ダンスミュージックの核となるリズムの作り方をレクチャー

“踊れる”リズム作成術(第18回:プログレッシブハウスのリズムパターン)

“踊れる”リズム作成術(第18回:プログレッシブハウスのリズムパターン)

2016/03/11


ダンスミュージックやその手法を取り入れたヒット曲のリズムパターンの作り方/方法論を解説する「“踊れる”リズム作成術」。今回は、ダンスミュージックのジャンルを1つずつ取り上げ、ビートメイクに役立つリズムパターンと音色の選び方を紹介します。

文:内藤 朗

 

様々な要素を持つ「プログレッシブハウス」のパターン

/

 

キックの4つ打ちと8分の裏に入るオープンハイハットはトランスと同じですが、プログレッシブハウスでは細かなクローズドハイハットの刻みが入ります。音色選びも重要で、ハイハットなどの金ものは生ドラム系の音色を使い、キックやスネアはドラムマシン系の音色を選ぶなど、異なるキャラを組み合わせてキットを作るといいでしょう。

■参考曲
ZEDD「The Legend Of Zelda」

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP