大阪発のガールズバンドが放つメジャーデビューシングル!

ЯeaL「秒速エモーション」インタビュー

ЯeaL「秒速エモーション」インタビュー

2016/02/26


関西を中心に人気急上昇中の現役高校3年生ガールズバンド“ЯeaL(りある)”。作詞作曲を手掛けるRyokoのポテンシャルの高さと4人の圧倒的なライブパフォーマンスが話題となり、デビュー前にも関わらず、すでにLINE公式アカウントのフォロワーも15,000人を越えている。ここでは、フレッシュ感満載の彼女達に、デビューシングル「秒速エモーション」にかける意気込みを聞いてみた。骨太で本格的なロックが好きな人は要チェックのガールズバンドだ!

取材:東 哲哉(編集部)

 

喧嘩の日の夜にできた曲が、3曲目の「スタートライン」なんです。


──「秒速エモーション」は最近できた曲とお聞きしましたが、デビューに向けて曲のイメージなど相当悩まれましたか?

Ryoko:デビューが決まってから100曲強くらい作りました。実は、その中で一番最後にできた曲が「秒速エモーション」で。

──デビューということで、色々と考え過ぎたのですかね?

Ryoko:そうですね。今まで曲は、自分の中でもその時々で最強だと思って出しているので、歌詞、バンドサウンド、歌メロディー、すべてにおいて、それらを超越したかったというか。あと、今回のデビュー曲は春にリリースだったので“桜”というコンセプトだけは先に決めていたんですね。桜自体は“ふぁ〜っ”としたほんわかしたイメージじゃないですか。でも、バンドサウンドは“ガツっ”とした感じにしたい思って。みんなが歌えて盛り上がれて、でも甘くなり過ぎない、時に切なくて。最終的に、これらすべてを叶えてできた曲が「秒速エモーション」です。

──曲は歌詞から作ったのですか、それとも曲と同時進行?

Ryoko:同時進行ですね。歌詞と曲を別々に書いちゃうと、なんか“こじつけた感”がでちゃって。歌詞を先に作ると、歌詞に沿ったメロディーができちゃうし、メロディーを先に考えるとそれに合わせた歌詞を作っちゃう。だから同時に出てきたもの、そのままがいいんです。

──具体的に言うと、どの部分から思い浮かんだのですか? イントロ、Aメロ、それともサビとか?

Ryoko:サビの“秒速で重なってトキが散る 夜桜の中で二人きり〜”の部分が先にできて、その次にAメロやBメロを考えました。でも、AメロやBメロのメロディーを別々に考えたので、キーが違うからそれぞれがうまくつながらなくって。なので、その時点ではボツ曲にしたんですよ。でも、みんなに聴かせたら好評だったので、構成やコードを考え直して。今に至る感じです。

──メンバーの皆さんは、最初に「秒速エモーション」のデモを聴いたときの印象はいかがでしたか?

Yurika:スゴいのきたなと思いました。サビ始まりのいい曲きたなって。

Aika:めっちゃ、新鮮やなって。なんか、爽やかな曲きたーって思いました。ボツ曲って聞いてたんですけど、そんなボツ曲に聴こえへんねんけどって(笑)。

Ryoko:今まで、デビューのために作った曲はその都度メンバーに聴いてもらってたんですけど、唯一この曲だけはメンバーには聴かせずに進行していたんですよ。

──Fumihaさんはいかがでしたか?

Fumiha:この曲を初めて聴いたときは、デモ曲という感じではなくて、すでに“これが完成系です”みたいな状態だったんですね。これ“ガチや”って思いました(笑)。

──本チャンのレコーディングまでは、どのくらいスタジオなどでリハーサルされたのですか?

Fumiha:事前にプリプロ(※)をさせてもらって。(※「プリプロダクション」の略で、本番レコーディングの前に行なう演奏や作業の準備のこと)

Ryoko:プリプロの後に2〜3回やって、もう本番みたいな。スケジュール的に切羽詰まってたんですよ。

──編曲を担当された渡辺さんとのやり取りで、何か印象的だった出来事などはありますか?

Ryoko:自分のイメージと一緒に、細かい構成や、Aメロ、Bメロ、サビがうまくつながらないことなども相談して。そうしたら、すぐに渡辺さんがギターやドラムなどの入ったデモを作ってくださって。自分が思っていた通りに仕上がってきたので、“サスガっ!”て思いましたね。

──メンバーの皆さんは、デモ曲の演奏はいかがでしたか?

Yurika:今までより難しいフレーズもあって、こんなん弾けるんか〜?って(笑)。

──では、その後にかなり練習したんですね。

Ryoko:実は紆余曲折ありまして。

──というと?

Ryoko:さっきも話したようにプリプロの後にすぐレコーディングだったんですけど、プリプロのときに色々あって喧嘩しまして。

Aika:喧嘩の最後は全員で号泣してね。

Fumiha:ほんと。まさに号泣で。

Ryoko:で、その喧嘩の日の夜にできた曲が、3曲目の「スタートライン」なんです。

 

次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

「秒速エモーション」

1,300円(税込)
SECL-1858
[初回仕様] 3/27(日)大阪城野外音楽堂で開催されるデビューイベント参加券封入


1.秒速エモーション
2.Outsider
3.スタートライン
4.秒速エモーション ~Instrumental~

ЯeaL(リアル)

大阪発!現役高校生ガールズバンド”ЯeaL(りある)”
2012年12月8日に大阪にて結成。
圧倒的なパワーを持つライブパフォーマンスと楽曲と存在感が話題となり、関西地区を中心に人気急上昇中の現役高校三年生四人組ガールズバンド。
2014年7月に大阪・阿倍野ROCKTOWNで行われた初ワンマンはSOLD OUT記録、2015年3月に大阪・心斎橋Music Club JANUSで行われた2ndワンマンも大成功を収める。さらに2015年8月には「SUMMER SONIC 2015」に出演するなど、その勢いはとどまるところを知らない!
昨年12月にリリースされた初の全国流通盤『Change Your ЯeaL』は、作詞作曲を手掛けるRyoko(Vo./Gt.)の、ポップメイカーとしてのポテンシャルの高さと、現役高校生であることを忘れさせるほど圧倒的で突き抜けた楽曲が話題となりスマッシュヒット。
10代のガールズバンドが発するサウンドとは思えないグル―ヴィーかつ骨太でストレートなロックサウンドと、Ryokoの甘くて切ない歌声と10代の赤裸々な想いを綴った歌詞のアンバランスさが心地よい、まさに10代の“リアル”が詰まった作品となっている。
2016年3月には、SMEレコーズよりメジャーデビュー。デビュー直後の3月27日(日)に、大阪城野外音楽堂でのレビューレコ発イベント「ЯeaL "至上最大無謀なデビューレコ発ライブ" at 大阪城野音 ~ゆずれない想いが野音にある!~」の開催が決定!
ガールズバンドファンのみならず、シーンの内外から熱い注目を集めている”ЯeaL”からますます目が離せない!


“ЯeaL (リアル)”Яは「やー」or「ろしあもじ」or「ろしあ」で変換!


オフィシャルサイト

ライブ情報

ЯeaL "至上最大無謀なデビューレコ発ライブ" at 大阪城野音
~ゆずれない想いが野音にある!~


【日時】
  2016年3月27日(日)
  開場14:00/開演15:00
【会場】大阪城野外音楽堂
【チケット】無料(1ドリンク代500円別途)

関連する記事

PAGE TOP