ボーカル録音などに最適なおすすめモデルが大集合

今、注目すべき7本のマイクをプロのエンジニアが徹底レビュー!

今、注目すべき7本のマイクをプロのエンジニアが徹底レビュー!

2019/04/02


sEエレクトロニクス
sE2300

¥43,000

問:㈱フックアップ 
TEL:03-6240-1213 http://www.hookup.co.jp

/

 

幅広いジャンルに対応できる、ふくよかで伸びのいいサウンド

まず、見た目ががっしりしていて、信頼感がありますね。ブラックの精悍でシャープな感じがカッコいいです。ポップガードが付属していて、一般的なものであればマイクスタンドに装着しますけど、これは付属のサスペンションに差し込んで取り付けられるのが便利ですね。

サウンドは見た目通り耐圧性が高くて、どんな音が入ってきてもしっかりと受け止めてくれる印象でした。ダイナミックレンジが広くて、かつ原音再生能力が高く、スピード感もあります。ローとハイの伸びが良過ぎて、逆に「中域が足りないかな?」と勘違いしてしまうくらいでした。ダイアフラムが大きいマイクは、瞬間的な音への反応が苦手な傾向にあるのですが、本機はそういう音もキレイに収音してくれて、全体的なバランスの良さは特筆ものです。

ローがすごく出ているので、音源によってはローカットスイッチを入れることをオススメします。ミックスでは録り音の中域を少しだけブーストしてあげると、オケに入れても存在感が出せると思います。エフェクトは、特にEQが素直にかかってくれるので、音作りや調整に困ることはないでしょう。

ボーカルのオンマイクからアンビエント用のオフマイクまで、色々と活用できそうです。ジャンルは特に選びませんが、このマイクの特性である、豊かでふくよかな音質は、スロー〜ミディアムテンポの曲にすごくマッチしそうですね。
 

/

↑専用のポップガードとショックマウントが付属しており、ポップガードはショックマウントに差し込むだけという手軽な設計になっている。また、ホルダーの交換用ゴムが用意されているのもありがたい。


 

ミュージシャン's Voice

パッと見た瞬間に「これはいい」と感じたくらい、見た目がカッコいいですね。重さもずっしりしていて、安定感があります。

録音している時はすごく歌いやすくて、モニターから返ってくる音にもまったく違和感がありませんでした。録音したテイクを後から聴いても、「音が安定しているな」という印象です。シャウト系の歌い方をしてみても、うまくまとまってくれるんですよね。少し離れて歌ってみても音質が一定だったので、色々な歌い方を試してみましたが、ラップよりは普通にメロディを歌うボーカルとの相性がいいと思います。

音もルックスも、正統派のマイクでした。
 


 

【製品概要】「sE2300」は、数々の受賞歴を誇っている同社のコンデンサーマイク「sE2200」の洗練されたサウンドはそのままに、機能面でのさらなる充実が図られたモデルだ。より短く最適化された信号経路の開発や、カスタム設計の出力トランスの採用などにより、音の明瞭さが格段に進化している。また、指向性を3段階で切り替えられるようになった。

【SPEC】●周波数特性:20Hz〜20kHz ●指向性:無指向性/双指向性/単一指向性(スイッチで切り替え可) ●コントロール:ローカットフィルター(80/160Hz切り替え、6dB/Oct)、パッドスイッチ(10dB/20dB)
●外形寸法:51mm(直径)×215mm(長さ)   ●重量:611g

次のページ »

この記事の画像一覧

(全21枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

試奏マイク一覧

/

 

/

 

/

 

/

 

/

 

/

 

/

 

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP