api 500モジュール実力診断

【プロエンジニアがレビュー】ブラック・ライオン・オーディオ「Auteur MkⅡ 500」

【プロエンジニアがレビュー】ブラック・ライオン・オーディオ「Auteur MkⅡ 500」

2017/06/14


原音に何も足さず、何も引かないレンジの広いフラットな音が持ち味

マイクプリ
ブラック・ライオン・オーディオ
Auteur MkⅡ 500

オープンプライス(¥46,000前後)
問:㈱エムアイセブンジャパン
https://www.mi7.co.jp/bla/



 

照内:とてもシンプルなツマミ構成で、僕が考える理想的なデザインですね。余計なものが付いていないから、すぐにイメージ通りの音が作れました。
高根:音質的には色付けがないピュアなサウンドですね。マイクから入ってきた音をそのまま増幅してくれている感じです。
照内:ただ、その分ダイナミックレンジが広いので、ピークを超ええないように録音するのは、初心者には難しいかもしれないです。
高根:味付けのない音なので、録音する時のマイクのチョイスとか、マイキングの良し悪しがもろに音に出ますからね。なので、これを使っていい音を録る練習をするといいかもしれないですね。
照内:逆にこれを使っていい音で録れるようになれば、一人前だと言っていいと思いますね。それくらい原音に忠実な音で録れるマイクプリだと思います。
高根:生ドラムをマルチで録る時にはマイクプリが複数必要になるので、こういうコスパが高いモデルはうれしいですね。

製品概要
「Auteur MkⅡ 500」は、同社の「Auteur MkⅡ」をapi 500シリーズに対応させた、シングルチャンネルのマイクプリだ。ボーカルやアコギなどの、原音のディテールとニュアンスを余すことなく伝えるハイスピードな入力段と、信号に独特の特性を加えるケイ素鋼を採用した出力トランスを搭載することで、厚みのあるサウンドを実現している。

【SPEC】
●コントロール:ゲイン(最大+67dB)、ファンタム電源、フェイズスイッチ、パッドスイッチ(−13dB)、Hi-Zスイッチ ●最大出力レベル:+28dBu ●電源:API 500シリーズ互換の別売電源ラックから供給



SOT[Saunaで数えるOneからThousand]

【試奏環境】
マイクプリ系のモデルはソニーC-800Gというチューブ・コンデンサーマイクを使って、女性ボーカルとアコギをアビッドPro Toolsに収音してチェックをしました。EQやコンプ、トランジェントシェイパーは、キックやスネアなどの、すでにレコーディングしてある色々な素材を再生して、それにかけて試しています。ドラムの各パーツ以外にも、ベースとかの色々なパートでチェックをしてみました。ちなみに、モニタースピーカーはヤマハのNS-10Mで、ヘッドホンはソニーのMDR-CD900STとグラドのSR60eを使っています。ヘッドホンは、SPLの2Controlというモニターコントローラーに接続しました。

【試奏を行なったエンジニアProfile】
2016年結成。高根晋作、福原 充、照内紀雄からなるレコーディングエンジニア・ユニット。その類い稀なるセンス、確かな技術と経験に裏打ちされた大胆かつ繊細なサウンドメイキング、迅速で的確なオペレーション、チームの強みを活かした効率的なプロダクションによりMINMI、グループ魂、でんぱ組.inc、YUKI、amazarashi、GReeeeN、私立恵比寿中学、POLYSICSなど、ジャンルを超えた様々なアーティストの作品を手掛け、絶大な支持を得る。なお、日本全国世界各国のサウナ・温浴施設を愛し、週8で通いつめるプロフェッショナル・サウニスト集団としても活動している。

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP