真空管アンプをキャビを鳴らさずにライン録音できる注目モデル

ユニバーサル・オーディオのロードボックス「OX」を、PENGUIN RESEARCHのギタリスト神田ジョンがレビュー!

ユニバーサル・オーディオのロードボックス「OX」を、PENGUIN RESEARCHのギタリスト神田ジョンがレビュー!

2019/05/15



 

真空管アンプをキャビを鳴らさずにライン録音できる注目モデル

ユニバーサル・オーディオ
OX

オープンプライス(¥148,000前後)
問:㈱フックアップ
TEL:03-6240-1213
https://www.hookup.co.jp
 

真空管アンプを自宅でのライン録りで使えることでプロギタリストから高評価を得ているのが、ユニバーサル・オーディオの「OX」です。マイク録りの音を知り尽くし、あらゆるロードボックスやスピーカーシミュレーターを試したことのあるPENGUIN RESEARCHのギタリスト神田ジョンさんに、OXのサウンドをじっくり検証してもらいました。
 

取材:永桶喜則(編集部) 写真:小貝和夫

※本コンテンツは音楽雑誌「サウンド・デザイナー」(2019年5月号)より抜粋したものです。
詳しくは、サウンド・デザイナー公式サイトをご覧ください。

OXはキャビネットの出音がマイクにぶつかる感じが出せている

OXはマスターボリュームが付いて
いないアンプの爆音も受けきれる


──神田さんは、以前にもOXを試したことがあるそうですね。
神田:はい。先輩のクリエイターである鈴木“Daichi”秀行さんのスタジオに、友達のギタリストと行って、試してみたら衝撃を受けました。今、自宅ではプラグインでギターの音作りを完結しているんですけど、今日試奏してみて、改めてOXがめちゃくちゃ欲しくなりました(笑)!

──他のロードボックスと比べて、OXならではの特徴はありますか?
神田:今回、僕が持ってきたマーシャル1959みたいに、マスターボリュームが付いていない爆音アンプを他のスピーカーシミュレーターにつないでドライブさせていくと、ローが受け切れないのか、飽和してヘンな低域が出てくるんです。でも、先ほど試してみたら、OXは1959の爆音もすべて受け切れるんです。これには本当に驚きました。本チャンのスタジオでも、1959とかを気持ちいい音で鳴らそうとすると、マイクが爆音に耐えきれないので、エンジニアさんに「音を下げてくれ」って言われるんですよ(笑)。でも、OXを使えば、アンプヘッドのフルポテンシャルをしっかり受けつつも、音量だけを調整できる点がいいですね。

──神田さんは、キャビネットをブースに入れてマイクで録った音をご存じですよね。それと比べて、OXを通した音の印象はどうでしたか?
神田:マイク録り特有の立体感というか、アタック感が本当にリアルに再現されていますね。キャビネットでクリーンかクランチを鳴らしてマイクで録ると、出音がマイクに“ボン!”ってぶつかる感じが入るんです。僕がOXで一番すごいと思ったのは、その感じが出せているところなんです。僕は、これまでに出ているスピーカーシミュレーターを、ハードとソフトを問わず、ほとんど全部試したんですけど、どれも音がマイクにぶつかる感じが出せていなかったんです。でも、OXはそのニュアンスが出せているし、弦を弾いた時のレスポンスもすごく速いので、演奏していてとにかく気持ちいい。あと、マイクのシミュレートのクオリティは、他製品をぶっちぎっていると思います。スピーカーの質感も、“ほぼ本物”と言ってもいいんじゃないでしょうか。

──音色的には、特にクリーンやクランチで、アンプのポテンシャルをうまく引き出してくれるのですね?
神田:クリーンとクランチの音が、自分が思ったようなレスポンスで返ってくる製品って、正直なかったんです。その点OXは、ブースでアンプを鳴らした時の感じにかなり近いですし、レイテンシーもほぼ感じないですね。これはギタリスト的には、かなりありがたいポイントです。

──ご自分の曲でOXを使ってレコーディングされていましたけど、いかがでしたか?
神田:他の製品と比べて、オケに入れた時の質感が全然違いますね。他のトラックに負けないですし、接続したアンプヘッドの特性が、ロスなくしっかり録れているという印象です。

──ピッキングの強弱や、ギターのボリュームに対する追従性はいかがでした?
神田:本物のキャビネットを鳴らしている時とまったく同じです。僕、実はファズが好きなんですけど、ファズってギター側のボリューム調整が大事で、例えばアビーターFuzz Faceは、ボリュームを絞った時に独自の質感が生まれるんです。でも、自宅だとその質感が欲しくても、本物のアンプが使えないので、録るのは無理なんです。Fuzz Faceから直接オーディオインターフェイスにつなぐわけにもいかないですし。でも、OXを通せば、ちゃんとその音が家でも録れますね。

プロのスタジオでエンジニアさんが
やっていることが自宅でできる


──専用のアプリ「OX App」のデザインと操作性はいかがですか?
神田:DAWソフトを普段から触っている人であれば、何の問題もなく、すぐに使えると思います。操作も非常に直感的でわかりやすいですし、パラメーターが階層に隠れることもないですし。必要なキャビネットとマイクが網羅されていて、マイクの音量バランスが細かく調整できる以外に、コンプやリバーブといったエフェクターが使えるのもいいですよね。しかもオマケっぽいものではなくて、ユニバーサル・オーディオらしいクオリティの高さで、まったく手を抜いていないんですよ。このアプリで音作りをした状態でかけ録りすれば、プロのスタジオでエンジニアさんがやっているのとまったく同じことが自宅でできるわけです。

──特に気に入ったキャビネットは?
神田:「4×12 greenback 25 punch」ですね。もともとグリーンバックが入っているキャビネットが大好きで実機を使っているんですけど、OXはまったく同じ音が出せました。ヘンなハイが出ずに中域に音が寄っていて、ギターのおいしい帯域がポンと前に飛ぶような感じも出せていますし、お世辞じゃなく、クローンかなと感じるくらい似ていましたね。OXを使えば、自宅でも本物の真空管アンプサウンドがラインで録れるので、楽しくて家に引きこもっちゃいそうです(笑)。

 

専用アプリの「OX App」を使えば、キャビネットやマイキングを詳細にエディットすることができ、本体の6つのRIGセッティングにメモリーすることができる

専用アプリの「OX App」

アンプは神田所有のマーシャル1959(下)と、マーシャルのSV20H(中段)という新製品の2台を使用。オーディオインターフェイスはスタインバーグUR-RT2で、プリソーナスStudio One(DAWソフト)に録音して音質を確認した。ギターは、神田がこの取材の3日前に買ったばかりの64年製のフェンダー・ジャズマスターだ

この製品について

【製品概要】
「OX」は、名門ブランドのユニバーサル・オーディオが開発したリアクティブ・ロードボックスだ。優れたマイク/ルーム/スピーカーエミュレーションを備えており、いかなる音量レベルにおいてもチューブアンプの特性をフルに活かした演奏と録音ができる。また、RIGコントロールという独自のツマミを備えており、これだけでプロエンジニアが行なう複雑なマイキングなどのセッティングや変更が手軽にできる。

【スペック】
●入出力端子: インプット、スピーカーアウト、ラインアウト×2、ヘッドホン、デジタルアウト(S/P DIF) ●電源:専用ACアダプター ●外形寸法:381.25(W)×204.5(D)×112.94(H)mm ●重量:6.4kg ●専用ソフト:OX App(無料ダウンロード)
 

試奏者プロフィール

 

神田ジョン (カンダ ジョン) 
赤髪がトレードマークの猫好きギタリスト。現在に至るまで様々なバンドやサポート活動に取り組んでいる生粋のバンドマン。その経験を活かしたスタジオワークは、各方面から大きな信頼を得ている。PENGUIN RESEARCHの堀江晶太(b)が作・編曲する楽曲の多くにギターで参加している経緯もあり、同バンドのギタリストとなる。5月22日に、TVアニメ「ゾイドワイルド」OPテーマであるシングル「決闘」を発表する。
 

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP