ボーカル録音などに最適なおすすめモデルが大集合

今、注目すべき7本のマイクをプロのエンジニアが徹底レビュー!

今、注目すべき7本のマイクをプロのエンジニアが徹底レビュー!

2019/04/02


アストン・マイクロフォン
Aston Origin

オープンプライス(¥43,000前後)

問:ローランド㈱お客様相談センター
TEL:050-3101-2555 https://www.roland.com/jp/

/

 

スッキリしたローエンドの質感と、密度の濃いU87系の中域が魅力

小ぶりな印象ですが重さはしっかりとあって、ボディの仕上げもリッチな感じがします。本体内にポップフィルターが内蔵されているのも便利ですし、メッシュグリルはルックス的に高級感も醸し出していますね。

それらの影響もあってか、高域がすごく落ち着いていて、ピーキーにならないんです。コンデンサーマイクの特徴としてよく言われる「フラットな周波数特性」というよりは、中域の密度が濃くて、音質的にはノイマンU87に近い感じがしました。なので、U87系の音が欲しいという人にオススメです。

録り音も非常に扱いやすくて、EQの乗りもすごくクリアですね。空間系エフェクトもしっかりとかかってくれました。ローエンドがスッキリしているので、ボーカルはもちろん、ウッドベースやアコギとかの生楽器や、エレキのアンプ録りでも試してみたくなりました。

レコーディングで使うなら、女性ボーカルを録ってみたいです。女性特有の周波数帯が、おいしい中域にうまく落ち着いてくれそうで、重心がグッと下がって音がまとまると思います。

あとは、サスペンションがなくてもマイクスタンドに直接装着できる仕組みになっていて、開封してすぐに使えるのも好印象でした。ただ、歌録りであればそのまま使えますが、楽器の録音ですごく繊細に角度を狙う時には、サードパーティのサスペンションを使えば、よりいい結果が得られると思います。

ジャンル的にはポップスやアコースティックな曲調にマッチするでしょう。オケの中に入れても抜けてきますし、際立ち過ぎることもないため、どのマイクを使おうか悩んだら、これを使っておけばまず間違いがない1本です。
 

/

↑本体の底面には、マイク端子の他にスタンドアダプターを装備している。フカレ防止のポップフィルターや、ショックを吸収するメッシュヘッドを内蔵している特殊な設計のおかげで、ショックマウントを用意することなくスタンドに直接セットできるのがうれしい

 

ミュージシャン's Voice

以前からラッパーの先輩に勧められていたので、このマイクの試奏が楽しみでした。

実際に使ってみると、録りの際にモニターで聴いている時はバランスがいいサウンドで、録った後の音はキレイで解像度が高い印象を受けました。なので、声が低い人よりは、高い人に向いているのではないでしょうか。繊細なだけではなくて、かなりガツンと来る音でもありますし、歌いやすいので、歌っている時の気持ちをそのまま反映できるマイクだと思います。

自分の場合、家で録ったデモがそのままCDになることもあるので、こういう質の高いマイクが1本あるとうれしいですね。
 


 

【製品概要】「Aston Origin」は、編み込み式のポップフィルターを内蔵すると共に、高い堅牢性を実現するダンブル加工が施された、ユニークなデザインが特徴のモデルだ。
音のレスポンスが向上するトランスレス構造を採用することで、ウォームかつナチュラルなサウンドを実現。ボーカルやアコギ、ドラムなど、繊細な表現を行なうパートの録音に最適だ。

【SPEC】●指向性:単一指向性 ●周波数特性:20Hz~20kHz (±3dB) ●最大入力音圧レベル:127dB(THD0.5%) ●感度:ー32.5dB(0dB=1V/Pa 1kHz) ●等価ノイズレベル:18dB ●出力インピーダンス:200Ω ●外形寸法:長さ=125mm/直径=54mm ●重量:450g

次のページ »

この記事の画像一覧

(全21枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

試奏マイク一覧

/

 

/

 

/

 

/

 

/

 

/

 

/

 

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP