オーディオ評論家の野村ケンジさん、音楽エンジニアの間瀬哲史さんも太鼓判を押す音質の良さ!

【スグレモノ発見!】
campino audio「CP-SP500H」徹底レビュー

【スグレモノ発見!】 campino audio「CP-SP500H」徹底レビュー

2016/10/28

 

◎音質や活用方法をプロの視点で解説!

オーディオ評論家の野村ケンジさんの製品解説に続き、ここからはサウンド・エンジニア間瀬哲史さんの「CP-SP500H」試奏インタビューをお届けしよう。教授こと、あの坂本龍一さんのツアーにも同行した経験を持つ間瀬さんの反応は果たして!?


campino audio「CP-SP500H」間瀬哲史試聴イメージ
ナチュラルで分離感に優れた音が魅力
 

──まず「CP-SP500H」の第一印象はいかがでしたか?

間瀬:重量感もあって、しっかりできているなと。あと、パッと見たときに、メニューのボタンもわかりやすく配置されているなと感じました。

──今回、どのような環境で製品を試聴されたのですか?

間瀬:まずは、iPhoneの出力を「CP-SP500H」の「AUX」につないで、僕がリファレンスとしている曲(キザイア・ジョーンズ「Million miles from Home」、ホリー・コール「I Can See Clearly Now」など)を何曲か聴いてみました。ハイレゾをうたっているスピーカーだけあって、音のクオリティは充分だと思います。他社のモデルでは、低音が強調されているものも多く、そういった製品と比べると低域はかなりスッキリしていますね。個人的には低域が強過ぎると聴いていて疲れるし、このナチュラルな方向性は好きです。

──ボーカルの聴こえ方などはいかがでしたか?

間瀬:中高域に関しては、分離も良くてすごく聴きやすいですね。リファレンスで聴いていた楽曲は、定位感もあったし細かいパーツまで確認できました。あと、先ほど低域がスッキリしていると言いましたが、「CP-SP500H」は背面方向に低域のパワーが出ているので、製品を壁に近づけると音が反射されていい感じにローが増強されます。
 

リスニング用だけではなく、音楽制作にも使える
 Bluetooth対応スピーカー
 

campino audio「CP-SP500H」間瀬さんDAWソフトでの試奏

 

──今回、エンジニアのお仕事でも「CP-SP500H」を活用したとお聞きしましたが。

間瀬:そうなんですよ。僕は普段、ミックスやオーディオの仕込みをインイヤーモニターで行なうことも多いのですが、やっぱり耳も疲れやすくて。で、今回MacBookの音をBluetoothで「CP-SP500H」に飛ばしてみたんです。すると、問題なく使えて。歌のエディットやタイミングの修正なんかも疲れずにできました。

──音楽ソフト(DAWソフト)は何を使われたのですか?

間瀬:色々なDAWソフトを検証してみたのですが、apple純正の「Logic Pro X」や「GarageBand」で問題なく使えましたよ。Bluetoothのおかげでスピーカーを手軽に持ち出せるので、ミュージシャンと確認作業をしたり、打ち合わせにも使えて便利です。よく考えてみると、今まで音楽制作環境でBluetooth対応のインターフェイスを使うという発想自体がなかったのですが、そういった意味では今回の試奏で新たな発見になりました。自分でも「あぁ、この使い方いいなぁ」と(笑)。

──それはマニュアルにも書かれてない使い方ですよね。

間瀬:はい。僕も今回の試奏で色々と試す中で発見しました。スタジオ作業が続いていると、ヘッドホンやモニタースピーカーだけでなく、わざと環境を変えて小さいスピーカーで確認したりもするんですね。昔はラジカセで試したこともありましたが、今後は「CP-SP500H」のようなBluetooth対応のスピーカーでチェックする時代が来ると思います。

この記事の画像一覧

(全30枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

この企画のコンテンツ(目次)

※クリックすると記事が表示されます
http://tunegate.me/P20161018005_PRE/page6
http://tunegate.me/P20161018005_PRE/page6
http://tunegate.me/P20161018005_PRE/page6
http://tunegate.me/P20161018005_PRE/page6

専用ケース・キャンペーン実施中

ただいま、専用ケースをプレゼントするキャンペーンを実施中です(スピーカーと同時購入で無料になります)。詳しくはこちらをチェック!

製品情報

Hi-Res Portable Speaker
ハイレゾポータブルスピーカー
CP-SP500H
価格:¥14,800

メーカーページはこちら
Amazon購入ページはこちら
 
ブラック/Black
シルバー/Silver
SPEC

【スピーカー部】
・スピーカー
 フルレンジ×2 ツイーター×2 パッシブラジエーター×2
・再生周波数特性 80Hz〜40kHz以上
【アンプ部】
・出力 フルレンジ:5W+5W 8Ω
 ツイーター:2W+2W 8Ω
【マイク部】
・形式・特性 エレクトリックコンデンサーマイク
 全指向性
【Bluetooth】
・Bluetooth規格 Version4.2 ※1
・通信距離 約10m(出力:Class2) ※2
【接続】
・インターフェース ø3.5mmステレオミニジャック
 電源ジャック
・対応プロファイル A2DP、AVRCP HFP、HSP
・コーデック SBC、aptX、aptX LL、AAC
・対応コンテンツ保護 SCMS-T方式
・登録デバイス数 最大8台(同時接続2台)
【電源部・その他】
・内蔵充電池 リチウムイオン電池 7.4V/2,500mA(18.5Wh)
・電池持続時間 約4時間 ※3
・外形寸法 230(W)×70(D)×69(H)mm
・付属品 ø3.5mmステレオミニケーブル(1m)
・ACアダプタ 取扱説明書
・保証期間 24カ月


※1:Android バージョン5.0.0以上の端末に対応。
※2:通信距離は使用環境により変わります。
※3:温度や使用状態により、
上記の時間と異なる場合があります。

 

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP