ダンスミュージックの核となるリズムの作り方をレクチャー

“踊れる”リズム作成術(第20回:テクノのリズムパターン)

“踊れる”リズム作成術(第20回:テクノのリズムパターン)

2016/03/15


ダンスミュージックやその手法を取り入れたヒット曲のリズムパターンの作り方/方法論を解説する「“踊れる”リズム作成術」。今回は、「テクノ」を例にビートメイクに役立つリズムパターンと音色の選び方を紹介します。

文:内藤 朗
 

淡々と繰り返すハードな「テクノ」のリズムパターン

/

 

テクノのリズムは4つ打ちのキックが中心となりますが、ハイハットのパターンが16ビートや8ビート的なものなど様々なパターンがあります。左の例では、ハイハットをクローズとオープンに分けて指定していますが、TR-808系の音色を選び、微妙にキャラの違う2種類のクローズドハイハットで演奏すると、より本格的な感じが出せます。

■参考音源
Kraftwerk「ヨーロッパ特急」

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP