裏の裏
12. new music from big pink


【DVD】
1. 今夜のまもの (MUSIC VIDEO)
2. シルバーの世界 (Live on Dec. 5, 2015)
3. swing (Live on Dec. 5, 2015)
4. 踊るロールシャッハ (Live on Dec. 5, 2015)
5. ドアたち (Live on Dec. 5, 2015)
6. Q&A (Live on Dec. 5, 2015)

ついに秘密はあばかれた(通常盤)

¥2,900(税抜)
TKCA-74359


1. へんげの時間
2. 今夜のまもの
3. 世界灯(ワールドライト)
4. すごいコンサート
5. どうくつぐらしのススメ
6. ホモサピエンスは踊る
7. sign! sign! sign! sign!
8. 装備解除 in BED
9. ペヨーテ
10. もっかいさいしょから考えてみよう。
11. 裏の裏の裏の裏
12. new music from big pink

オワリカラ

タカハシヒョウリ (vo.gt) from 吉祥寺
ツダフミヒコ (ba) from 尼崎
カメダタク (key) from 札幌
カワノケンタ(dr)  from 町田
※左上から時計回り

2008年結成。gt.voタカハシヒョウリの歌世界とメンバー4人のアンサンブルは激しく耽美、変幻自在。
「終わり」と「始まり」二つの言葉が示すとおり、ポップとアヴァンギャルド、未来と過去の架け橋となる「最重要」ロックバンド。

 

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP