ダンスミュージックの核となるリズムの作り方をレクチャー

“踊れる”リズム作成術(第17回:トランスのリズムパターン)

“踊れる”リズム作成術(第17回:トランスのリズムパターン)

2016/03/09


ダンスミュージックやその手法を取り入れたヒット曲のリズムパターンの作り方/方法論を解説する「“踊れる”リズム作成術」。今回からは、ダンスミュージックのジャンルを1つずつ取り上げ、ビートメイクに役立つリズムパターンと音色の選び方を紹介します。

文:内藤 朗
 

EDMの基礎となる「トランス」のリズムパターン


/

 

トランスを知ることは、EDMのリズムを理解するための近道です。リズムの特徴は、キックの4つ打ちと8分の裏に入るオープンハイハットで、ベロシティ(強弱)は一定でもそれなりに形になりますが、音色選びが最も重要なポイントになります。ローランドTR-909系のアナログ・リズムマシンの音色が必須であると覚えておきましょう。

■参考曲
Paul Van Dyk「For An Angel」(アルバム『45Rpm』収録)

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP