ダンスミュージックの核となるリズムの作り方をレクチャー

“踊れる”リズム作成術(第23回:ヒップホップのリズムパターン)

“踊れる”リズム作成術(第23回:ヒップホップのリズムパターン)

2016/03/25


ダンスミュージックやその手法を取り入れたヒット曲のリズムパターンの作り方/方法論を解説する「“踊れる”リズム作成術」。今回は、「ヒップホップ」を例にビートメイクに役立つリズムパターンと音色の選び方を紹介します。

文:内藤 朗

ルーズで重いグルーヴの「ヒップホップ」のパターン

/

 

ヒップホップというジャンルの傾向として、ゆったりとしたテンポの曲が多く、シンプルなドラムのパターンが多く見受けられます。パターンを打ち込む際、ハイハットはあえて強弱やアクセントを付けないようにして、音色的にはローファイなサウンドの打楽器を中心に使用すると、ヒップホップらしさを演出することができます。

■参考音源
Kanye West「Go Getters」

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP