80年代、宅録ブームをけん引したカセットMTRの名機「TEAC 244」とは?プロデューサー根岸孝旨が明かすアナログ多重録音の秘技! & 最新デジタルMTR「Model 16」の魅力に迫る!

80年代、宅録ブームをけん引したカセットMTRの名機「TEAC 244」とは?プロデューサー根岸孝旨が明かすアナログ多重録音の秘技! & 最新デジタルMTR「Model 16」の魅力に迫る!

記事に戻る

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
根岸孝旨(ネギシ タカムネ)


根岸孝旨(ネギシ タカムネ)

1961年9月28日生まれ。埼玉県出身のプロデューサー、ベーシスト。大学卒業後、ミュージシャンへの道を選ぶも厳しい現実に直面している時に、サザンオールスターズのベーシストのミッションが飛び込む。自由に根岸スタイルを表現したところ、桑田佳祐の目に留まり、サザンオールスターズで関口和之の代理を務めるなどしてミュージシャンとしての知名度を上げた。1989年には自身のバンドDr.Strange Loveを古田たかしと長田 進と結成。この3人で携わった藤井フミヤのツアーが評判を呼び、後の奥田民生へのサポートにつながる。1997年にメジャーデビューを果たした。
PAGE TOP