進化したオーディオインターフェイス12選

【スタインバーグUR-RT4レビュー】“ニーヴ”の太く暖かいサウンドが楽しめる注目のモデル

【スタインバーグUR-RT4レビュー】“ニーヴ”の太く暖かいサウンドが楽しめる注目のモデル

2018/07/13


パソコンでレコーディングをするには、DAWソフトとパソコン、そして「オーディオインターフェイス」が絶対に必要です。中でもオーディオインターフェイスは、サウンドを高音質な状態でパソコンに入出力するという重要な役割を担っています。現在発売されている機種は、メーカーごとに独自の進化を遂げており、そのクオリティや機能は製品によって千差万別。本特集でその違いを明らかにしていきます。

スタインバーグUR-RT4(文:篠崎恭一)

/

フロントパネルには、ルパート・ニーヴ・デザインズのトランスを通過できるコンボインを4基と、ヘッドホンアウトを2基装備

CUBASE(DAWソフト)をはじめとする高品質な製品を開発しているスタインバーグ社が、新たなオーディオインターフェイス「UR-RT4」を発表しました。

本機の梱包を解いてパッと目につくのが、青い文字で印字された「Rupert Neve Designs」の文字です。このUR-RT4は、フロントパネルに用意された4つのコンボ端子に、あのルパート・ニーヴ・デザインズのトランスが組み込まれているのです。チャンネルごとにトランスのオン/オフが選べるようになっているのも、非常に便利です。

また、本機には2つの便利な機能が搭載されています。1つは内蔵DSP処理によるエフェクト機能。空間系エフェクトの「REV-X」と、名称そのままの「Sweet Spot Morphing Channel Strip」、アンプシミュレーターの「Guitar Amp Classic」を装備しています。これらのエフェクトはDSPで処理を行なうため、パソコンのCPUに負荷をかけることなく使用することができます。レイテンシーもほぼ発生しないので、録音時のモニタリングも快適です。

もうひとつの大きな特徴が、「ループバック機能」です。これはUR-RT4から出力された音と、リアルタイムで入力している音をミックスして再度パソコンに戻すというもので、主に動画配信などで大活躍してくれる機能です。さらに、本機にはDAWソフトのCubase AIと、iOS用のCubasis LEが付属するので、別途DAWを購入することなく、音楽制作が始められます。これからDTMを始める初心者にはうれしいポイントでしょう。

機能面をひと通り見た後は、いよいよ音質のチェックです。まずは、本機を含むURシリーズすべてに搭載されているヤマハ製のクラスAマイクプリ「D-PRE」を、マイク録音で使ってみました。音のキャラクターとしては、素直でありながら暖かみのある質感で、「音楽的で使いやすい」という印象です。過度な色付けはなく、原音を活かしたままブラッシュアップされるような感じで、ヤマハが培ってきた音作りのノウハウを受け継いでいるのがよくわかります。

次に、本機の最大の売りである、ルパート・ニーヴ・デザインズのトランスを通した音をチェックしてみました。トランスというパーツは、プリアンプ部に適度な負荷をかけることで独特のサチュレーションを生み出すことができます。よく耳にする“アナログらしい暖かみのある音”というのは、このトランスによる部分が大きいのです。そしてルパート・ニーヴ・デザインズは、アナログサウンドの最高峰とも呼ぶべき製品を数多く送り出してきたメーカーです。

早速トランスをオンにすると、音に独特のウォームさが加わったのがハッキリとわかりました。スッキリした現代的なサウンドから少し時代を遡った印象ですが、古くささをまったく感じさせない見事なアナログサウンドです。また。マイク録音でもハッキリと音の違いがわかりますが、さらに効果があったのが、本機に直接入力したハイインピーダンスの楽器でした。今回はエレキギターをインプットに差し込んで録音をしてみましたが、トランスをオンにすることにより、ライン入力独特のペラッとした線の細い音が緩和され、しっかりとした太さが加わりました。こちらも古くさいという印象はなく、非常に使いやすいサウンドに仕上がっています。録音したものを再生したサウンドも素晴らしいクオリティでした。

老舗メーカーのノウハウを結集して、現代的にブラッシュアップされたアナログサウンドが堪能できるUR-RT4。付属品も充実しているので、初心者から上級者まで、幅広いユーザーにオススメできる注目の1台と言えるでしょう。

/

リアパネルには、標準フォーン端子のラインアウト×2とラインイン、メインアウト、そしてMIDIイン/アウトを搭載している

スペック

価格:オープンプライス(¥64,800前後)
​接続方式:USB 2.0
アナログ入出力:6イン/4アウト
デジタル入出力:なし
対応OS:Windows(7以上)/Mac(OS10.11以上)/iOS(9.0以上)
音質:24ビット/192kHz
重量:2.4kg

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

関連する記事

PAGE TOP