自分でキーボードを演奏してボカロを歌わせたい人、注目!

ヤマハのボーカロイドキーボード「VKB-100」を徹底レビュー

ヤマハのボーカロイドキーボード「VKB-100」を徹底レビュー

2019/02/16


自分の演奏に合わせて、自分が作った歌詞をボカロが歌ってくれる夢のキーボード

ヤマハ
VKB-100

オープンプライス(¥35,000前後)
問:㈱ヤマハミュージックジャパン お客様コミュニケーションセンターシンセサイザー・デジタル楽器ご相談窓口
TEL:0570-015-808 (ナビダイヤル、全国どこからでも市内通話料金)
https://jp.yamaha.com/products/music_production/synthesizers/vkb-100/index.html
 

ボカロファンを中心に人気のキーボード「VKB-100」を、今回は楽曲制作での活用方法も含めてチェックしてみました。また、雑誌サウンド・デザイナーの人気連載「たくろくガールズ」の作家であるノッツ先生が、この記事のために特別に描き下ろしイラストを描いてくれました!

試奏・文:平沢栄司
 


 

イラスト:ノッツ
#ボカロキー歌わせてみた コンテストサイトにてスピンオフ漫画掲載中♪

まずスピーカー内蔵で、電源をオンにするとすぐに歌わせられるというのが新鮮です。操作もシンプルで、説明書を見なくても触っているうちに使い方を把握できました。

最初はプリセットの歌詞を選んで弾いてみました。鍵盤楽器でメロディを弾く感覚でうっかり装飾的な音を入れてしまうと、メロディと歌詞がズレてしまうため、譜面通りに淡々と演奏する自制心が必要です。また、速いテンポだと弾き損ねるリスクが高く、歌詞も聴き取りにくくなるので、オリジナルナンバーを歌わせるなら、ゆったりとしたメロディラインの曲と相性が良さそうです。

歌い方はストレートでクセがないため、ホイール(ベンドとエクスプレッション)やスキルボタンで表情を付けるとグッと表現力が増します。その際、スキルボタンの2つめにはビブラートを割り当てるのがオススメです。また、VKB-100の良さを引き出すフレーズや歌詞を考えたり、本機なりの弾き方を練習するのが使いこなしのコツと言えるでしょう。

VKB-100は、歌詞が出来ている曲のメロディを色々と試したい場面でも便利です。歌詞の一節を様々なメロディラインで即興で弾いて歌わせられる点は、ピアノロールで打ち込むパソコン版のボーカロイドにはない大きなメリットです。

曲作り以外だと、仕込んでおいたセリフを、メロディっぽく節を付けて歌わせるのも面白そうです。肉声とVKB-100でハモったり、VKB-100に副旋律を担当させたり、はたまたMCに活用したりなど、メロディをそのまま歌わせるだけでなく、工夫次第でVKB-100ならではの使いどころがあると思いました。

機能面では、歌詞の入力やセットアップをするのに、スマホのアプリを使ってBluetooth接続でやり取りできるのが手軽で好印象です。スマホとの連携も含めて、打ち込みで作り込むパソコン版のボーカロイドとは違い、VKB-100はホビー感覚でボカロが手軽に楽しめるユニークなキーボードだと思います。
 

スライダーで歌手や歌詞の選択、声の調整などの機能を選んで、右隣のノブで値を変更するだけと操作は簡単。一番上の「INSTRUMENTS」にすると、ピアノなど、13種類のPCM音色を持った48音ポリフォニックのキーボードとして使用することもできる

ギターのネックに相当する部分に、演奏に関するコントローラーが並ぶ。ホイールとスキルボタンによる歌唱表現に加えて、歌詞の一部分を繰り返すループボタンや歌詞操作ボタン、歌詞ではなくハミングで歌わせるためのボタンなどが並んでいる
 

歌詞はスマホの専用アプリで入力して、VKB-100にBluetoothで転送する方式を採用している。パソコンでタイプした文章や、メールなどの文章をコピペすることも可能だ。詞先でメロディを作りたい場面にも、このVKB-100は大いに役立ちそうだ
 

 

この製品について

【製品概要】
「VKB-100」は、ボーカロイドの声を鍵盤で演奏できるショルダーキーボードだ。あらかじめ本体に歌詞のデータを読み込ませてから鍵盤を押すと、その音高に合わせて歌詞を1音ずつ順番に発音してくれるという仕組みを持っている。歌声ライブラリーはデフォルトでは1種類(VY1)が使用可能で、オプションでさらに4モデルまでの追加が可能だ。

【スペック】
●鍵盤数:37
●鍵盤タイプ:HQ(High Quality)ミニ鍵盤
●最大同時発音数:モノ(VOCALOID)
●歌詞保存数:20
●エフェクト:リバーブ、ディストーション、コーラス、トレモロ
●電源:電源アダプター、単3アルカリ乾電池、または充電式ニッケル水素電池×6(別売)
●外形寸法:821(W)×121(D)×65(H)mm
●重量:1.5kg
 

記事掲載雑誌情報

 

この記事は、ギタリストのための音楽制作マガジン「月刊サウンド・デザイナー2019年2月号」の特集「今一番買いたい人気DTMアイテム28選」に掲載されています。記事にはVKB-100以外のアイテムも多数紹介されています。

お求めはこちらまで。

 

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP