ダンスミュージックの核となるリズムの作り方をレクチャー

“踊れる”リズム作成術(第21回:ユーロビートのリズムパターン)

“踊れる”リズム作成術(第21回:ユーロビートのリズムパターン)

2016/03/19


ダンスミュージックやその手法を取り入れたヒット曲のリズムパターンの作り方/方法論を解説する「“踊れる”リズム作成術」。今回は、「ユーロビート」を例にビートメイクに役立つリズムパターンと音色の選び方を紹介します。

文:内藤 朗

 

ハデで色彩感のある「ユーロビート」のパターン

/

ユーロビートの場合、使用するドラム音色は80年代風のゲートリバーブがかかったハデめのものを選びましょう。また、クローズドハイハットを2種類使って、異なる符割のリズムを左右に振り分けて鳴らすのもポイントです。クローズド2の方を、シェイカーやマラカスのようなハイハットと似た音色のパーカッションにするのも定番です。

■参考音源
Michael Fortunati「Give Me Up」

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ

関連する記事

インタビュー

インタビューの記事一覧はコチラ
PAGE TOP